« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020/06/26

現実に見る穢れなき少女像

為永幸音

深夜枠のハロプロの番組「ハロドリ。」を、ここ最近チェックしている。どうやら研修生にスポットを当てているらしく、このコロナ禍にあってはライブのスタジオ収録等も出来ず、より個々を掘り下げた内容となっているようだ。
以前の意味不明な、社会問題をテーマに掲げた糞つまらない内容に比べれば、こちらの方が遥かに優れているし正しい構成だと思う。

ハロプロ研修生に関しては、今に限らず非常に疎いのが常だ。粒選りなのは明らかなのだろうが、あくまでデビューを勝ち取った新規メンバーに着目するというスタンスは、我ながら何ら変わり映えないと考える。
しかし、これだけ研修生というものを吟味する機会を与えられると、気になる子を心に留め置きたくなる。コロナ禍によるライブやイベントの自粛、映像素材の不足といった特殊な状況からくる、アイドル要素の枯渇という面も無論あるのかも知れない。
今回は少しだけ、半分素人のような研修生を取り上げることで、この物足りない心持ちをフレッシュさで埋め合わせしようではないか。

昨年のライブ映像など一部流しているが、意外なほどに興味深い楽曲が多かったことに驚く。
最も気に入ったのが、「悪いヒト」という曲。キャッチーなリズム感が軽快で、往年のつんく曲っぽい雰囲気があり、とても面白い。ハロプロ研修生ならではの、肌の露出が多い割りに可愛らしい衣装で歌い踊るには、まさに最適のナンバーである。
表参道A5」という曲は本物のつんく曲なのだが、リズムが不規則で難しい印象がある。サビの疾走感はつんくっぽいが、研修生としては、なかなかやり応えのある曲なのではなかろうか。

さて、肝心の注目メンバーはというと…最も印象深かったのは、センター扱いの多かった為永幸音(しおん)だろうか。
先ず何より、顔立ちが非常によく整っている。ハロプロ、いやアイドルというより、売れ筋の若手女優といった美貌の持ち主である。よくぞアイドルの道を選んでくれた、という心境にさせるほど。
スポーツが得意なようで身体能力が優れているせいか、ダイナミックなダンスのキレに目がいく。ほぼデビューが約束されているかの逸材感に満ちているわけだが、寺社の開運グッズ集めが趣味とか、渋くてキャラ的にも興味をそそるものがある。

一見して地味、しかしながら素材感に溢れるのが橋田歩果。華奢な少女感に、清楚で可憐な雰囲気がストライクゾーン。研修生のライブ映像では、真っ先にこの子に視線が吸い寄せられる。
天然のキャラクターは、アイドルとして二重丸。しかしなぜかこの子も、御朱印集めが趣味だとか、昨今の若い子は妙に年寄り染みたものに引かれるのだろうか!? 欲をいえば、鼻の下のホクロは除去した方が良い。

この他では、まだ幼い印象が色濃いものの、小野田華凜村越彩菜を挙げておきたい。
小野田華凜は前に一度取り上げたが、やはり地味ながら将来性に期待がかかる。未成熟故に、頭が大きくアンバランスな見た目だが、成長と共に整ってくると確信している。真面目な性格が好感を持てるし、微笑ましい可愛さが特徴的でつい心惹かれてしまう。
村越彩菜は映像では可愛く思えたが、残念なことに写真写りは悪いらしい。ただ瑞々しい若さを感じるだけに、今後の大化けに期待したい。
一部、ズッキ鈴木香音)に似てるとの声もあるが、ああいった成長(横への)は断じてしてもらいたくないものだ。
橋田歩果

若い世代の新鮮なエネルギーに触れると、こんなにも胸がときめく感覚を覚えるのは、なぜなのだろう。
たとえ拙くても一生懸命に励むひた向きさ、真っ直ぐに夢を見つめる眼差し、そして儚くも尊い透き通るような少女らの魂。

