« 散り散りになった友情と絆 | トップページ | さくら学院消滅の不穏な予感 »

2018/11/11

少女の季節を生きる感覚

MERUCHU

やがて季節が移り変わり年月を重ねても、僕は相も変わらず少女の季節を生きている。明確に表すのなら、数十年に及ぶ時を隔てても、美しい少女の印象が心の奥底に焼き付いて離れないという意味合いだろうか。
未完成でありながら最も美しいシルエット、無垢で純真な硝子のような魂。これらの要素を有している存在は、どんなに他を探しても見つけることは叶わなかった。少女ならではの魅力だけが、この凍えた孤独感を紛らしたのだ。

いかに取り繕ったとしても、こうした心情を吐き出しただけで非常な迫害を受けることに変わりはない。俗にいうロリコン呼ばわりされ、酷い場合には犯罪者予備軍といったレッテルまで貼られる始末。
今、世界的にも、LGBTなどの性的少数者が擁護される傾向が強まっている。しかし正直にいうと、同性愛者の類いには違和感しか感じないし、そこまで擁護される理由があるのか疑問に思ってしまう。
決して、幼い少女に性的な目的で惹かれているのではないと固く断っておきたい。その前提でもってしても、人間本来の本能として全く不可解極まりない同性愛は明らかに異常であり、あくまで雄の本能に従い若い雌を求める小児性愛者は、まだ正常に近いといえる。同じ性的少数者ならば、なぜ一方は擁護され、一方が迫害されるのだろうか。理解に苦しむ。
無論、小児性愛を肯定するつもりはないが、きちんと人権を守られ適切なカウンセリングを受ける権利はあるのではないか。それによって性犯罪の抑止にも繋がるだろうし、同性愛者に注ぐ税金があるなら犯罪の未然防止に使われるべきである。

さて、これはあくまで個人的見解だ。どうでもいいことで無闇に叩かれるのは御免なので、このくらいにしておこう。
話を戻すと、少女の癒しという要素はアイドルにとって欠かせないものであり、逆風の強いジュニア世代、殊に小学生アイドルにおいては極めて特徴的なものになる。数少ないこの世代だが、とりわけ目を引いたグループをひとつ挙げておきたい。

詳細がなかなか掴めない地下事情において、主に小学生を扱ったグループは絞られるが謎も多い。
名古屋を中心とした活動らしい、DIANNAプロジェクト。どれほどの活動範囲なのか知らないが、最近リニューアルしたMERUCHUという名のグループが妙に気になった。
はじめての片想い」というMV、ほんわかした空気と甘く蕩けるような美少女のイメージが脳髄を揺さぶるようだ。この絶妙なお遊戯感は見覚えあるが、あえていうならあのボナプロテイストだろうか。つい魅入られてしまう。
特に推しの子というのは居ないが、この得もいわれぬ幸福感に包まれる感覚が秀逸である。歌もダンスもお遊戯レベルでしかないが、ビジュアル・雰囲気共に、今あるべき小学生アイドルの原型を示している気がしてくる。しばし見守り続けたい。
ちなみに、以前「あまのひにゃさく」として紹介した面々も、名前を変えて同プロジェクトにて活動継続中らしい。貴重な小学生アイドルとして、併せてチェックしておくべきだろう。
(参照:美少女という希望の灯火
RABBIT HUTCH

かつて、もう十年ほど前になるが、こうした小学生アイドルに魅了され足繁く現場に通いつめていたことがある。その時に感じていたものは、性的な要素など一切なく、ただひたすらに刹那的な心の癒しそれのみであった。

どんなに過去を振り返ろうとも、未来を見据えようとも、止められない時の流れの中で一瞬の輝きを放つ少女期の美しさを素通りすることなど出来はしない。
ふと我に返った時には消えている。そんな儚い瞬間に触れる感覚こそが、少女の季節を生きている幸福感には含まれている気がしてならないのだ。

|

« 散り散りになった友情と絆 | トップページ | さくら学院消滅の不穏な予感 »

コメント

こんにちは。
おっしゃる通りですね。
子供は大人に保護される為に可愛い必要があるし
雄は若い雌を求めるのが当然だし
その意味でもロリコンは必然だと思います。
さらに僕の場合は一時婚活して改めて大人の女の人にウンザリしました。
あの人達は男を集金システムとしてしか見て無くて、こんな人が多いから2組に1組は離婚してるんだろうなって改めて思いました。
ただ、いろんな子のいろんな残念な未来を見て来た結果、小さい子にも最近はあまり希望が持てなくなりました。
先日もハロプロ研修生で気になってる子が居なくなってしまって虚しさを感じています。
昔のようにテレビなどの子役に「いいな」って思っているのが1番いいのかなと。
田舎に引っ越したのも影響してもう現場に行く気は無くなりましたね。
テレビを見ながら猫と遊んでるのが今の唯一の幸せです。

投稿: 館の主 | 2018/11/15 16:32

ロリコンだと自認したつもりはないですが、一般的に見れば十分ロリコンなんでしょうね。
大人の女性に汚らわしさを感じる。今のご時勢では確かに納得出来ます。
特に婚活などにおいては、当然そうなるでしょう。行き遅れた人達ばかりなのだから仕方ありません。
僕も昔は出会い系など散々やって懲りましたから、もう結婚は諦めたし興味もないですね。

あくまで少女の輝いている瞬間を記憶に宿したまま、その後はあまり執着せず追いかけない。これが最も良い方法だと思うんですが、なかなかそう簡単にはいきませんよね。
五年周期ほどで推しの子を変えてきてますが、毎回、最後は苦々しい思いが残ります。
それでも少女への高揚感が尽きないわけですから、もはや完全に美少女中毒症状をきたしているようです。

投稿: santa | 2018/11/15 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/67370854

この記事へのトラックバック一覧です: 少女の季節を生きる感覚:

« 散り散りになった友情と絆 | トップページ | さくら学院消滅の不穏な予感 »