« 少女との別れの始まり | トップページ | 忌むべきダークサイドの演出 »

2018/05/21

乃木坂46の総合力

佐々木琴子

今やAKBを凌ぐ坂道グループの勢いは、誰しもが認めるところ。話題性のある欅坂46は今ひとつ目を引く女の子が見られず、クールな格好良さを売りにしている点なども個人的には好みでない。アイドルは常に可愛くあって欲しいのだ。
そんなわけで、あえて注目するなら乃木坂46ということになる。カワイイメタルを捨て去ったBABYMETALに冷めた僕は、闇雲にアイドルの可愛さを欲したのか、乃木坂の動画を日々漁ることになってしまった。

ふと目にとまったのが、二年ほど前の冠番組でのバレンタイン企画。二期生が、意中の一期生にプレゼントを渡すというものだ。
二期生に貰えそうだと思う一期生が自己申告することで一喜一憂すると共に、普段の人間関係が浮き彫りになるという非常に興味深いもの。アイドルグループの複雑に絡み合った人間関係を紐解くのは、バラエティ企画として画期的だといえる。
ここで注目を集めたのが、齋藤飛鳥。何度も親しい二期生に振られ、無惨に泣き出す様は意外と可愛い。恐らくアイドル界随一、顔が小さいという部分でしか知らなかったが、Sキャラ際立つ彼女の隠された一面に触れたようで面白かった。
今年の同様の企画でも、僕の推しメンである三期生の伊藤理々杏に振られていたようだ。今年よりも二年前の方が面白く感じたのは、伊藤理々杏以外で、注目に値するメンバーが三期生の中に見られないせいもあるかも知れない。
(参照:少女期の終着駅
二期生には、前に一度取り上げた個性面での鈴木絢音、その他にも新たに佐々木琴子寺田蘭世といった、ビジュアルと個性両面で気になる存在が見つかっている。
(参照:個性の花を開かせる美少女

佐々木琴子はアニメや漫画好きで、端正な美貌とのギャップの魅力が際立つ。ガンプラ好きの鈴木絢音も凄いが、彼女の場合はガチな方のガンダム好きでもあるらしい。NHKのガンダムマニアが集うバラエティ番組で、相当にマニアックな知識を披露していた。
僕は、ファーストガンダムしか知らないクチだが、こんな若くて綺麗な女の子がガンダムを熱く語るのは大変な驚きであった。

寺田蘭世も、オタク女子率の高い乃木坂の例に漏れず、漫画の男性キャラクターに心酔している様が結構衝撃的だった。ドSキャラの王子様に「」として扱われたいとか、歪んだ人が大好きとか、ちょっと引くものがあったのだが…。
そんなM属性を自ら暴露している彼女ではあるが、最近は髪型の傾向が、かなり大人っぽくなっている気がする。以前の前髪のある髪型が好きなので、まだまだ可愛い系をアピールして欲しい。スレンダーな流麗さと、少女っぽい可愛さを併せ持つ貴重な存在だと思う。

ちなみに、中心メンバーである西野七瀬男性スキャンダルが浮上している。わりと好きなメンバーだったが、事実だとしたら残念だ。
二年前のこととはいえ、スルーは許されない。20歳を過ぎた娘の恋愛を否定はしないが、そのままアイドルを続けてもらっては困る。
きちんとした釈明とファンへの謝罪、そして速やかに脱退する必要があるだろう。アイドルには、厳しいルールがあるのを自覚して欲しいのだ。
寺田蘭世

現時点において、アイドルの頂点に達しているといっても過言ではない乃木坂46。そのクオリティは単純に楽曲やパフォーマンスのみならず、各メンバーのビジュアルの良さと個性の面白みを内包していることで、極めて高い総合力を生み出している気がしてならない。
主力メンバーの年齢層が高かったとしても、若く魅力あるメンバーを加えることで新鮮味を与える、従来の手法を踏襲している点も見逃せない。研修生上がりの堕落と必然性の欠けるグループ改編により、勢いを失いつつあるハロプロにも見習って欲しい点が多々あるようだ。

無用なスキャンダルには十分に気をつけながら、あくまで清純派アイドルの雄として。そんな乃木坂46の今後を、注意深く見守っていきたい。

|

« 少女との別れの始まり | トップページ | 忌むべきダークサイドの演出 »

コメント

以前から疑問に思っていたのですが、アイドルが恋愛をしてはどうしてだめなのでしょうか?
santaさんだけではなくそう思っているヲタはけっこういるように思います
彼氏がいたらファンになれないってことでしょうか?
それとも恋愛はしてもいいけどばれたらダメということでしょうか?
アイドルにある厳しいルールってどんなものがあるのでしょうか?
それは誰が決めたものなのでしょうか?
私には全く理解できないのでどういう理由でダメなのかよろしければ教えて欲しいです
これは冷やかしでもなんでもなく、私には理解できない感情なので純粋に知りたいです
私は中学生以上ならだれもが恋愛をするものだと思っているのでアイドルにそれをしないようにさせるのはかわいそうとしか思えないのです
アイドルが恋愛しないからといって自分が付き合えるわけではないし、アイドルが誰かと付き合っていたからといって活動内容が変わるわけではないと思うのでファンには関係なくないですか?
よろしくお願いします

投稿: 通りすがりです | 2018/05/23 23:31

非常に現実的なご指摘だと理解出来ますが、それはアイドルに関しては全くあてはまりません。
アイドルという存在は、イメージによって成り立っています。古くから、一切の穢れのない憧れの存在として認識されてきました。同時に、擬似恋愛の対象としてファンをされている方も多いと思います。
そうした存在でありながら普通に恋愛をしてしまう、男の家にお泊りしたり、路上でキスしたりしてしまう。そんなことでは、擬似恋愛の対象としていなかったとしても穢れたイメージしか残りません。
加えて、アイドルは他のタレントなどと異なり、ファンの支えによってのみ成立しています。従って、そのファンを失望させたり、裏切ったりすることは断じて許されないのです。

アイドルというものは、あくまで夢の中で戯れ、かりそめの幸福感を得るものです。おっしゃる通りに実際に交際出来るわけでもないし、現実世界での結び付きを本気で求めるファンは居ません。
色恋沙汰に現を抜かすくらいなら、より良いステージングのためにレッスンに励んだり、精力的なファンサービスを心掛ける。そんなアイドルだからこそファンは熱く応援し、ひと時の夢に浸ることが出来るのです。
例外として、十数年後に「実は、あの時に恋愛してました」はアリだと考えています。要は、ファンを夢から醒ませないことが大事であって、完璧に隠し通せるのならアイドルが恋愛しても良いと思います。ですが、今の情報化の時代で、それは甚だ難しいでしょう。

アイドルの恋愛禁止は、大原則です。もし、恋愛を容認するアイドルがいたとしても、僕はそれをアイドルと認めるつもりはありません。
80年代のアイドルは気高くて意識も高い、ファンにとって崇拝するような存在でした。誰でも気軽にアイドルになれてしまう今の時代にはそぐわない面が多々あるにせよ、その存在意義に係わる根幹部分として、この原則は決して変わらないと確信しています。

投稿: santa | 2018/05/24 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/66745242

この記事へのトラックバック一覧です: 乃木坂46の総合力:

« 少女との別れの始まり | トップページ | 忌むべきダークサイドの演出 »