« 2018年9月 | トップページ

2018/10/12

混迷を深める地下界隈

櫻井佑音

メジャーシーンにおける「アイドル戦国時代」は終わりを迎えた。AKBの時代は去り、坂道グループが取って代わり、老舗のハロプロはOGのスキャンダルにより衰退へと向かっている。
競争がなくなり活気が衰えていく現状は寂しい限りだが、ならば地下はどうだろうか。愛媛のロコドルが自殺を図り裁判沙汰になる等、負のイメージが蔓延しているようだが…よりディープなジュニア層に関しては、今なお局地的に活気付いているようにも見える。
強いていえば、競争というより自由な自己表現を重視したかの猥雑さ。自信たっぷりにパフォーマンスの高さを主張する子もいれば、あくまでアイドルごっこの域を出ないお気楽な自由奔放さを楽しむ子もいる。
これが良いのか悪いのか分からないが、少なくとも不細工な勘違い地下アイドルが少なくなったのは唯一の救いだろうか。とりあえず見た目は悪くない、その他はピンキリという界隈において対照的な上述の子らを挙げてみよう。

ネットでも一時期取り上げられている小学生アイドルが、意外と凄いらしい。まだ四年生の櫻井佑音という子、見た目的にもかなり可愛らしいわけだが、そのステージには正直びっくり。総合的に、非常にレベルが高いのだ。
この子、一体何者だ!? MCは落ち着いているし客を盛り上げようとする意識もあり、ダンスはまとまっていて歌も声量があって実に上手い。明らかにメジャーレベルなんだが、なぜに地下で燻っているのか?
様々な種類の楽曲を卒なく歌いこなす技術があり、将来性が極めて有望である。衰退気味のハロプロは、是非ともスカウトすべき。
以前、地下の有望株であった岡村美波を研修生として引き抜いたが、あえなく肥満劣化してしまっている。この教訓から、ビジュアル・スキル両面での振り分け可能な櫻井佑音を、どうしても採るべきだろう。

一方で、あからさまなスキル不足を恥じるでもなく、あくまでアイドルである自分に酔い楽しむことに徹底している子もいる。
中学生っぽいスタイルが印象的な星乃みれい。一応、まだ11歳だが、先の櫻井佑音とは比べ物にならないくらいのお粗末なパフォーマンスレベルでしかない。
きちんとしたボイスレッスンは受けてないのだろうが、なにしろ声が出ていなくて音痴以前に歌になっていない。ダンスについても体幹が弱いのか軸がブレブレで、まるで踊れていない。しかも、泣きそうな顔して歌うものだから危なっかしいなんてものじゃない。
ベビメタが好きなのか、よく歌っているように見受けられるが、評価出来るのはコスプレの品質だけというのは何とも悲しいばかり。
どう考えてもアイドル向きでないし諦めるべきだが、何かこの平凡な芋臭い子が懸命にやっているのが、妙にそそられるというか…。正直、こういう凡庸でちょっと可愛い子、嫌いじゃない。この勘違いしたまま感も悪くない。あくまで刹那的な魅力というわけだ。
星乃みれい

今回紹介した二人の子は共に、東京アイドル劇場というアイドル専用のステージで定期公演しているらしい。今どきソロの子も意外と多い模様で、チケットも安いので機会があれば久し振りの現場復帰には良いのかも知れない。

戦国時代が終わり、平穏が訪れたアイドル界隈。それは同時に怠惰な流れに身を任せた、偽者のアイドルが闊歩する時代の到来を意味している。
どこまでも可愛く、高次元なパフォーマンスを追い求め、ファンサービスに事欠かない高い意識をもったアイドルを切望する。混迷の度合いを増す地下から発せられる奇跡的な契機を、ただ闇雲に期待しているかのようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/01

カワイイメタルを貫く妄想

BLACKBABYMETAL

このところ大した話題もないので、例によって取るに足らない妄想を垂れ流してみようと思う。
注目メンバーが欠け人気が低迷、先行きが見えないBABYMETALについて、とりとめのない思いを巡らしてみるとしようか。

一昨年の東京ドームを頂点とするならば、今現在は大分落ち込んでいるといわざるを得ない。徹底した露出制限を継続し、国内メディアにその姿を見せることは、ほとんどなくなった。加えて、YUIMETAL水野由結)の不可解な欠席と、その後の対応の不備が致命的に
落ちるべくして落ちているといった印象が根強いわけだが…これらは全て、プロデューサーであるKOBAMETAL(小林啓)によるものと巷では囁かれている。BABYMETALを世界的なスターにまで押し上げ、確固たる実績を上げたのもあり、そのワンマン体制が必要以上に強化されてしまったと見る向きもある。
彼は明らかにメタル寄りの人間であり、アイドルに関しては素人以下。従って、メタルアイドルという特殊なグループを扱うには、本質的には不向きかも知れない。結果的に、アーティスト気取りで露出を抑え知名度の低下を招き、ベビメタ以外の活動を希望するメンバーとの不和を生じさせた可能性が極めて高い。
このまま彼の下で囲われて隠されて続いていくのであれば、BABYMETALの凋落は避けられない気がしてくる。というより、YUIMETALの復帰が叶わないなら、もはや解散しか残されていないほどに危機的な状況にあるのだろう。
SU-METAL中元すず香)のソロ移行を念頭に置いているのかも知れないが、個人的には、そうした形でのBABYMETALは考えたくはない。
今回、耽る妄想としては、あくまで「三人体制でのカワイイメタルを貫く」という前提を変えずにやってみようと思う。

僕がもし、BABYMETALのプロデューサーだったなら…直ちに全ての露出制限を解除し、国内プロモーションを開始する。歌番組はもちろん、CM出演バラエティに至るまで、ありとあらゆるメディアにおいて攻勢を仕掛けていく。
同時に、今あるダークサイド演出は廃止し、本来のカワイイメタルに戻すのはいうまでもない。YUIMETALの復帰が難しく、それによってMOAMETAL菊地最愛)にも脱退の意思があるのなら、思い切ってダンサーをより若く才能のある子に入れ替える。人材の獲得は、アミューズ内にとどまらず外部からも積極的に求め、何なら大々的なオーデを実施しても構わない。
昨今はやらなくなったBLACKBABYMETALの曲も、メンバーの若返りによって問題なくセトリに入れられるようになる。過去のカワイイ系の曲、振り付けも然り。キャッチミーの股潜りも容易なはずである。
綺麗なお姉さんが歌い、ちっちゃい子二人が両サイドでダンスする、新たにマイナーチェンジしたスタイルの誕生というわけだ。

更に、大規模ライブツアーにおいて、メタルの大御所に媚びたり、海外の人気バンドを客寄せに使うのは一切やめる。
あくまで「カワイイ」で勝負するにあたって、大規模ライブにおけるゲスト(前座)には国内外問わず、さくら学院を起用する。
海外渡航費用が嵩むのは覚悟の上でも、さくら学院生にとって、これ以上にないほどの経験になるので未来への先行投資と考える。当然、ライブ前の温め役という性質上、アップテンポの新曲をいくつか追加し、メタル調のアレンジも必要となってくるだろう。
3rdアルバムに関しては、ファーストの収録曲にあるようなベビメタらしい斬新な新曲を多数収録し、いわゆる「なんじゃこりゃ!?」感を復活させる。メタル要素は「カワイイ」の引き立て役であり、ギャップの魅力という原点に回帰するわけだ。
衣装は初期のものを更に可愛くしたものに変更し、さくら学院の制服はあえて変えることはしない。当然、これもギャップ狙いである。
ライブセトリは常に新鮮な選曲とし、過去に入れていた可憐Girl'sの曲や「アニメ」も積極的に採用する。ライブそのものがびっくり箱であり、重厚なメタルを奏でる可愛さに魅了された、あの頃のときめきを取り戻すのだ。

さて、こんな風に妄想したみたのだが。メンバー改編という辺りを見ても、全く現実的でないのは痛いほど承知している。
ただ、これで売れても売れなくても、BABYMETALとはこうあるべきだという、ひとつの形は示せるのかなと一方で考えている次第だ。
実際には、「YUIMETALが戻らないなら解散するしかない」との意見に変わりはない。そして仮に戻っても、あの忌まわしいダークサイドに固執したり、メンバー高齢化によりカワイイメタルの放棄が避けられないのなら、やはり先はないのだと思っている。
終わる時期を見誤りつつある危機感、不安感に苛まれるこの感覚。これを拭い去るのは、あらゆる想定をもってしても難しいことに違いはないと、日々思い知らされているかのようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