« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018/03/26

さくら学院の卒業と別れ

さくら学院

さて、この時期といえばさくら学院の卒業シーズンなわけだが、例年通りの卒業式を念のため取り上げておきたい。
今期は山出愛子岡田愛岡崎百々子の三人が卒業したが、最も関心の高かったのは岡田愛の去就について。さくら初のおはガールなど、昨今の現役生として出世頭のめぐは、なんとニュースキャスターを目指すらしい。
キャラ立ちする割りに知性派のめぐは学業に専念して学者にでもなるのかと思ったが、少々意外な方向性である。報道系の場合、あまり個性を出せないのがもったいない気もするが、どうか頑張って欲しい。
愛子のシンガー・ソングライターは想定済み。ただ、百々子海外留学というのは果たしてどうだろう!? どうもこの「海外留学」というのが、僕は好きではない。
アイドルが卒業・脱退する際の「言い訳」に使われるせいでイメージが悪いのだろうが…少しばかり留学して多少の英語を覚えたからといって、日本で生活するのに必要なわけではない。海外の文化や生活に触れることは良い経験になるとは思うが、若い十代の内にしなければならないことなのか?? 単純に疑問に感じてしまう。
まあいずれにせよ、今回の三人は引退せず事務所に籍を置いたまま、芸能活動していくという認識で良いのだろうか。百々子は親が有名芸人なので、その気になればいつでも復帰出来そうな按配でもある。
このところ卒業即引退という流れが続いていたので、とりあえずは無難な卒業になったとしておくべきか。

もうひとつ、この卒業に関して話題になっているのが、恒例の在校生と卒業生OGらによる集合写真である。
ほぼ確実視されていた、BABYMETALのメンバーの姿が見えない。毎年必ず写り込んでいただけに、これは異例といっていいだろう。
最も不穏に感じられたのが、さくら愛が人一倍強かった水野由結が不在という事実。昨年末のショッキングなライブ欠席もあり、もう半年以上も写真ですら、その姿を見せていないのだ。
相変わらずメディア露出を徹底的に制限した状態が続いているが、ドルヲタ寄りのメイトからは大きな不満が燻り、徐々にフラストレーションが限界に近付いているように感じる。飢餓商法などと揶揄されているが、文字通り飢え死に、つまり他界者が続出してしまう事態になり兼ねない。
個人的にも、ここまで隠されてしまうと、正直いって気持ちが冷めてきてしまった感が否めない。5月からのツアーも徹底したファンカム規制などにより、まともに姿も見られないとなれば、そろそろBABYMETALにも見切りをつけることになるかも知れない。

卒業の季節というのは、別れの契機でもある。さくら学院を巣立ったとはいえ、本当の成功を掴んだのはみよまつ三吉彩花松井愛莉)やBABYMETALくらいのものだろう。引退して消えた子も数知れず、初代生徒会長に至っては契約を切られ動静不明という有り様である。
そんな現実を見せられ、ずっと良き時代の記憶に回顧していた。ゆいもあ水野由結菊地最愛)のさくら学院、ソニスフィアの頃のBABYMETAL。そのどれもが、眩く輝く思い出の断片である。
さくら学院の卒業というのが、アイドルを極めた上での新たな出発点であって欲しい。叶わぬ願いと分かっていても、ひた向きにまい進した少女らの純真さが、今でも僕の心に訴えかけるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/20

混沌に見つける個の魅力

池間夏海

最近は地下アイドルの類いに関心が向いている気がする。これは良い意味ではないが、別に悪い意味でもない。
アイドルの世界全体が閉塞する中で、メジャーどころの輝きが失われ、地下を含めた将来性ある素材にまで目が向いているのだろう。
地下というのは如何せん見通しが良くないもので、断片的な情報だけで善し悪しを判断せざるを得ない面が多々ある。ただそこには、素人同然であるが故に、一切の飾り気のない自然な少女の可愛さが潜んでいるような気もしている。
ある少女が全国区に頭角を現したのを機に、地下ならではの将来性を感じ得る天然素材に着目してみようではないか。

沖縄のローカルアイドル、幼少期には子役の経験もある池間夏海が、このほど「シーブリーズ」のCMヒロインに抜擢された。
アイドルというよりは、ダンスユニットにて激しいダンスに打ち込んでいた彼女だったが…あまりにローカルな活動ぶりを見るにつけ、実にもったいないと度々感じていた次第であった。
(参照:待ち望まれる子役の新時代
ようやくというか、遂に日の目を見る時が来たか、という感じ。CMが公開され始めて間もないが、評判も上々のようだ。
いかにもイメージ通りの爽やかな内容で、スラリとした成長を遂げた少女ならではの美しさが、よく映えている。子役をしていた頃の幼い可愛さとは違う、しなやかな肢体が健やかな少女美を感じさせているようだ。
見た目の印象と裏腹に、アクション女優の夢も語るなど、非常にアクティブなタイプらしい。個人的には、もっと女の子らしさを大切に活躍して欲しいところだが、今後も様々な分野にチャレンジしていってくれることを願おう。

以前に一度取り上げた、福岡のロコドルメンバーである柳美舞。この子も、成長が待たれる隠れた逸材といえるのかも知れない。
清廉な顔立ちであるが、ややクセのある雰囲気も否めない。「橋本環奈の再来」は過大評価だろうが、成長後の容貌が予測しづらいタイプでもあるといえるだろう。
例えるなら、現BABYMETAL菊地最愛も幼少期は正直微妙だった。だが、成長と共に洗練され美少女へと進化した経緯から、この子にも同様の確立変動を期待したいところ。先物買いの美少女好きなら、目が離せない存在に違いない。