僕がただ追い求めたのは、穢れのないイメージと現実に存在する少女との一致点を少しでも多く探り出すこと。そうして蓄積され完成された少女像を礎に、アイドルへの造詣、果てはいわば憧憬を深めることにあると顧みるのだった。

| | コメント (0)

2020/06/07

コロナ禍に見つける愉しみ

新米姉妹のふたりごはん

新型コロナの影響を受けて、バラエティ番組のロケやドラマ撮影など出来ない模様で、やたらと総集編やら再放送がテレビで流されている。
こうなると、ますますテレビ離れが進むようだが、これによる新しい発見が伴うことも稀にあるらしい。

およそ三年前の放送だったのだろうか。NHKの時代劇「アシガール」というドラマを観て、やけに面白いと思ってしまった。
元々、時代劇の類いには全く興味がなかったが…これは、現代の女子高生が戦国時代にタイムスリップするという奇天烈なもので、普通の時代劇とは一線を画する種類であった。初見では、ありふれた真面目な時代劇かと思ったが、活発で一途な主人公のキャラクターが織り成す、戦国の世にそぐわない恋模様に思いがけず引き込まれた形だ。
ヒロインを演じる黒島結菜という若手女優は名前くらいは知っていたが、これほどキャラの立つ演技をするとは思わなかった。当時、20歳くらいだとは思うが、下手すれば中学生に見えるほどの卓越した少女感があり、かなり瑞々しく新鮮に映った。
以前に、「JIN-仁-」という似たような時代劇にも意外なまでの面白さを感じたので、こうした類いの突き抜けた設定のドラマは通常と異なり、僕のような想定範囲外の視聴者を呼び込む力があるのかも知れない。

深夜枠で放送しているドラマ、その中にも目立たないながら密やかな面白みを含んでいるものは少なからずあるようだ。
個人的に、清原果耶と並んで推しているアミューズの若手実力派女優山田杏奈がいる。ちゃおガールの頃から、その美少女ぶりには注目してきたが、ここまで女優の資質に溢れ頭角を現すとは思ってもみなかった。
彼女が出演した「新米姉妹のふたりごはん」も再放送していたが、見逃した回も含めて楽しんで観ることが出来た。共演の大友花恋との美少女コラボはもとより、普段は気難しい役が多い山田杏奈の無邪気で屈託のない雰囲気が、とりわけ印象に残った。
とにもかくにも、美少女二人が料理して食べるだけの内容なのだが、なぜこんなにも癒されるのだろうか。同じような深夜の時間帯に、キャンプするドラマみたいのもやっていてつい見てしまうのは、僕自身、心底癒しを求めている表れなのかも知れない。

女優繋がりで子役の話題もしたいが、最近は目ぼしい子はいない。CM子役という点でいうなら、エネオスのCMに遠目に出ていた女の子が、ずっと気になって仕方なかった。
どうやらこの子は、スペースクラフト飯尾夢奏(ゆめな)というらしい。「ディズニーデラックス」のCMにも出ていて、こちらは顔もはっきり分かり、目鼻立ちの整った相当な美少女であるのが窺い知れる。
驚いたことに、美少女特撮モノ「マジマジョ」や「ファントミ」にも出演していたようだ。ほぼ毎週欠かさず観ているが、三好佑季原田都愛を注視しているせいで、うっかり見落としていたのかも知れず。
案外とドラマ出演も経験あるようだし、これからもますます精力的に活動していって欲しい。数年後の成長と美少女性の進化に期待大である。
ディズニーデラックスCM

コロナ禍の影響がどこまで続くのか見通せない中、個々人が自分なりのスタンスで、ささやかな愉しみを見い出していくのは大切なことかも知れない。
そうして日々を過ごしている間に、やがて時間が解決してくれるだろう。明けない夜はないとばかりに。

ライブや握手会を催せないアイドル、ドラマ・映画と出演機会を奪われる若手女優と、全てが地に沈んだかの悪夢のような情勢が続いていく。
今のこんな状況だからこそ、埋もれてしまいかねない原石たる美少女を発掘し、如何に心に留め置こうかと秘かに思案しているところである。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »