« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017/12/30

2017年アイドル総決算

松野莉奈

アイドル界隈で盛んに囁かれる終末論、その象徴的な一年となった気がする。振り返るほどに暗い話題ばかりが思い浮かび、明るい話題など皆目見当もつかない。
国民的アイドルグループのメンバーが一大イベントの場で結婚宣言したり、事務所の期待を背負っていた有望若手グループがスキャンダルにまみれたりと、あまりにも非常識な現代のアイドルの振る舞いが、この世界の衰退を加速させているかのようであった。
死に逝くアイドル界を象徴するかのように、本当に命を失ってしまう現役の子まで出てきたりして、完全に混沌としてしまった。この暗黒の年を反復するのは気が引けるが、今一度、歴史の谷間をなぞろうと思う。

年が明けていきなり衝撃が走ったのが、私立恵比寿中学松野莉奈の急逝である。
現役メジャーアイドルの急死、それもかつて少なからず注目していた存在だっただけに、ショックは甚だ大きかった。
死という、夢に生きるアイドルとは全く結び付かない対極にあったはずのもの。それらが突然、渾然一体となった違和感が拭い切れず、現実として受け入れるのが非常に困難であった。
僕の中で最悪の印象として、彼女の存在を思い出させたきっかけとなった出来事。この深い悲しみは、忘れることが出来ないだろう。

生命の灯が消える時
輝いていた少女の情景

ハロプロ本体であるモーニング娘。から主要メンバーが卒業発表し、カントリー・ガールズの解体による移籍・兼任の一連の流れ。極めて悪い方向に進んでいたといえるこの流れは、とどまることを知らずに濁流となって若手の未来をも押し流した。
最も期待値の高かった若手のホープこぶしファクトリーの破綻。素行不良、相次ぐ彼氏の発覚、止まらない流出・暴露。予想だにしないスキャンダルの雨あられで、完全に沈没してしまったのが今でも信じられない。
一方で、全く何事もなく有線の賞を獲ったりしているつばきファクトリーが、こぶしに取って代わるのだろうか。レコ大最優秀新人賞も期待されているし、もうハローの未来は、この子らに託すしかないのかも知れない。

相次ぐ主要メンバー離脱
カントリー・ガールズ解体
こぶしファクトリーの終焉

BABYMETALに聞かれるようになったマンネリ感、そして過剰な搾取によるファン離れの傾向。まだごく一部だろうが、このまま運営の姿勢が変わらず、国内における厳しい露出制限までもが続くようなら徐々に失速していくに違いない。
いつまでも新曲も出さずに新展開もなし、高額チケットやコープスペイントで新規参入を拒む、メンバーは生の声どころかSNSさえ許されない。こんなことでは、ベビメタに明るい未来は訪れないだろう。
YUIMETALのライブ欠席により、電撃解散説まで現実味を帯びてきた今、早急に何らかの手を打たなければ危ないのかも知れない。
一方、さくら学院消極的な活動ぶりも相変わらずか。有料配信でのメディア露出に終始し、ライブ回数も少なく、接触は一切NG。
結構良い人材を揃えているだけに、こうしたいかにもな研修扱い、片手間感が実にもったいない。ベビメタ共々、アミューズには色々と反省して来年に臨んで頂きたいと切に願う。

素顔を解き放つ時機
刻まれた少女期の思い出
BABYMETALの不安な先行き

終焉を迎えつつあるAKB48の時代。いわば、素人をアイドルに仕立て上げる危うさを体現したかの惨状を露呈しているようにも思える。
突如としてアイドルが公の場で結婚発表する、漫画でもないような馬鹿げた話。正直いって、呆れてものも言えないほどであった。
かつて頂点を極めたAKBがこの有り様なのだから、アイドルの世界が終わるのも無理はない。必然的に、興味・関心の中心は単純に可愛い女の子子役やモデル若手女優へと移っていった。
今年ブレイクした浜辺美波を筆頭に、子役の大里菜桜、モデルの林芽亜里花田姫佳など、気になる存在は幾つか見付かった。来年も、下り坂のアイドル界隈よりも、フレッシュな子役やモデルへの注目は増しそうである。

国民的アイドルの終焉
待ち望まれる子役の新時代
浜辺美波の時代
現世にもたらされた造形美

確実に、暗黒の時代に突入したかに見えるアイドル界。本来であれば全ての人々に夢や希望を与え、生き生きとした活力をもたらすはずが、自己中心的な恋愛スキャンダルに奔走し、名実ともに今ある世界に死を蔓延させようとしている。

長年アイドルを追い続けてきた身として、この終焉を認めたくはない。彼女ら一人一人が、今一度考え直して欲しい。アイドルとは、どうあるべきかを。原点に立ち返り、心の奥底に固い信念を刻んで欲しいのだ。
新しい時代を築き再興を望むのなら、アイドルとファンが一体となり、この困難を乗り越える術を熟考するべき。そんな思いに囚われる、年の瀬であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/12/21

少女と共存したその先に

戸田恵梨香

美しく儚く投影される輪郭は眼を閉じれば、はっきりと浮かんでくる。それを暗闇の中に指でなぞっては、慈しむように、そして噛み締めるようにして何時でも心の中に確かめる。もう二度と帰らないと分かっていても…。
いつか解き放たれた、頑なな心の扉。これまで生きてきた人生において、我が心中に真に波打つ波紋を見い出せたのは、少女の美しさを通してのみであったはず。どこまでも尾を引くように現在に至っている。

近年における出逢った少女の中で、そこまで特筆すべき存在が居たかといえば疑問だといわざるを得ない。ただ、ほんの一瞬垣間見る表情や角度により切り取られた写真などには、印象深い面が見え隠れしたりはするもの。
かつて、心底魅了された数人の少女らについてはいつか語りたいと考えているが、今回は瞬間的な少女美を覗かせた少女に関して、今一度振り返ってみたいと思う。

今や一流女優の仲間入りしたといっていい、戸田恵梨香。彼女の正真正銘、初めての写真集が「内緒なじゅもん」。この中で、まだあどけなさが色濃い面影を切り取った写真が殊更印象に残っている。
まるで非の打ち所がない美少女ぶり。高い次元の端正さと、幻惑的とも形容出来る美少女像には驚くばかりであった。現有名女優の中では、抜きん出た少女美を有していたと断言出来るに違いない。
星野悠月

ジュニアアイドル的活動を経て、モデルになった星野悠月も忘れられない。有名写真家による数多くの水着写真が今でも見られるが、当時としては、かなりハイクオリティなものが多かったと記憶している。
華奢な身体つきと白い肌が実に少女然としていて、独特の髪型と整った顔立ちもあって、まさに少女版アジアンビューティーという雰囲気であった。向こう数十年、残しておきたい傑作写真が多く存在し、今なお一見の価値はある。

鳴り物入りでハロプロ研修生となった岡村美波は、ソロ活動での堂々としたステージングや高いアイドル性により、新規研修生随一の期待を担っている。
元々、愛らしいルックスと際立つ清純さを有しているが、いわゆる古典的アイドル風の清楚なドレスを着用することで、非常に輝きが引き立つというもの。彼女のイメージを端的に表している点を踏まえ、ベストショットといえるだろう。
岡村美波

中学生の頃より実に30年以上に渡って、選りすぐられた美少女の残像のみを追い求めてきた。記憶に刻まれるほどの存在は、わずか数人に過ぎないが…それでも僕の人生を賭けて、かけがえのない思い出となった事実を認めずにはいられない。
いつしか、それらは僕の一部となり、時として励みとなり窮地に立たされた時の他ならぬ力となった。美しかった少女らの面影が、時を隔てても鮮明に蘇ってくる。確かにこの胸の奥深く、心の中に存在している。この人生が潰える、その瞬間まで。

