« 喪失感に満ちた終焉 | トップページ | 散り散りになった友情と絆 »

2018/10/26

さくら学院が繋いだ絆

補正そよ

相変わらずダークサイド演出を続けているらしいBABYMETALの周辺で、早くも新メンバー追加の噂が囁かれ始めている。
もし追加するのであれば、さくら学院の在校生か卒業生しか有り得ないはずだが…さくら時代を経歴から削除し黒歴史化していることからも、KOBAは金輪際、さくら学院に関わるつもりはないのかも知れない。
どこの誰かも分からない人間を追加したところで、何の意味もありはしない。いずれにせよ、誰であろうとYUIMETAL水野由結)の穴埋めなど出来やしないのは周知の事実である。
無様なデーモンメイクの二人(SUMOA)を見て、耐え難い絶望感と共に、みるみる気持ちが冷めていくのを感じている。終わったのだなという諦めの感情をひしひしと感じ、ただただ輝いていた在りし日に思いを馳せるのみ。
さくら学院を否定するなら、僕はBABYMETALを拒絶せざるを得ないだろう。すぅもあ中元すず香菊地最愛)が、ゆいちゃん脱退についてのコメントすら出さないのであれば、僕は彼女らを軽蔑せざるを得ないだろう。この事について、非常に憤っているのだ。

BABYMETALを世に出したのは、さくら学院あってこそ。友愛の精神を育み、ひた向きに真っ直ぐに純粋な気持ちを届けること。この最も大切な教えを受けたはずのすぅもあが全てを忘れ、操り人形のようになってしまったのだろうか。
あの頃のさくら学院は最高に良かったが、今の現役生も捨てたもんじゃない。その精神は脈々と受け継がれ、確固たるタレントを擁していない在校生においても、皆が日々健やかな成長を遂げている。
成長するにつれて様々な一面を覗かせ、徐々に印象を変えていくメンバーがいる。ここでこの三人を挙げ、再検証してみたいと思う。

新谷ゆづみ
驚きの生徒会長抜擢からここ最近にかけて、個人的な評価が急上昇している。本来あった田舎娘キャラはそのままに、非常に人当たりの良い、和やかな柔らかい印象を出してきている。
引っ張るというよりは手を取り合って」といった、彼女の会長としての当初の方針には少なからず疑問があったが、新谷体制ならば有りなのかも?と思わせるほどの好印象を受けた次第。
サービス精神、表情の豊かさも兼ね備えており、FRESH!マンデーの出演回は毎回好評らしい。少しだけ見る機会があったが、たちまち彼女の独特の魅力に惹き込まれてしまったようである。
そよ吉田爽葉香)に腹パンされても怒らない、もえほ森萌々穂)の厳しいツッコミに平謝り、森センに邪魔だといわれ泣きそうになる等々、温かで優しい人柄が滲み出ていて、何だかやけにほっこりしてしまう。
正直、ここまで惹かれるとは思いもしなかった。ずっと推しメンであったそよから推し変しようかと、本気で考えているくらいである。
ただ、来春で卒業というのが残念な限り。その後の進路については聞いていないが、引退か飼い殺しになるくらいだったら、いっそベビメタの新メンバーにでもなってもらいたいくらいだ。KOBA退陣で、もあ契約切れが前提になるが、ダンサー二人を新谷ゆづみとメイトのもえほが務めるのなら、僕のベビメタ熱は再燃するかも知れない。まあ、ないんだろうが…。

吉田爽葉香
モデルの外仕事をきっかけに補正効果が外れ、主にビジュアル面で大きく評価を落としつつある。(参照:美少女の補正効果
たった眼鏡ひとつで、こんなにも崩れてしまうものかと嘆きたくなるほどの落差があり、ある種、今までにない極めて特殊なタイプというべきなのかも知れない。
特徴とすべきは眼の小ささであり、黒縁の大きな眼鏡をかけることで、その欠点を見事に封じていたというわけだ。その他の点では、黒髪ロング、肌が白く綺麗で端正であり、スラリとした華奢なスタイルで、まさに美少女然としている。ただひとつの欠点が大き過ぎたのである。
さくら在籍中においては、補正効果が有効なのは確かなので、少なくとも推しの一角から外れることはないと思う。しかしながら、来年の転入生次第では分からないし、今現在、新谷ゆづみの方に気持ちが向いているので微妙な感じである。
生来の落ち着きのなさだとか、定型文気味のコメントだとか、ビジュアル以外の面で修正して新たな魅力を見い出して欲しいところだ。

