« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019/05/29

さくら学院の新戦力

Sakuragakuin39

近年においても稀に見る粒選り感で新時代を感じさせた、今年度のさくら学院転入生。非常に気になる存在となっているわけだが…FRESH!マンデーにて、それぞれ個別に出演し、その興味深いキャラクターの一端を垣間見せたようだ。

最初の週に登場したのが、戸高美湖。クールビューティーな印象が際立ち大人っぽさも漂うが、実際には意外な面が隠されていた模様。
フレマンではやや緊張した様子だったが、KYGの一角であった藤平華乃と距離を縮め、気の合う間柄というフレキシブルな人間関係を築いている。ただ残念なことに、学力不足という負の側面も似かよっているようで、父兄のお便りがまともに読めないという想定外の事態も勃発している。
殊に、ごく簡単な漢字が読めないという有り様で、恐らく小学校低学年レベルの漢字力が危ういといった、中学生らしからぬ失態を演じていた。今から学年末テストが思いやられてしまう。
ただ一方で、ダンスや歌の評価は高く、在籍暦のある先輩メンバーのお墨付きも頂いていた。後から知ったのだが、この子は広島のアクターズスクール出身で、あの中元すず香の直系の後輩にあたる。いわば、英才教育を受けている秘蔵っ子というわけだ。
こうした経緯から、BABYMETALを引き継ぐ後継ユニットの一員ではないか?などという噂までたっているが、さすがに無理がある話だろう。そこまでのスキルはないし、俗物的な二番煎じのような方法をアミューズは嫌うに違いない。
いずれにしても、スキル面でさくらを引っ張り、新しい風を吹き込んでくれる期待感を担う逸材であることは間違いないと思う。

そして転入式にて、上品なお嬢様テイストを遺憾なく発揮した佐藤愛桜にも言及しておこう。
初めてのフレマンではあるが、おっとりした優しい空気感のある独特な雰囲気、真摯でありながらの愛嬌溢れる微笑みと、これまでの学院生にはない癒し萌え要素に父兄はメロメロの様子である。
各種SNS、掲示板等でも抜群の好感度を叩き出している。かくいう僕も相当に惹き込まれ、痛烈に魅了された感覚を確かに覚えている。
見た目も基本清楚なのもあるし、声が思ったよりずっと可愛く、実に女の子らしい点など非常にポイント高いものがある。
番組内では、やたら森萌々穂を持ち上げていた感じがあったが、いわば生徒総会をピリつかせるほどの影の権力者に媚びている風に見えなくもなく、ある種、世渡り上手な一面もあるのかも知れない。
フレマンとは別に驚きだったのが、転入して間もないというのに、なんと五枚綴りの日誌を上げているのだ。しかも、びっしりと書き連ねた文字のみの長文である。真面目な性格が窺い知れて好感もてるのは良いが、高齢父兄には老眼でキツイこともままある。しかし、凄い子である。
吉田爽葉香が卒業した後が心配だったが、少なくとも現時点で、次期推しメン候補ナンバーワンに躍り出たという印象。今後も、決して目が離せない存在となりそうである。

初見のインパクトが甚だ強かった、木村咲愛についても語らねばなるまい。
先ず、そもそも他メンと並んだ絵面が異様である。明らかにサイズ感がおかしくて、そよの胸くらいまでしかない。身体が小さいというより、頭も顔のパーツも全てが小さい。さくら学院史上最小サイズというのは伊達じゃない。
緊張してるとは言っていたが、意外に落ち着いている様子だった。話し方もしっかりしているし、父兄のお便りも美湖と違って、問題なく読めていたように思える。全体的に見た目の印象に反し、しっかり者という印象が色濃く残った。
ただ、言いたいことははっきり言う、強めのキャラクターも見え隠れしているようだ。いうなれば、ちょっぴり強気なチワワといったところか。強めキャラは萌々穂でげんなりしているので、個人的には、あまり歓迎出来ない感はあるが…。
ビジュアル面でいえば、やはり歯並びは気になるところ。ただかなり発育途上感があるので、体型はもとより、顔の造形に関しても大きな変化が起きる可能性あり。いずれにせよ、なるべく早い段階で歯列矯正をした方が良いとは思う。
関係ないが、野中ここなの矯正器具は目立たないものにすべきだったのでは!? 愛桜がしているような白いのとか。
かつての大賀咲希も、見た目可愛いのに、あの矯正器具が妙に目についた記憶がある。アイドルは魅せる商売、親御さんも細かな配慮をして欲しいものだ。

