« 払拭されない不安、不満の記憶 | トップページ | 現実に見る穢れなき少女像 »

2020/06/07

コロナ禍に見つける愉しみ

新米姉妹のふたりごはん

新型コロナの影響を受けて、バラエティ番組のロケやドラマ撮影など出来ない模様で、やたらと総集編やら再放送がテレビで流されている。
こうなると、ますますテレビ離れが進むようだが、これによる新しい発見が伴うことも稀にあるらしい。

およそ三年前の放送だったのだろうか。NHKの時代劇「アシガール」というドラマを観て、やけに面白いと思ってしまった。
元々、時代劇の類いには全く興味がなかったが…これは、現代の女子高生が戦国時代にタイムスリップするという奇天烈なもので、普通の時代劇とは一線を画する種類であった。初見では、ありふれた真面目な時代劇かと思ったが、活発で一途な主人公のキャラクターが織り成す、戦国の世にそぐわない恋模様に思いがけず引き込まれた形だ。
ヒロインを演じる黒島結菜という若手女優は名前くらいは知っていたが、これほどキャラの立つ演技をするとは思わなかった。当時、20歳くらいだとは思うが、下手すれば中学生に見えるほどの卓越した少女感があり、かなり瑞々しく新鮮に映った。
以前に、「JIN-仁-」という似たような時代劇にも意外なまでの面白さを感じたので、こうした類いの突き抜けた設定のドラマは通常と異なり、僕のような想定範囲外の視聴者を呼び込む力があるのかも知れない。

深夜枠で放送しているドラマ、その中にも目立たないながら密やかな面白みを含んでいるものは少なからずあるようだ。
個人的に、清原果耶と並んで推しているアミューズの若手実力派女優山田杏奈がいる。ちゃおガールの頃から、その美少女ぶりには注目してきたが、ここまで女優の資質に溢れ頭角を現すとは思ってもみなかった。
彼女が出演した「新米姉妹のふたりごはん」も再放送していたが、見逃した回も含めて楽しんで観ることが出来た。共演の大友花恋との美少女コラボはもとより、普段は気難しい役が多い山田杏奈の無邪気で屈託のない雰囲気が、とりわけ印象に残った。
とにもかくにも、美少女二人が料理して食べるだけの内容なのだが、なぜこんなにも癒されるのだろうか。同じような深夜の時間帯に、キャンプするドラマみたいのもやっていてつい見てしまうのは、僕自身、心底癒しを求めている表れなのかも知れない。

女優繋がりで子役の話題もしたいが、最近は目ぼしい子はいない。CM子役という点でいうなら、エネオスのCMに遠目に出ていた女の子が、ずっと気になって仕方なかった。
どうやらこの子は、スペースクラフト飯尾夢奏(ゆめな)というらしい。「ディズニーデラックス」のCMにも出ていて、こちらは顔もはっきり分かり、目鼻立ちの整った相当な美少女であるのが窺い知れる。
驚いたことに、美少女特撮モノ「マジマジョ」や「ファントミ」にも出演していたようだ。ほぼ毎週欠かさず観ているが、三好佑季原田都愛を注視しているせいで、うっかり見落としていたのかも知れず。
案外とドラマ出演も経験あるようだし、これからもますます精力的に活動していって欲しい。数年後の成長と美少女性の進化に期待大である。
ディズニーデラックスCM

コロナ禍の影響がどこまで続くのか見通せない中、個々人が自分なりのスタンスで、ささやかな愉しみを見い出していくのは大切なことかも知れない。
そうして日々を過ごしている間に、やがて時間が解決してくれるだろう。明けない夜はないとばかりに。

ライブや握手会を催せないアイドル、ドラマ・映画と出演機会を奪われる若手女優と、全てが地に沈んだかの悪夢のような情勢が続いていく。
今のこんな状況だからこそ、埋もれてしまいかねない原石たる美少女を発掘し、如何に心に留め置こうかと秘かに思案しているところである。

|

« 払拭されない不安、不満の記憶 | トップページ | 現実に見る穢れなき少女像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 払拭されない不安、不満の記憶 | トップページ | 現実に見る穢れなき少女像 »