いつの日にか死の淵にありて、彼の悠久なる時を紡ぐ美少女と共存する夢に逢う。ただ、まどろむほどに麗しく優雅で、穏やかな優しき時に身を委ねる時間を手中にするのだろう。
何処かに堕ちてゆく感覚、抗い切れない奈落の底からの誘惑に呑まれていく。その先には、この上なく愚かで安らかなる甘美な終末が静かに去来していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/08

こぶしファクトリー解散の提言

浜浦彩乃

彼氏と思われる男性と添い寝やキスをする写真が流出した田口夏実が、契約解除となった。短期間の内に、こぶしファクトリーを事実上の解雇となったメンバーが実に三人に。完全に、グループ継続が不可能な状態に陥ったといって差し支えない。
明らかなスキャンダルでありながら、スルーを決め込むと思われたが、ここにきて厳しい処分に至ったのは一定の評価が出来る。しかしながら、相次ぐ悪い意味でのメンバー脱退に見舞われたこぶしファクトリーは、すでに再起不能であることは誰の目にも明白である。(参照:こぶしファクトリーの終焉
こぶしのみならず、Berryz工房の後継者としても本家に泥を塗った形となった。もはや、一刻も早く解散すべき状況である。

この最悪の事態に輪をかけるように、すでにグループを脱退、引退している小川麗奈が胸元を露わにしたセクシーショット、並びに彼氏とのキス動画を自らSNS上にアップし、大変な騒ぎとなっている。
そもそも彼女は、不安神経症によりグループを離れ芸能界引退を公表したはず。それが、彼氏とイチャついた挙げ句、能天気に動画を上げているとは一体どういうことなのか!? ファンを馬鹿にするにも程がある。
こうなると、もう死体蹴りのようなものだが…まともな思考のあるファンならば、こぶしのメンバーの間では彼氏を作るのは当たり前なのだと理解することだろう。たとえ他のメンバーが潔白であろうとも、この悪いイメージは未来永劫ついてまわることになる。
そして、極めていい加減な病名を付けて、ファンを欺いていることも同時に明らかになってしまった。これは不祥事を起こした本人のみならず、事務所の姿勢も問われる大きな問題にまで発展しそうだ。

僕には、こぶしがこういった状況にまで追い込まれるとは、今でも信じられない。研修生で長い年数をかけ下積みをし、ようやく手にしたグループ入り、そしてメジャーデビュー。
他の誰よりもアイドルを貫き、ひた向きな努力を続けてきたはずなのに、一体どうしてしまったのか? 僕が推し続けてきた浜浦彩乃が新ユニットメンバーに選ばれた際の、崩れ落ちるような歓喜の号泣を今も忘れることが出来ない。
こぶしファクトリーは、浜浦彩乃のためのグループだったはず。それを、こんな形で他メンに滅茶苦茶にされるとは思いもしなかった。僕は、何よりもその点において深い憤りを禁じ得ない。

いずれにしても、こぶしファクトリーは終わりである。五人でもグループを継続する旨、アナウンスされているが到底無理な話だ。
グループイメージが、すでに薄汚いスキャンダルで汚れているのに、これ以上ファンがついてくるわけがない。一刻も早い内に解散し、残ったメンバーが汚染されない内に退避させないと手遅れになる。こぶしの看板はハロプロの黒歴史として、永久に葬り去るしかない。
浜浦彩乃が主役のグループは幻へと消えた。僕は、藤井梨央小川麗奈田口夏実という名を決して忘れないだろう。この不届き者らのために、資質ある一人の少女の尊い夢が潰えたのだ。
僕は今、本当に怒っている。久しぶりに、心の底から本当に怒っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/04

BABYMETALの不安な先行き

最近のYUIMETAL(左)

