« 孤高の美少女、胸に秘めた悲哀 | トップページ | あるべき美少女の相乗効果 »

2019/08/07

清純派の真価

林芽亜里

少女の少女たる所以とは他でもない、未成熟であるが故の純粋さと、あどけない面影が想起させる特有の美しさにある。
それは、極力余計な手を加えることなく、ありのままの姿形で見せることによってのみ、最も輝きを発するものと固く信じている。
必要な要素は、あくまでも清楚な雰囲気だけで良い。清純さで引き立たせる、少女ならではの美しさ。これこそが、少女本来の美の本質であり、他の何物であっても決して代わりになるものは存在し得ないのである。異論は認めない。

こういった信念に基いて少女を吟味する時に、おおよそ期待外れ、的外れ、そうして大きな落胆に見舞われることが、今の時代には特に多いように感じてしまう。
とりわけ、ティーン誌のモデルの類いには辟易しているところ。モデルとしては当然なのだろうが、時代に即した最新鋭のファッションやら何やら、日常とはおよそかけ離れたような気取った装いに終始し、折角の少女らしい可愛さが台無しにされていることが非常に多くて参ってしまう。

ローティーンモデルの中で、とりわけ気に入っているのが林芽亜里ニコ☆プチでは、エース格の扱いでカリスマともてはやされていたが、現在は二コラ専属モデルとして活躍中である。
まだ弱冠13歳だが、端正で可憐な容姿と笑顔の柔らかさが魅力的で、かなり理想にほど近い美少女の雰囲気を有している。ただ残念ながら、その清純な美少女ぶりが完全に発揮されているとは言い難い状況が続いている。
いわゆる、お洒落感覚を重視した今風のモノトーンの衣装や、年齢不相応な大人びたファッションによって、清楚な魅力は影を潜めてしまっているようだ。13歳の少女期ならではの良さは、ほとんど感じられないというのが正直な印象か。

そもそも僕は、モデルというのがあまり好きではない。モデルというのは、いわばお人形に過ぎない。雑誌などで見せているのは「服」であって、それを着ている女の子は問題にされない。悪い言い方をすれば、百歩譲っても「出来の良いマネキン」である。
雑誌モデルになって、同年代の女子からもてはやされ、カリスマ扱いされたとしても、本当の意味でその子自身に魅了されているわけではない。あくまで「流行のファッションに身を包んだ綺麗なモデル」という、ひとつのパッケージに惹かれているだけだ。
ほんの僅かな時間で、すぐに忘れ去られるし、流行り廃りによって若い子の気持ちなど簡単に移ろっていく。しかし、どうだろう。アイドルとなれば、話は全く変わってくる。
旬の時期が短いのはあるだろうが、少なくともアイドルファンというのは、その女の子しか見ていない。その子がどんな服を着ようが関係なく、可愛さやキャラクターのみを愛し続けている。その子がどんな一面を秘めているか興味が尽きることがなく、頑張っている姿を知れば、お金を払ってでも全力で応援する。これは、ある意味、個の人間性そのものを最大限に尊重しているといえまいか。

それにモデルというのは、カチッと洒落た装いで決めた写真ばかりで、全く隙が感じられない。要は、可愛げがないのだ。
林芽亜里などは、折角良い笑顔があるのに、SNSの写真ですら、「この服可愛いでしょ?」といわんばかりに澄ました「決めた」ものばかり。僕にいわせれば、服なんかより芽亜里の素の表情だとか日常の姿を見てみたいし、等身大の女の子としての可愛さを堪能したい思いで一杯なのである。
ひとつ例を挙げると、昨年度さくら学院を卒業した新谷ゆづみのエピソードに、こんなものがあった。
レッスンの帰りにお洒落なワンピースを着けていたのはいいが、その裾からチラチラとレッスン着のジャージ?が覗けていたらしい。メンバーが指摘しても、ゆづは気にかけることもなく「大丈夫、大丈夫」と、はにかんでいたとのこと。
ダサいエピソードだし、ポンコツ感満載なのだが、そういう一面が妙に愛しく可愛く思えてしまう。少し抜けている、人間味ある温かさみたいなものを欲しているのだ。

理由の如何に拘らず問われるべきは、清純派としての美少女の真価。生命力に満ち溢れた若々しい美しさを得た少女の時間において、ただ時代の流れに身を任せただけの余計な飾り付けによって、その本質が蔑ろにされることがあってはならない。
少女本来の美しさを際立たせるには、つまらない装飾を極限まで廃し、清純派の衣のみを身に纏って其処に存在するだけでいい。
本当の少女美に触れた時、心の何処かに秘匿されたかの大切な光輝、いわば少女の魂に出逢えた感慨に満たされるのだ。

|

« 孤高の美少女、胸に秘めた悲哀 | トップページ | あるべき美少女の相乗効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孤高の美少女、胸に秘めた悲哀 | トップページ | あるべき美少女の相乗効果 »