多様な隠されたキャラクターを見せ始めた、転入生の面々。才能の片鱗を覗かせるスキルメン、清楚な香り漂わせる良いとこの御令嬢、まるで幼女にしか見えないしっかり者…バラエティに富んだ個性と安定したビジュアルで魅了する今期転入生には、心ときめくものが確かにあるようだ。
過去にNHKホールを埋めた全盛期から数年、さくら学院の勢いは格段に落ちたと認めざるを得ない。それでもなお、こうした良質な新戦力の加入により淡い希望を抱かせてくれる。
僕にとってはやはり、決して欠かせない心の拠り所なのである。

| | コメント (0)

2019/05/19

思い出より遠いもの

Yamadaminami

懐かしい学生時代と人は言うが、僕にとってそれは何ら起伏のない寒々としたものだった。人見知りが激しく大人しい性格の僕は、あまり友達も出来ず、寂しい日々を送っていた。同級生からよくいわれたのは、「とっつきにくい」だ。
単なる完全な片思いをしたことはあったが、結局何も出来ずに学生時代はあっけなく幕を閉じた。そんな按配なので、従来あるはずの胸がときめくような恋愛への憧れは強かった節があるかも知れない。
そういった意味でいうと、日頃から求めている幼子の癒しとは別に、本来切望していた学生時代のイメージに適う女の子にも注意が向いてしまう。そんな傾向が、未だ残されている気はしている。たとえそれが、思い出より遠いものだったとしても…。

学生時代といえば、当然のこと制服の印象が強いもの。ヤンジャンの制コレといえば、ミスマガジンなどと異なり清楚な美少女を輩出するので知られており、この手のミスコンとしては個人的注目度は比較的高い。
とはいえ、女子高生が中心である以上、それほど気にかけているわけでもない。ただ昨年度に関しては、さくら学院在籍歴のある杉本愛莉鈴がエントリーしていたのもあって、普段よりは注視した感がある。
他にも、元ジュニアアイドルの木村葉月など、見知った顔が見られたが…最も強く惹かれたのは、準グランプリ山田南実であった。
端正で上品なルックスに、上背のあるスレンダーな肢体。笑顔がとても愛らしく、インタビューでも愛嬌ありつつも真摯な姿勢が随所に垣間見え、好感度が極めて高かった。誰からも好かれる美形の優等生といったイメージだろうか。
最近では、ややセクシーなグラビアにも挑戦しているようだが、清楚な雰囲気が持ち味なだけに嫌らしさを少しも感じさせないのが素晴らしい。アイドル活動もあるらしいので、ハイティーンとはいえ注目する価値はあるだろう。
報われなかった学生時代を妄想する上で、まさに魅了されるべき理想的な制服美少女だと直感で感じるものがあった。

この他では、主に中学生時代の美少女ぶりが思い出深い、池間夏海も挙げておこうか。(参照:美少女の補正効果
シーブリーズ」CMでの鮮烈な全国区進出が衝撃的だったが、ここ最近見かけないと思っていた。しかしながら、知らない内に数本に及ぶ映画出演を果たし、若手女優としての評価を着実に上げているようだ。
少しご無沙汰だったCMでも「メイプルストーリーM」において、澄んだ歌声と共に登場している。もうすぐ17歳だが、まだ独特の少女感は色濃い。髪を伸ばしてくれれば申し分ないが、今更それを繰り返しても仕方ないか。
彼女の場合は、憧れのヒロインというよりは、幼馴染みや親しい近所のクラスメイトという風情がある。沖縄で伸び伸びと育った自然体の雰囲気が、より身近に感じられる魅力を醸し出している気がしてならない。
写真集や映像媒体を通じた多様な活動展開により、この少女期の記録に余念がないことを切に願いたいものだ。
Natsumi6

ずっと遠い過去、学生時代の記憶における青春の日々は妄想の範疇でしかない。甘酸っぱい初恋があり、健全な男女交際があり、脇目も振らずに夢中になれることがあったに違いない、一般的な単一化されたイメージがあるだろう。
全てがままならなかった、不遇なる人生を嘆くつもりはない。殊更に強調したいのは、白紙であったとしても最低限の生活に困ることのなかった穏やかな日々であったこと。

時間というものは、無情なまでに全てを奪い去る。仕事も友人も、そして家族までも失い、ただ終わりを待つだけの境遇に立たされた。
今在ることの意味とは、全てにおいて自己の肯定にのみ費やしたいと慮るのみ。求めるのは少女の癒しであり、一瞬の輝きを心の深層に留めることである。
永遠と続くであろう、彩りのない過去の摩り替えに終始し、この人生を終えることこそ本懐というわけだ。

| | コメント (0)

2019/05/07

さくら学院の新時代と問題点

Sakuragakuin38

アイドルに関心を失いつつある身にとって、唯一注目している存在であるさくら学院転入式は、非常に重要な意味を持っている。
ようやくキャラクターの良さを理解し惹かれ始めたばかりの新谷ゆづみの卒業、補正が外れたことで推しメンとはいえ大幅な熱量低下を引き起こした吉田爽葉香。こうした現状を踏まえると、転入生次第ではさくら学院ですら心が離れてしまい兼ねない危機的状況だといえるのだ。

先日の転入式にて明らかにされた転入生は、三人。三人卒業して三人入れるという、ほぼ想定通りの人事となったようである。
初見の印象では、かなり良いと思う。外見だけでいえば、2016年度転入生に匹敵する粒選りな可愛さを有していると断言出来るだろう。
先ず、中一の佐藤愛桜戸高美湖佐藤愛桜は、どちらかというとAKB系の研究生にでも居そうな、やや異色なタイプにも見える。ロングヘアでスラリとして、バイオリンが特技というリアルお嬢様の雰囲気があり、興味をそそる存在だ。
戸高美湖は、八木美樹に続くデコ出しスタイルが特徴的だが、遥かに上品で清楚な感じを漂わせる。それでいて、ボイスパーカッションが特技という面もあり、想像と違った横顔が沢山隠れていそうな意外性が持ち味だろうか。
さて、最も驚きだったのが、小五の木村咲愛の加入である。非常に可憐な容姿なのにも驚いたが、それよりも高学年とは思えないミクロな体格途轍もなく衝撃的であった。信じられないことに、あの野崎結愛よりもひと回り小さいのだ。これは発育不全なのか!?
今どきの小学生、特に高学年の成長度合いは相当に進んでいるはず。そんな中で、この小ささは有り得ない。完全に幼女である。
バトン披露に成功して、ぴょんぴょんするとか往年の水野由結以来だろう(ナタリー引用)。見た目で、これほどのインパクト。内面・キャラクターへの興味が、今にも溢れ出しそうな勢いだ。

生徒会長は当初の予想通り、藤平華乃。まあそれは問題ないのだが…どうやらトーク委員長に任命された森萌々穂が、ひと悶着起こしたようである。
この人事に不満を露わにした森萌々穂は、「プロデュース委員長の方が良かった」と校長に噛み付いたらしいのだ。ホームルームはともかく、式典内では台本はないと思われるし、誰も予想だにしないアクシデントだったはず。
以前より、森萌々穂の我の強さには少なからず不快感を覚えてきたが、これはちょっとやりすぎな気がしている。生徒に人事決定権がないのは当然だし、これまでも与えられた役割を各々が精一杯こなしてきた歴史がある。
こうした自己中心的な考え方、そしてそれを平気で公言してしまう軽々しさは、到底看過出来ないものがある。彼女には、もう少し謙虚な姿勢と、個人的感情をコントロールする術を心得て欲しい。こんなことでは最上級生として示しがつかないし、さくらの伝統を穢すことにも繋がってしまうだろう。好感度の低下どころか、更に大きな問題になると思うのだ。

懸念していたさくら学院離れは、とりあえず回避出来たように思える。良質な人材確保を出来た感が確かにあるし、新たな転入生に関する興味が湧いてきたのもあって、新時代の到来を強く実感することが出来たのだ。
ただ、来年度の白鳥沙南野中ここなの代の層が薄いにも拘らず補強をしなかった点、前述した森萌々穂の身勝手な振る舞いなど、問題点も数多く露呈したように感じられる。
さくら学院に最も必要な要素は、あくまで正統派路線を歩む清純派美少女の集合体であること、そして個性を大切にしながらも、品行方正で礼儀を欠くことのない育ちの良さにあると確信している。
生徒一人一人が自分らの在り方を今一度見つめ直し、同様に職員室も徹底した指導と積極的なプロモーションを意識することを、いち父兄として願わずにはいられない。

| | コメント (0)

2019/05/03

春に物思う少女の魅力

Yuichan

平凡で素朴な少女に心惹かれることが多い。ごくありふれた日常の中に自然と溶け込む雰囲気を有し、親しみやすさや安心感が独自の魅力として挙げられるだろう。
昨年度にさくら学院を卒業した新谷ゆづみなどは、最近の顕著な例。和歌山の牧歌的な田舎娘であり、カワウソを彷彿とさせる凡庸なルックス。しかしながら謙虚で優しい性格と、人当たりの良い和やかさに魅了され深く引き込まれていった。
まるで家族であるかのような温かさと、身近さを感じさせる魅力があると思う。家族もなく孤独に打ち沈む僕のような人間には、殊更に眩しく映るようで、こうした種類の少女の癒しを本能的に求めてしまうのだと感じている。

少し前に放送された、NHKのドキュメンタリー番組「ベイリーとゆいちゃん」が印象に残っている。
医療現場のセラピー犬と、重病を患う少女の心の交流を描いた心温まる内容。このベイリーというのが老犬で、孫娘を見守る感じがあって、少女との雰囲気がとても良いのだ。
そして、何といってもこの「ゆいちゃん」、本当にどこにでも居そうな普通の女の子。それなのに、なぜか切なくなるほど愛らしく、可愛く見えるのは不思議でならない。小腸が壊死するような重病とは思えない健康美、綺麗な髪の毛や肌の感じだとか、そういった素の少女らしさというのをより鮮明に感じるのかも知れない。癒しのホルモンにオキシトシンというのがあるそうだが、僕はゆいちゃんを見て、それまさに大放出であった。
まあ、「ゆいちゃん」といえば、既に決別したメタルアイドルに在籍していた、あの人が思い浮かぶのだが…。共に、一見して平凡でありながらの卓越した美少女という点で、よく似ている。もしかすると、幼き頃の水野由結を懐古した面もあるのかも知れない。

以前の記事で少し取り上げたが、「キッチン戦隊クックルン」のキャストが地味で幼すぎて、若干期待外れだった件。
(参照:改編期に出会う美少女達
確かに赤い子(川瀬翠子)は幼く、キャストの極端な低年齢化を象徴する感があるが…一方の黄色い子に関しては、第一印象で、とにかく地味で冴えない印象ばかりが目に付いてしまった覚えがある。
ただ、どうだろう。後になって色々調べたり、画像や映像を検証する内に、思ったより悪くないなという再評価に至ったようである。
垂水文音というこの子は、まさに初見では見落としがちな素朴で普通っぽい可愛さを有するタイプ。プロフィール写真などでは、額を出したロングヘアで大人っぽい髪型ながら、優しい柔らかな印象が色濃く出ていて意外にも良かったりする。
映像でも、色白で清楚な雰囲気があり、声も可愛くイメージ通りだった。キャラクターについては実際まだよく分からないが、少なくとも最初よりかは数段上の好印象を得た感覚がある。こういった系列の少女の、ステルス性能は決して侮れないものだ。
ひとつ気になったのは、なぜか年齢を公表していないらしい点。年齢を明かすことによる弊害があるとは考え難く、こうした妙な秘密主義は疑心暗鬼を呼ぶだけで何も良いことはないと思うのだが…。
例えば、子役としての出演オファーにも影響が及ぶのではないか? 実年齢の分からない子を、キャストとして選定しづらい事情が出てくる可能性だってあるだろう。事務所の方針も含めて、改めて頂きたい不可解な疑問である。
Fumine

人間の精神を安らかに保つのに必要不可欠な少女の癒し。殊に、しっくりと肌に馴染むような身近な安心感、温もりを与えてくれる素朴な美少女の存在には、近付き難い完璧な美少女とはまた違った魅力を見い出せた気がしている。

少女の魅力を語る上で美少女であることは不変であるべきだし、大前提であるべきとも思う。ただ、日常にありふれた少女の、ちょっとしたささやかな魅力にも目を向けるだけの価値は十分にある。そんな風に物思う、暖かな春の日和であった。

| | コメント (2)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »