« 遠ざかる汚れたアイドルの記憶 | トップページ | さくら学院の新時代と問題点 »

2019/05/03

春に物思う少女の魅力

Yuichan

平凡で素朴な少女に心惹かれることが多い。ごくありふれた日常の中に自然と溶け込む雰囲気を有し、親しみやすさや安心感が独自の魅力として挙げられるだろう。
昨年度にさくら学院を卒業した新谷ゆづみなどは、最近の顕著な例。和歌山の牧歌的な田舎娘であり、カワウソを彷彿とさせる凡庸なルックス。しかしながら謙虚で優しい性格と、人当たりの良い和やかさに魅了され深く引き込まれていった。
まるで家族であるかのような温かさと、身近さを感じさせる魅力があると思う。家族もなく孤独に打ち沈む僕のような人間には、殊更に眩しく映るようで、こうした種類の少女の癒しを本能的に求めてしまうのだと感じている。

少し前に放送された、NHKのドキュメンタリー番組「ベイリーとゆいちゃん」が印象に残っている。
医療現場のセラピー犬と、重病を患う少女の心の交流を描いた心温まる内容。このベイリーというのが老犬で、孫娘を見守る感じがあって、少女との雰囲気がとても良いのだ。
そして、何といってもこの「ゆいちゃん」、本当にどこにでも居そうな普通の女の子。それなのに、なぜか切なくなるほど愛らしく、可愛く見えるのは不思議でならない。小腸が壊死するような重病とは思えない健康美、綺麗な髪の毛や肌の感じだとか、そういった素の少女らしさというのをより鮮明に感じるのかも知れない。癒しのホルモンにオキシトシンというのがあるそうだが、僕はゆいちゃんを見て、それまさに大放出であった。
まあ、「ゆいちゃん」といえば、既に決別したメタルアイドルに在籍していた、あの人が思い浮かぶのだが…。共に、一見して平凡でありながらの卓越した美少女という点で、よく似ている。もしかすると、幼き頃の水野由結を懐古した面もあるのかも知れない。

以前の記事で少し取り上げたが、「キッチン戦隊クックルン」のキャストが地味で幼すぎて、若干期待外れだった件。
(参照:改編期に出会う美少女達
確かに赤い子(川瀬翠子)は幼く、キャストの極端な低年齢化を象徴する感があるが…一方の黄色い子に関しては、第一印象で、とにかく地味で冴えない印象ばかりが目に付いてしまった覚えがある。
ただ、どうだろう。後になって色々調べたり、画像や映像を検証する内に、思ったより悪くないなという再評価に至ったようである。
垂水文音というこの子は、まさに初見では見落としがちな素朴で普通っぽい可愛さを有するタイプ。プロフィール写真などでは、額を出したロングヘアで大人っぽい髪型ながら、優しい柔らかな印象が色濃く出ていて意外にも良かったりする。
映像でも、色白で清楚な雰囲気があり、声も可愛くイメージ通りだった。キャラクターについては実際まだよく分からないが、少なくとも最初よりかは数段上の好印象を得た感覚がある。こういった系列の少女の、ステルス性能は決して侮れないものだ。
ひとつ気になったのは、なぜか年齢を公表していないらしい点。年齢を明かすことによる弊害があるとは考え難く、こうした妙な秘密主義は疑心暗鬼を呼ぶだけで何も良いことはないと思うのだが…。
例えば、子役としての出演オファーにも影響が及ぶのではないか? 実年齢の分からない子を、キャストとして選定しづらい事情が出てくる可能性だってあるだろう。事務所の方針も含めて、改めて頂きたい不可解な疑問である。
Fumine

人間の精神を安らかに保つのに必要不可欠な少女の癒し。殊に、しっくりと肌に馴染むような身近な安心感、温もりを与えてくれる素朴な美少女の存在には、近付き難い完璧な美少女とはまた違った魅力を見い出せた気がしている。

少女の魅力を語る上で美少女であることは不変であるべきだし、大前提であるべきとも思う。ただ、日常にありふれた少女の、ちょっとしたささやかな魅力にも目を向けるだけの価値は十分にある。そんな風に物思う、暖かな春の日和であった。

|

« 遠ざかる汚れたアイドルの記憶 | トップページ | さくら学院の新時代と問題点 »

コメント

こんにちは。
コムギちゃんは正解だと思います。
ちょっと子役感が強そうだけどその演技ぽっい部分も半年くらいすれば慣れてくるかなって思います。
アユちゃんもまだ時期尚早感が有るけど、素材は良さそうで1年くらい経てば化けそうな感じがします。アイドルに関してはいろいろありすぎてもう興味が無くなりました。つばきもいろいろあって・・・。深夜にたまたま見たアニメ「世話焼き狐の仙狐さん」が自分の乾いた心に染み渡りました。久しぶりにアニメにハマったのでオススメです。とはいうもののアニメイトに通っていた中学生の頃みたいに2次元にアツくなる気持ちも無いので・・・最近は仕事も家も何も頑張ろうと思うものがなく、懐かない猫の世話で毎日が過ぎていく虚しい日々です。

投稿: 館の主 | 2019/05/09 19:03

こういった子は本当に見過ごしてしまいがちですが、この素朴な可愛さには心惹かれます。齢をとったせいか、学生時代を回顧するかの郷愁があって、何とも切ない気持ちになりますね。

アニメは、真剣に見たのが「エヴァ」で最後なので、随分ご無沙汰です。ただ深夜に、それとなく見てしまう気持ち分かります。
最近では「ヤマト」や「けいおん!」など、チラ見しました。おすすめのアニメも参考にさせて頂きますね。

投稿: santa | 2019/05/10 14:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遠ざかる汚れたアイドルの記憶 | トップページ | さくら学院の新時代と問題点 »