« 苦しくも愉快な末路 | トップページ | 在宅ならではの愉しみ »

2020/03/20

一瞬にある少女美の真実

凛美

少女期の輝きは一瞬で儚い美であればこそ、他にない稀少な価値があり最も尊ぶべきものである。
こうした考えに何ら異存はないが、不安定な少女期の成長に比例したバランス崩壊を「劣化」と呼称することに、些かの反省を感じないわけではない。それは、ごく平凡な少女の成長に過ぎないのであって、本来は否定するべきものでないからだ。
少女の美を愛でる余り、非常に強い調子で劣化した事実を嘆いてしまう傾向があるのは否めない。仕方ないことなのだが、その際に去来する深い喪失感は、精神衛生上あまり宜しくないのも確か。
今回は少し視点を変えて、成長することによって美しく生まれ変わったかの稀なタイプの少女を取り上げてみようと思う。

以前のCM出演で、マツコ・デラックスと共演したのが話題となった丁田凛美。子役時代は、小学生アイドル擁するアンダーグラウンドな印象色濃いボナプロに所属していたが、研音に移籍したようだ。
例のCMでは、マツコと同じ髪型、衣装でコマツコとして演じていただけに、本来の可愛さは台無しにされていた感が強くある。それに、丸顔にショートカットが似合わず、ボーイッシュな面が突出していたのも尚更に頂けなかったと顧みる。
ただ、成長したここ最近の容姿は一変し、細身のロングストレート美少女に変貌していた。昨年末からニコモとしても活動しているが、スラリとしたスタイルはもちろん、端正で特に瞳に力がある印象が鮮烈で人気を博するのは間違いないだろう。
どちらかというとモデル志向かも知れないが、それ以外のマルチな活動で様々な一面を見てみたい期待の美少女の一人である。

本ブログでも幾度か取り上げているが、「キッチン戦隊クックルン」発祥の牧野羽咲に再び注目している。
この子も、子役初期の頃は垢抜けない雰囲気で注目度は低かったが、成長と共に洗練された美少女ぶりを発揮した珍しいタイプで、無視出来ない存在感を出してきたと思う。
このほど人気のある刑事ドラマに出演し話題となっているが、やはり個人的には、その美少女ぶりに熱く注目せざるを得ない形になっている。天性の小動物的愛らしさと無垢なあどけなさ、手足の長い華奢な細身がまさに成長期特有で、少女美のバランスが秀逸である。
今人気沸騰中の美少女特撮番組「ファントミラージュ」にも出演と、世間的な注目度もますます高まっている印象を受ける。演技のレベルはよく知らないが、素のキャラクターにも興味をそそるものがあり、女優以外のネット配信などにも活動の幅を広げて欲しいと願っている。
牧野羽咲

ある特定の少女期にのみ見られる、精密なバランスを得た美しさの極致。生涯を賭けて、この尊いものを追い求める姿勢はこれからも決して変わることはないだろう。

成長してなお美しく在ることは、さほど非現実ではない。しかしながら、本来求めるべき根本的なイメージとして描かれる美少女像とは、ほんの一瞬に過ぎない時間軸にしか存在し得ない。これが、否定しようのない決定的な真実なのだ。

|

« 苦しくも愉快な末路 | トップページ | 在宅ならではの愉しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 苦しくも愉快な末路 | トップページ | 在宅ならではの愉しみ »