BABYMETALSU-METAL生誕祭洗礼の儀」において、YUIMETAL水野由結)が体調不良により無念の欠席。公演中止かと思われたが、YUIMETAL本人の強い要望によって二人のみで敢行された模様だ。全くもって、前代未聞の事態である。
以前に、アクシデントで一時的に二人になったことはあったが、完全に欠けた状態でライブするのは初めて。YUIMETALの体調が非常に心配であるのはもちろんだが、あまりに異例の事態だけに余計な詮索をしてしまうのも正直なところだ。

メンバーの高齢化により、いわゆるカワイイメタルの存続が危ぶまれる懸念が囁かれる中、実は一方で、YUIMETAL微かな異変も取り沙汰されている節もある。
一時期は病的とされるほどの激痩せしたかと思えば、最近は若干ではあるが肥満の傾向も見てとれた。体型が不安定な十代とはいえ、こうも痩せたり肥ったりしていれば少なからず不審に思われても仕方ない。
特に昨今の肥満は、単純に肥ったというより顔の輪郭が肥大化して、むくんでいるようにすら見えることもある。何か、根源的な体調異変、あるいは精神的な問題があるのではないか!?
これまでは単なる邪推と考えていたが、今回のライブ欠席を受けて、かなり深刻な事態が水面下で進行しているような気がしてならない。

このライブ、かなり演出に凝っていて、メンバーが欠けたとはいえ思いのほか好評だったのは救いであったろう。しかしながら、よりによってSU-METAL中元すず香)の地元広島での一大イベント、これを休んだのは只事ではない印象がどうしても残る。
何かしら思い悩むことがあって、体調を崩したのではないかと推測してしまうのだ。高校卒業を控えた節目の時期にあたり、自身の将来について色々と考えを巡らせているはずだろう。
BABYMETALを続けるにあたって、いつも問題視されるのがゆいもあ水野由結菊地最愛)の先行きである。すぅに関しては実績を積めば積むほどに、歌手としての将来にプラスになる。しかし、ゆいもあにはそれがない。
いくらベビメタを頑張っても、ダンサーになるわけでもなし、国内知名度の低いベビメタでは「元BABYMETAL」の肩書きも通用しないのだ。
つまり、女優など他の道に進んでも、今のキャリアが役に立たない。そうなれば自力で努力を重ねるしかないが、無論、早い時期に決断した方が良いということになる。
もし、ゆいもあに心の迷いがあり、YUIMETALの体調不良という形で表面化したというならば、思ったより事態は深刻であろう。最悪の場合、メンバー離脱による電撃解散というのも視野に入れなければならなくなる。

僕は、最近になってBABYMETAL解散論を持ち出すことがよくあるが、決して解散を望んでいるわけではない。あくまでメンバーの将来、とりわけゆいもあの将来を懸念しての考え方なのだ。
すぅの類い稀な歌手としての才能に疑いはなく、BABYMETALを牽引する力は未だ十分にある。ただ、カワイイメタルの破綻を考えれば、かつての2014年から2015年辺りの盛り上がりは期待出来ないと思う。多少の山がありつつ、現状維持していくのだろう。
すでに来年の大型メタルフェス参戦の予定も発表されているが、これまで通りのワールドツアーに終始するようでは、現状維持も難しくなっていくに違いない。

単刀直入にいうと、ゆいもあが20歳になるまでの二年間を全速力で駆け上がり、最高潮で解散が最も望ましいと考える。無論、前述したような理由によってメンバーが離脱するのであれば、いうまでもなく即時解散ということになる。代わりは誰もいないのだから。
どんな形であるにせよ、メンバーの心情を最も重視した先行きを何より希望している。そして、メンバーのSNSすら許さない過剰な露出制限を緩和し、新展開の何もないマンネリ感の打破という意識も、運営には常に持って頂きたい。
彼女らは、もう十分に大人。プロデュースする側の操り人形ではなく、自らの意思を発信し、チーム一丸となって今後のベビメタを作っていくことが、メンバーの余計なストレスや、ファンのフラストレーションを軽減するのだと信じて疑わない。
ベビメタの、これからに注目である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »