« 正統派という幻 | トップページ | カワイイメタルを引き継ぐ者 »

2019/02/04

回顧するしかない哀しみ

AIS

体調が悪化している。乱高下する異常気象の影響を受けているらしく、持病である冷え性と神経痛が酷くなっているようだ。
常々先述した通り、アイドルに対する情熱が急激に冷めてしまい、生き甲斐もなく精神的にも脆くなっているのを否めない。
今ブログの更新意欲も大幅に衰えて、先月は一回しか更新していない。この先も同じような状況が続くだろう。もしかすると、もう全てが潮時なのかも知れない。

もはや何かしら特定のアイドルを追いかけ、情報を集めることなどしなくなった。ただ漠然と、可愛い女の子に関する画像や動画を探しまわり、当て所なくネットの海を漂い徘徊するだけだ。
そんな昨今、動画サイトで目に留まったのが、AIS(アイス)というアイドルグループのライブ動画。どうやら、近年におけるアイドルソングを色々とカバーしているグループらしい。
アイドルネッサンスの流れを汲むようだが、詳しくはよく分からない。既に昨年秋に解散しているらしいが、公式のものを含め多数のライブ動画が今現在も残っている。

Berryz工房可憐Girl'sなど、往年の名曲をカバー。本家のそれと比べると歌唱力などの点で見劣りするものの、大人数の若さ弾ける躍動感と新鮮味で、アイドル好きなら思いがけず見入ってしまうくらいの魅力は備えている。
見た目の印象でいえば、何といってもシンプルな純白衣装短いスカートの脚線美だろうか。本当に何の飾りもない装いだが、それが却って少女の素の美しさを引き立て、健康的な脚線でヲタの男心をくすぐる。実に悪くないと思った。
大手のアイドルグループでよくある、メンバーカラーの設定による派手な原色の衣装で着飾った面々。個性付けと認識のしやすさといった面で恩恵のある手法ではあるが、一方で、本来あるべき少女のありのままの可愛さを薄めてしまう弊害もあると思う。
スタダアイドルに見られるような、派手な衣装や奇抜な楽曲とパフォーマンスを励行するタイプ。これよりも、地味でシンプルでも構わないから少女の可愛さのみを引き出させる、正統派の路線を継承するタイプ、こちらの方が断然好きである。
ハロプロはパフォーマンスの高さにより惹かれた時期もあるが…さくら学院などは、完全に僕の好きな後者の部類に入るのだろう。

さて、このAISの曲に関して、最も印象深かったのは「ドキッ!こういうのが恋なの?」だ。これはキャナァーリ倶楽部えりーなこと、橋口恵莉奈のソロとキャッチーなコールが話題を呼んだ、伝説的な名盤である。
十年以上も前のものだが、今聞いても決して色褪せない不朽のアイドルソングだといって差し支えない。あの頃のえりーなのポテンシャルには遠く及ばないものの、元気の良い若い子が懸命に歌う姿は妙に懐かしい思いを喚起させ、過去の記憶に引き戻すようだった。
当時、僕は一度だけ、キャナァーリ倶楽部のリリイベに参加したことがある。例によって列をなして握手の順番を待っていたのだが、何かの理由で列が停滞したのを憶えている。その時に、ちょうど僕の目の前にいたのがえりーなだった。
黙っているのもどうかと思い、背が伸びたねと話しかけたら、とびきりの人懐こい笑顔で僕を指し「高いですね」と返してくれた(僕は身長180センチ)。あれが思えば、僕にとって最高の神対応だったと懐かしく振り返る。ちなみに最悪の塩対応は、無言で睨まれたベリ徳永千奈美である。

今の時代を生きながら、回顧することでしかときめきの記憶を思い出せない哀しみに打ちひしがれる。光を見い出せない視界が深い暗闇に覆われ、ただ為す術もなく目を瞑り過去の時間に身を泳がせているかのようだ。
ごく当たり前のアイドルとしての原則論。瑞々しい若さと可愛さ、ひたすらに懸命に歌い踊ることの大切さ。いつも声に出したくなる「正統派」という王道路線を踏襲する存在が現れるのを、ただ祈るようにして待ち望むしかない。

|

« 正統派という幻 | トップページ | カワイイメタルを引き継ぐ者 »

コメント

こんにちは。
僕も同じ感じです
あの頃の熱は全くなく
ツイッターを見ては未だに熱を持ってる人達との温度差に何か冷めるというか何というか。
現場で会っていた人達とはもう会う事はないのかな。。。と寂しく思ったり
過去の思い出を懐かしく思い出したり。。。
えりーないいな。。。懐かしいですね。
あの頃はただただ可愛い子をどこまでも追っかけていた日々が懐かしいです。
千奈美www
あの子の場合は悪い方のギャップがすごいんですよね。
ニコニコしてて優しそうに見えるけどファンに対してそういうところが一切無くて僕も当時めちゃくちゃ好きで握手会で一気に冷めたあの頃を思い出しましたw

投稿: 館の主 | 2019/02/10 15:37

完全に冷めたというわけではありませんが、かなり落ちましたね。現場に赴いていた頃が遥か遠い昔に思えます。

えりーなもそうですが、グループに一人は飛び抜けた子がいた時代がありました。歌唱力やダンス、そして何といっても可愛さとアイドル性、優れた存在が中心に居たお陰で夢中になれたのもあると思い返します。
千奈美は蛇足ですが、桃子との和解動画を見た限り、悪い娘じゃないと思うんですが…。しかし握手対応が悪いのは、アイドルとしては論外でしょうねぇ。。

投稿: santa | 2019/02/11 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 回顧するしかない哀しみ:

« 正統派という幻 | トップページ | カワイイメタルを引き継ぐ者 »