« 2019年10月 | トップページ

2019/11/24

アミューズ次世代の星々

大島美優

更新意欲が極端に衰えてしまった。というのも、どれだけ幅広い視野で探索してみても、気持ちを波立たせる少女が見当たらないからだ。
グループアイドル、ジュニアモデル、子役と、それぞれ及第点な子なら居る。しかし、かつてのような高揚感を沸き立たせるような少女は、一向に現れてこないのが実情である。
現状でいえば、アイドルならさくら学院、モデルなら林芽亜里、子役なら大里菜桜といったところか。とりわけ、注視すべきさくら学院に関しては…有料コンテンツに課金する気にもなれずメンバーの魅力は見えてこない、中三ユニットがスタイリッシュ過ぎて従来の没落したグループを彷彿とさせる、来年度以降の推しメン候補が未定で空洞化の危機感、とマイナス要素過多で父兄卒業してしまいそうな雲行きでもある。
アミューズが、アイドルを手掛けるのが下手糞なのは、よく分かっている。ならば、せめて可愛い子を抜擢しろと、不貞腐れ気味に考えてしまう。ただ、その点についてだけは微かな希望が見えている一面があるようなのだ。

ドラマ「相棒」に出演して以来、瞬く間に話題の人となった大島美優。昨年度のちゃおガールオーデ準グラとは気付かなかったが、その頃とは髪型の雰囲気も違うし、急速に洗練された成長ぶりを見せている気がする。
演技はまだよく吟味していないが、これだけ話題になるのだから素質があるに違いない。現在四年生なので来年度さくら転入は微妙だが、この分だとやはり女優路線に乗るのだろうか。アイドルとしての成長も見届けてみたい、良質な次世代候補生である。

二年ほど前のアミューズのオーデ当初から気になっていたのが、白水ひよりという子。かなり小柄で幼い印象が際立つが、非常に顔立ちの整っている色白の美少女という風情が、痛く琴線に触れた感覚があった。
タイプとしては、猫顔に近い感じだろうか。良い意味で、僕の「苦手」なタイプである。藤平華乃が歌う「グミチョコパンプキン」MVに出演しているが、良い感じに成長している様子で、大いに期待が高まるというもの。さくらに絶対に欲しい逸材といえるだろう。
白水ひより

アミューズという、アイドルに免疫がなく実績もない、名ばかりの大手事務所。さくら学院を育成機関のような位置付けで本腰を入れないやり方は、いわせてもらえれば、単にアイドルで売る自信のなさからくる言い訳に他ならないと断言しても構わないほど。

非常に高いスカウト能力を有し、またオーディションで良質な人材を採用する術も備えている。こうした機会を経て、獲得した次世代の星々を無駄にしないためにも、アミューズには力を尽くして欲しいと願う。
原理原則に基いたアイドルプロデュース、時代を隔てても決して変わらない要素を大切に、少なからずの軌道修正に期待をかけていきたいところだ。

| | コメント (2)

« 2019年10月 | トップページ