« 遠のく少女の輝き | トップページ | 水野由結の存在感 »

2018/05/09

アミューズ勢の新展開

今年度転入生

最近の数少ない関心事として挙げていた、さくら学院転入式が先日催された。いわば、ライブの内容そのものよりも、新しい転入生が誰なのかという点においてのみ注目していたのだが…。
正直な印象をいうと、ちょっとしたサプライズが起きたといってもいいかも知れない。大方の予想を覆し、新谷ゆづみ生徒会長に選出されたのだ。
前年度に役職に就いていた経緯、それと在籍期間の長さから麻生真彩が大本命と見られ、あったとしても同期の日高麻鈴だろうと目されていた。新谷ゆづみという線は、父兄なら誰も考えなかったであろう驚きの抜擢なのである。
さくら学院にとって、生徒会長はそれほど重責というわけではないが、その歴史の1ページとして新谷体制が刻まれるとは夢にも思わなかった。麻生真彩が悔し泣きともとれる号泣をしていたそうだが、決まったからには誠心誠意ゆづをサポートしてあげて欲しい。
和歌山の田舎娘キャラが好印象なゆづは、個人的にも推しの一角に入る。是非とも頑張って頂きたいものだ。
ちなみにイチ推しの吉田爽葉香教育委員長とのことで、来期生徒会長があるのかどうか益々楽しみなところである。

そして肝心の転入生について。やはりというか当然というか、空白だった中等部一年の枠に二人入れてきた。更に、さくら最年少枠である小等部五年にも一人を追加と、バランスのとれた補充ぶりに終始した。
中学生の二人は、それぞれ白鳥沙南(さな)、野中ここなという。あまりよく知らなかったが、白鳥沙南ハーフっぽい美少女風で、野中ここながショートカットでアクティブな雰囲気が第一印象か。これから引き出されていく個性に興味がそそられる。
何といっても今期転入生のキモは、小五の野崎結愛(ゆめ)だろう。知る人ぞ知るというか、昨今のネット上で話題を呼んでいた美少女姉妹の内の一人なのである。
僕も、この姉妹の凄まじく可愛い写真など見て知っていたが、さくら転入は完全に想定外であった。こうなればいっそ、妹の野崎珠愛さくら入りしてくれれば、冗談抜きでゆいもあ再来と呼んでも良いくらいかも。将来的に、さくらの核になり得る逸材である。

BABYMETALがワールドツアーに先立ち、遂に新曲を発表した模様。「Distortion」というこの曲、「シンコペーション」によく似ているが、よりヘビーな雰囲気だ。カワイイ要素は全くない、完全にメタル寄りの曲といえる。
MVの中で、さんざん謎かけされてきた7人らしきキャラクターが登場している。何やらアメコミの主人公のようだが、なぜかメンバーの姿はどこにも見られない。いくら作り込んでいる映像とはいえ、これでは本末転倒であり、少々がっかりだ。
そして気になっていた、ワールドツアー初陣におけるYUIMETAL水野由結)の様子はといえば…。今の心境を率直に表現出来る言葉が見つからない。心の整理がついてから後日、改めて記事にしたいと思う。

現在のところ、ハロプロよりもむしろ注視しているアイドル属性は、さくら学院BABYMETALから成るアミューズ勢に他ならない。
さくら学院有望な新人獲得、ようやく稼動し始めたBABYMETAL新展開。これらをもって直ちに僕のアイドルへの情熱が蘇るわけではないが、いくらかは動向を見守ろうという気持ちにはなっている。
最も大事なのは、いうまでもなくアイドルに必要不可欠な可愛ささくら学院の更なる活動範囲の拡大、BABYMETALのカワイイメタルへの原点回帰、これが叶ってこそ立ち止まった思い出に今一度触れられるのかも知れない。

|

« 遠のく少女の輝き | トップページ | 水野由結の存在感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/66701670

この記事へのトラックバック一覧です: アミューズ勢の新展開:

« 遠のく少女の輝き | トップページ | 水野由結の存在感 »