« 駆け抜ける伝説 | トップページ | コロナ禍に見つける愉しみ »

2020/05/28

払拭されない不安、不満の記憶

菊地最愛

僕の中でBABYMETALの存在意義は、YUIMETAL水野由結)の脱退と共に消滅している。これについては、幾度も繰り返してきた通りだ。
ただ否定出来ない事実として、さくら学院時代からベビメタ全盛期にかけてのゆいもあ、つまり水野由結の他に菊地最愛にも惹かれた経緯が確かにあったということ。

BABYMETALの歴史を振り返るにあたり、彼女の存在は欠かせない。常に明るく振舞い、ムードメーカーでありながら、非常に愛嬌が良く、並みいるメタルヘッズの外国人に対しても、臆することなくコミュニケーションを図ることが出来る。巷では、「菊地プロ」と揶揄されるほど。
ビジュアル的にいっても、申し分のない愛らしい美少女ぶりを長年キープし続けてきた。途中、いくらか肥り気味になったこともあるが、総じてストイックに身体を絞り、美貌に陰りが見られることなく今日に至っている。
この点に関しては、水野由結の異常な激痩せや、晩年に見られた病的な顔のむくみなど、劣化の兆しが多々見受けられたのと極めて対照的に映った印象が際立つ。

その菊地最愛に、何やら不穏な情報が飛び交っているようだ。大学のゼミ内で公表された自己紹介文の中に、自ら「突発性難聴」を患っているとカミングアウトした記述が含まれていたとされている。もし事実なら、BABYMETALの存続は危ぶまれるだろう。
ネット上で騒ぎとなり、すぐさま全文削除されたと聞いている。この慌てふためく対応は、これらが本人によるものだと証明しているようなものではないか。なぜ、そこまで必死になって隠さねばならないのか?
水野由結の時もそうだが、メンバーの体調不良をひた隠しにし、アメリカツアーを告知なしで強行したり、株主総会での質問にも誠意ある回答は得られなかった。プライベートは一切出さないとはいっても、ファンの心配は置き去りでいいのか甚だ疑問である。
今は昔と違い、メジャーアイドルなどでも、精神的な病でさえ病名をはっきりと公表する時代だ。それによって偏見を持つ人など居ないし、ファンも納得した上で復帰を待つことが出来る。相も変わらず、下らない前時代的な秘密主義を継続しているのだなと、少々呆れてしまった。

菊地最愛の件については信憑性は高いものの、事実確認がされていないし、これ以上深掘りするつもりもない。ただ過去に惹かれた経緯があり、今でも彼女の美貌に魅了される瞬間もあるので、ここで少しだけ触れておいた次第だ。
BABYMETAL関連での唯一の心残りは、姿を消したままの水野由結についてだけである。すでに二年半を過ぎているが、未だにどこかすっきりしない、釈然としない感覚が残っている。
在籍はしているものの、なぜか触れてはいけないタブーのような雰囲気。そういったものが、さくら学院関係者、現役、OG共に見られていたように感じ得る。極めて異様だし、不快でしかない扱いに思えてしまう。
ただ昨今、直近のさくら学院での推し、吉田爽葉香が尊敬する先輩の一人に水野由結の名を挙げていたようだ。まるで緘口令でも敷かれているかの不自然さが、幾分は和らいだ感じはしたが…いずれにしても、早く元気な姿を見せて欲しいと強く願っている。

余談だが、仲さんで知られる四人による@onefiveが、メジャーデビューするらしい。この世代だけユニット編成しデビューさせる等々、不可解な点は多々あるが、モデル以外のそよを引き続き見られるのは正直有り難い。
気になるのは、コンセプトが見えないこと。アイドルプロデュースで重要なのは、どういった色を出し、いかにその路線を堅持し定着させられるかにかかっている。そこが見えてこないと、ファンはスタンスを計りかねるし、固定ファンも得られない。
武藤彩未のソロプロデュース破綻によって、いかにアミューズがアイドルを理解していないかが明白になった前科がある。あまり期待はしていないが、少なくとも方向性を見定めて、それを守り通すという基本を押さえるくらいは原則として頂きたい。
@onefive 

BABYMETALについて、もう二度と取り上げないと思いつつも、こうして張り巡らしたアンテナに引っかかる。そして、不安や不満を言い表さずにはいられない。これはもとより、水野由結にまつわる不誠実な対応と情報隠蔽体質にまみれたアミューズ、または運営側によるものに他ならない。

もし菊地最愛が難聴のまま、過酷な昨年秋のワールドツアーを敢行したなら、到底許されることではない。メンバーの体調すら蔑ろにするくらいなら、ベビメタの看板など即刻下ろしてしまえ。これこそ、メイトの総意であろうことは想像に難くないのだ。

|

« 駆け抜ける伝説 | トップページ | コロナ禍に見つける愉しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駆け抜ける伝説 | トップページ | コロナ禍に見つける愉しみ »