麻生真彩
かつてのKYG(恐怖のイェーイ軍団)の一員であった、賑やかしキャラ。とにかく喋り好きで五月蝿いという印象は変わらないが、ここのところは流石にお姉さんっぽくなってきて、ようやく落ち着きが出てきた感じか。
以前のように好き勝手に喋るというよりは、進行を頭に入れながら喋る年下の子を気遣って優先してあげる、といった配慮が出来るようになってきた。
FRESH!マンデーでは、なんと一人だけの独演会までこなしたそうで、しかも意外に好評だったらしい。これは恐らく他の学院生では大変に難しいと思われ、内面での精神的成長という点においては目を見張るものがあるようだ。
思いがけない新谷ゆづみの生徒会長指名の際には、悔し涙を流したとされ、負けん気やプライドも持ち合わせているようで実に頼もしい。
一方でビジュアルに関しては、あまり印象が変わらず、ひたすらに顎が伸びしゃくれが進んでいるとの報も。指で掴んで固定出来そうな勢いだが、綾瀬はるかのような売れっ子しゃくれ女優もいることだし、気にせずに頑張って欲しい。
ゆづのしかめ面

やれスーパーレディだとか研修目的を匂わせたコンセプトが鼻につくが、さくら学院の真髄は友愛の精神をもって助け合い、絆を確かめることで人間的な成長を促すことにあると確信している。そして父兄はそれを温かく見守り、懐かしい学生時代に回顧することで感動を得られるというわけだ。

BABYMETALの三人は、誰よりも深い繋がりがあったはず。八年間共に活動した月日と、その原動力となったさくら学院における日々。
誰ひとり欠けてはならない、そう誓った思いを振り返って欲しい。その根底には、いつでも笑顔で手を取り支え合ったさくら学院の眩しい思い出が焼き付いているはず。何よりも大切な、かけがえのない友達との別れを蔑ろにしないで欲しいのだ。

|

« 喪失感に満ちた終焉 | トップページ | 散り散りになった友情と絆 »

コメント

なんでそういう発想になるのですか?
BABYMETALの新メンバーもさ学限定とかも意味不明ですし。
あと3人を含むさ学のみんなの絆を舐めてもらっては困ります!
もう少し勉強された上で書いてはどうですか?
憶測推測甚だしいです!

投稿: ゆいちゃん神推し | 2018/11/18 05:21

どの点に関して、おっしゃってるのか分かりませんが…与えられた事実から推測する他ない部分もあるかと思います。
新メンバーにしても、さくら学院から生まれたグループである以上、そこから採用すべきとの考え方はそんなにおかしいでしょうか? 別にどこからであろうと、水野由結に匹敵するメンバーは居ないでしょうから、あまり関心はありません。
脱退について何も発さない、すぅもあに落胆したのは正直なところです。これだけ長い間、一緒にやってきたメンバーに対して何もないというのは如何なものでしょう。強い絆があるのなら、誰が何といおうと声を発するべきです。もう子供ではないんですから。

僕は、さくら学院結成当初から見てきましたし、現場にも何度も足を運んできました。でも最近はすっかり在宅で、確かに勉強不足なところもあるかも知れません。
さくら学院の絆を疑うことはしたくありませんが、残念な状況があるのも事実として受け止めています。この度はお叱りのコメント、ありがとうございました。

投稿: santa | 2018/11/18 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/67315381

この記事へのトラックバック一覧です: さくら学院が繋いだ絆:

« 喪失感に満ちた終焉 | トップページ | 散り散りになった友情と絆 »