« 原石を活かせない悲しみ | トップページ | 春に物思う少女の魅力 »

2019/04/18

遠ざかる汚れたアイドルの記憶

Maria3

記憶からも隔離されそうなほどに遠い存在となった、ハロー!プロジェクト。歴代OGによる不倫、犯罪、遂には現役の若手にも薄汚いスキャンダルが相次ぎ、アイドルを信奉する僕の心中からは完全に離れてしまったようだ。
元々、歴史ある人気グループ故に、数多くのスキャンダルに見舞われたが…その都度、厳しい脱退処分や事務所の誠意ある対応により、度々持ち直してきた感がある。ただ近年においては、ペナルティを受けるべき研修生上がりの若手を放置したり、或いは円満卒業させたりしてお茶を濁してきたように思える事が多々あり。ファンの心情を最優先に考える風潮は、すっかり影を潜めてしまった。

あくまでアイドルに清廉潔白さを求める僕は、ハロプロのことなぞ既に忘れつつあったのだが…先日、何となくテレビを見ていると、例の外国人にインタビューする番組で、ハロプロイベントに参加するため、はるばるスペインから来日した海外ハロヲタを取り上げていた。
それが何と、モーニング娘。'19牧野真莉愛の握手会に参加しに来たという。外国人受けするように思えなかったので意外だったのだが、その際のプロフィール紹介の中で、真莉愛センターでグループを牽引しているだと!? 本当なのだろうか??
僕が知っていたのは、鞘師里保が抜けた後、センターは長らく確定せず、小田さくら佐藤優樹のダブルセンターだったりと、あやふやな状態が続いていた覚えがある。一応、当時の推しであった真莉愛が遂にセンターを獲ったというのは、にわかには信じ難い。

牧野真莉愛についての個人的見解を述べよう。今現在においても顔立ちの劣化は見られず、純真無垢な愛されキャラもあって好感度を維持している。ただ、身体つきはすっかり大人のスタイルとなり、大胆な水着も見飽きるほどに露出し、この点においてのみ個人的には範囲外となってしまったようである。
今でも残っている名残りといえば…プロ野球観戦が趣味のひとつなのだが、特にひいきの球団がない僕が真莉愛流れで日ハムを応援していることくらいだろうか(真莉愛は日ハムの熱狂的ファン)。
番組内容では、制服姿の真莉愛が登場し、図体のデカイ外人に笑顔で対応していた。制服を着ると、顔や雰囲気は少女っぽさを色濃くし、なかなか魅力的に感じるようであった。それが例え、過去に見たかの幻であったとしても…。

冒頭でも触れた通り、若手のスキャンダルによる汚染の広がりが懸念されたのだが、更に輪をかけるような悪い報せを耳にした。
つばきファクトリーといえば、若手グループの中では、かなり事務所推しされていたように振り返る。同期のこぶしファクトリー男絡みの汚いスキャンダルに沈む一方、つばきには浮ついた噂が一切立たなかったのも好意的に見られていたに違いない。
しかし、そのつばきに悪い噂が…。エース格で意識も高いとされていた小野田紗栞に、彼氏との江ノ島デートのリークが上がったのだ。
しかも、小野田はブログで「江ノ島で一人旅をした」と書いていたらしい。つまり、堂々とファンを欺いていたということなのか。
その後、本人が写真の人物が自分だと認めたものの、相手は地元の友達と釈明している。一人旅のはずが、男と寄り添ってツーショット。これは疑わしいと思わざるを得ない。

さて、ここでも小野田紗栞を振り返りたい。静岡のロコドルから研修生へとアイドルのキャリアを積んだ上で、つばき入りしメジャーデビュー。可憐な容姿と独特の透明感で、グループのエース格として君臨した。
やや強気な性格が垣間見えるが、アイドル性が高くプロ意識のある印象が目立っていた。非常に握力が強いことで有名で、文字通り、握手会にてファンの心を鷲掴みにする術を心得ていたという。
僕自身、つばきにおいては断然の推しであった。地味な印象しかなかったつばきに、小野田加入により華が添えられた印象さえ覚えたのだ。
今回の件、まだ確定ではないものの、限りなく黒に近いグレーだと思う。起きてしまったことは仕方ないのだから下手な言い訳はせず、全て正直に話して、きちんとケジメをつけて欲しいと願うしかない。

アイドルも年頃の女の子なのだから、恋愛したとしても責められない」 こんな論調を、最近の若いファンを中心に耳にすることがよくある。
こうした論理は根本的に間違っている。アイドルとは、自らの人並みな青春やありきたりの日常を犠牲にして、ファンのために日々努力を重ね、より高いレベルのステージを目指すことのみに人生を賭けた選ばれし者なのだ。
常に高い意識をもって、些細な色恋事なぞに目もくれず自身を磨き、高みを目指す情熱を心に宿す。時に挫折し涙しても決して諦めずに、ファンの期待に応えるため精進に励むその姿にこそ、真に胸打たれるものがある。
まるでその辺にいる一般人であるかのように、恋愛に現を抜かしている輩の何がアイドルか。恥を知れと言いたい。
アイドルの恋愛禁止は、永遠不朽の揺らがぬ大原則。スキャンダルにまみれるハロプロから心遠ざかるのは、必然だといえるのだ。

|

« 原石を活かせない悲しみ | トップページ | 春に物思う少女の魅力 »

コメント

こんにちは。
アイドルの恋愛に対しては僕も同意見です。
ネット見てるとすごい攻撃する人と恋愛を擁護する人が居て正直すごい違和感を感じています。
僕は残念な気持ちとすごい冷める気持ちしか無く、攻撃するのも擁護するのも意味分からないです。
選ばれし者、まさしくその通りです。今まで幾多の人間を蹴落としてそこまで登ったのだからその自覚を持つべきだと思います。また事務所もそのプライドを持たせるべきだと思います。恋愛を擁護する意見はアイドルが一般化した弊害としか思えないです。正直本人はどうでもいいですが他のメンバーが少なからずそういう目で見られるであろうことは悲しいですね。
牧野さんの件は分からないです。僕のイメージは研修生の時のまさに華のイメージだったのですが娘に入る時に変なキャラが付いてあまりセンターポジションに居なかったはずですが・・・まぁテレ東はウソが多いですからwあんまり参考にしない方がいいと思います。

投稿: 館の主 | 2019/04/23 17:25

アイドルの恋愛を一般人の感覚と同様に扱う今の風潮に、とても違和感を覚えますね。「アイドルとは特別な存在」という意識が、随分と薄れてしまったようで大変残念に思います。
恋愛をしたアイドルを攻撃する意図はありません。ただ、きちんとケジメをつけて辞めて欲しいだけです。若い内は意識の低さから、過ちを犯すことは多々ありますので。

真莉愛のセンター、確かに驚きはありましたが、正直それほど心を揺さぶられたわけでもありません。ハロプロ自体への関心が低くなったことで、「へえ、そうなんだ」といった軽い乗りで納得してしまった事実が悲しいですね。
何か起爆剤になるような、とびきりの若手でも出てこない限り、ハロプロとは距離を置く感じになりそうです。

投稿: santa | 2019/04/24 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原石を活かせない悲しみ | トップページ | 春に物思う少女の魅力 »