前記事でも言及した小学生アイドル。規制の厳しい現代といえど、探せば意外に在るもので、そこそこ可愛い女の子を含むユニットもちらほらと見受けられる。
やはり九州の「佐賀乙女みゅー☆スター」というユニットの、七海りのんという子。いわば幼さ補正といわれれば仕方ないが、それでも小動物系の際立つ可愛さがあり、まさに小学生アイドルに相応しい存在感を有していると思う。
二人組のユニットとして見た場合、若干公開処刑の感が出てしまうのは残念なところ。この点をいうなら、双子のHANA&MOMOは抜かりないなと感じてしまった所以でもある。
七海りのん

メジャーを含めたアイドルの世界は維持されているかに見えて、実のところ、大幅に縮小している。そうはっきりと感じ始めてから、僕の視点は自ずと個の素材を追い求めるようになった。

採算を度外視する傾向のある地下アイドルの類いには、未だ良い意味での無法地帯が広がっている。その混沌の只中に埋没した、可能性を秘めた原石を発掘する愉しみ。そんなささやかな戯れが、僕のしがない「生」に彩りを与えている気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/11

美少女という希望の灯火

あまのひにゃさく

目蓋の上辺りに稲妻のような激痛が走った。思わず頭を抱えて、身動きひとつ出来なくなってしまった。
只事ではない痛みに戸惑い翻弄されつつ、脳神経外科を受診した。どうやら、三叉神経痛というやつらしい。
つい以前には、肩の腱が石灰化する病に侵され、腕が全く上がらない始末になったことがある。そしてこの耐え難い神経痛ときたら…老いを深める身体は、確実に朽ちてきているようだ。

取るに足らないこの命、別に捨ててしまっても何も惜しくないし、誰も困らないし悲しむ人間もいない。ただ、中途半端に病魔に侵され、無駄に苦痛に喘ぐのだけは御免である。
死というものを意識する時、恐怖心を感じないといえば嘘になる。しかしながら、苦しみながら何の救いもなく生きるよりも、恐らく自ら死を選ぶのだろうと思う。生きるというのは、たとえ僅かでも未来に希望や喜びがあってこそ初めて意味を持ってくる。
それらをほとんど有していない人間にとって、病に苦しみつつ生きることは単なる苦行になってしまう。健康問題に起因する自殺者が絶えないのは、十分に理解出来る話だ。

少女の生き生きとした生命力、そして瑞々しいまでの美しさ。僕の命をかろうじて繋ぎとめているのは、そんな少女美を生涯を賭けて追い求め続けたからに他ならない。
とりわけ幼くあどけない美少女に至っては、まるで愛娘を見るような感覚で癒されている。こういうことを言うと、大抵はロリコンと罵られるのだろうが、家庭を持ち人並みの生活を過ごしている一般人には一生分からない感覚だと思う。
平凡でいて愛らしい、そういった要素を有する少女を探しては擬似体験しているだけともいうことが出来る。地下アイドルに辛辣な僕ではあるが、稀に見つける癒し成分を含む少女らを紹介させて欲しい。

名古屋のDIANNAプロジェクトに属する小学生ユニット「あまのひにゃさく」が、気にかかっている。
練習生ということで、パフォーマンスに関しては評価出来るレベルにはないが…地下にしては比較的可愛い面子を集め、小学生ならではの幼さもあって、まさに愛娘感の強いヒーリング効果を発している。
最年長(といっても六年生)の天野里音が色黒なのが少々気になるが、他の二人はかなり良い感じだ。巷では最年少の服部桜子が人気らしいが、個人的には、後藤ひなたがクセのない顔立ちで最もバランスのとれた可愛さと感じる。
たとえお遊戯レベルだとしても、これなら全然構わない。発展途上感際立つ初々しさは、この年代ならではだし、誰しもが娘にしたいと妄想してしまう魅力があるだろう。
やたらと規制だ何だのいわれるご時勢だが、小学生アイドルはどんどん増やして頂きたいところ。

同じく愛知を拠点に活動しているらしい、双子のアイドルユニットHANA&MOMO」。知る機会の非常に少ないローカルぶりだが、たまたまネット上に上げられた画像から、かつて覚えたときめきが蘇るようであった。
もう十年以上前になるが、徳島のロコドル「コニーズ」という二人組に魅了されていた時期がある。
(参照:異界に浮かぶ萌ゆる太陽
いかにも平凡で素朴な風情ながら、何ともいえない親近感ある可愛さがよく似かよっている。飛び抜けた美少女というには全く見合わないものの、まるで娘や姪っ子にいてもおかしくない親しみやすさ、心を和ませる安心感というか。
こういった普通っぽい素人ならではの可愛さを得ている存在が、極めて限られているように思える。パフォーマンスや完璧なビジュアルは求めない代わりに、この部分を、これからの地下アイドルには強く求めていきたい。
HANA&MOMO

愚かであればあるほどに、我が信念は微動だにしない。どうか極限まで貶し踏み潰すように扱い、罵詈雑言の如く呼び易い蔑称で罵って頂きたい。人が何を言おうと、この道は決して変わらない。

運命に蹴落とされるようにしながら、この人生の最果てで相見えたものこそ唯ひとつの希望の灯火。衝かれるように、ずっと求めていた幼くも儚い少女美の尊さ、まさにそのものだったのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »