« 2017年11月 | トップページ

2017/12/08

こぶしファクトリー解散の提言

浜浦彩乃

彼氏と思われる男性と添い寝やキスをする写真が流出した田口夏実が、契約解除となった。短期間の内に、こぶしファクトリーを事実上の解雇となったメンバーが実に三人に。完全に、グループ継続が不可能な状態に陥ったといって差し支えない。
明らかなスキャンダルでありながら、スルーを決め込むと思われたが、ここにきて厳しい処分に至ったのは一定の評価が出来る。しかしながら、相次ぐ悪い意味でのメンバー脱退に見舞われたこぶしファクトリーは、すでに再起不能であることは誰の目にも明白である。(参照:こぶしファクトリーの終焉
こぶしのみならず、Berryz工房の後継者としても本家に泥を塗った形となった。もはや、一刻も早く解散すべき状況である。

この最悪の事態に輪をかけるように、すでにグループを脱退、引退している小川麗奈が胸元を露わにしたセクシーショット、並びに彼氏とのキス動画を自らSNS上にアップし、大変な騒ぎとなっている。
そもそも彼女は、不安神経症によりグループを離れ芸能界引退を公表したはず。それが、彼氏とイチャついた挙げ句、能天気に動画を上げているとは一体どういうことなのか!? ファンを馬鹿にするにも程がある。
こうなると、もう死体蹴りのようなものだが…まともな思考のあるファンならば、こぶしのメンバーの間では彼氏を作るのは当たり前なのだと理解することだろう。たとえ他のメンバーが潔白であろうとも、この悪いイメージは未来永劫ついてまわることになる。
そして、極めていい加減な病名を付けて、ファンを欺いていることも同時に明らかになってしまった。これは不祥事を起こした本人のみならず、事務所の姿勢も問われる大きな問題にまで発展しそうだ。

僕には、こぶしがこういった状況にまで追い込まれるとは、今でも信じられない。研修生で長い年数をかけ下積みをし、ようやく手にしたグループ入り、そしてメジャーデビュー。
他の誰よりもアイドルを貫き、ひた向きな努力を続けてきたはずなのに、一体どうしてしまったのか? 僕が推し続けてきた浜浦彩乃が新ユニットメンバーに選ばれた際の、崩れ落ちるような歓喜の号泣を今も忘れることが出来ない。
こぶしファクトリーは、浜浦彩乃のためのグループだったはず。それを、こんな形で他メンに滅茶苦茶にされるとは思いもしなかった。僕は、何よりもその点において深い憤りを禁じ得ない。

いずれにしても、こぶしファクトリーは終わりである。五人でもグループを継続する旨、アナウンスされているが到底無理な話だ。
グループイメージが、すでに薄汚いスキャンダルで汚れているのに、これ以上ファンがついてくるわけがない。一刻も早い内に解散し、残ったメンバーが汚染されない内に退避させないと手遅れになる。こぶしの看板はハロプロの黒歴史として、永久に葬り去るしかない。
浜浦彩乃が主役のグループは幻へと消えた。僕は、藤井梨央小川麗奈田口夏実という名を決して忘れないだろう。この不届き者らのために、資質ある一人の少女の尊い夢が潰えたのだ。
僕は今、本当に怒っている。久しぶりに、心の底から本当に怒っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/04

BABYMETALの不安な先行き

最近のYUIMETAL(左)

BABYMETALSU-METAL生誕祭洗礼の儀」において、YUIMETAL水野由結)が体調不良により無念の欠席。公演中止かと思われたが、YUIMETAL本人の強い要望によって二人のみで敢行された模様だ。全くもって、前代未聞の事態である。
以前に、アクシデントで一時的に二人になったことはあったが、完全に欠けた状態でライブするのは初めて。YUIMETALの体調が非常に心配であるのはもちろんだが、あまりに異例の事態だけに余計な詮索をしてしまうのも正直なところだ。

メンバーの高齢化により、いわゆるカワイイメタルの存続が危ぶまれる懸念が囁かれる中、実は一方で、YUIMETAL微かな異変も取り沙汰されている節もある。
一時期は病的とされるほどの激痩せしたかと思えば、最近は若干ではあるが肥満の傾向も見てとれた。体型が不安定な十代とはいえ、こうも痩せたり肥ったりしていれば少なからず不審に思われても仕方ない。
特に昨今の肥満は、単純に肥ったというより顔の輪郭が肥大化して、むくんでいるようにすら見えることもある。何か、根源的な体調異変、あるいは精神的な問題があるのではないか!?
これまでは単なる邪推と考えていたが、今回のライブ欠席を受けて、かなり深刻な事態が水面下で進行しているような気がしてならない。

このライブ、かなり演出に凝っていて、メンバーが欠けたとはいえ思いのほか好評だったのは救いであったろう。しかしながら、よりによってSU-METAL中元すず香)の地元広島での一大イベント、これを休んだのは只事ではない印象がどうしても残る。
何かしら思い悩むことがあって、体調を崩したのではないかと推測してしまうのだ。高校卒業を控えた節目の時期にあたり、自身の将来について色々と考えを巡らせているはずだろう。
BABYMETALを続けるにあたって、いつも問題視されるのがゆいもあ水野由結菊地最愛)の先行きである。すぅに関しては実績を積めば積むほどに、歌手としての将来にプラスになる。しかし、ゆいもあにはそれがない。
いくらベビメタを頑張っても、ダンサーになるわけでもなし、国内知名度の低いベビメタでは「元BABYMETAL」の肩書きも通用しないのだ。
つまり、女優など他の道に進んでも、今のキャリアが役に立たない。そうなれば自力で努力を重ねるしかないが、無論、早い時期に決断した方が良いということになる。
もし、ゆいもあに心の迷いがあり、YUIMETALの体調不良という形で表面化したというならば、思ったより事態は深刻であろう。最悪の場合、メンバー離脱による電撃解散というのも視野に入れなければならなくなる。

僕は、最近になってBABYMETAL解散論を持ち出すことがよくあるが、決して解散を望んでいるわけではない。あくまでメンバーの将来、とりわけゆいもあの将来を懸念しての考え方なのだ。
すぅの類い稀な歌手としての才能に疑いはなく、BABYMETALを牽引する力は未だ十分にある。ただ、カワイイメタルの破綻を考えれば、かつての2014年から2015年辺りの盛り上がりは期待出来ないと思う。多少の山がありつつ、現状維持していくのだろう。
すでに来年の大型メタルフェス参戦の予定も発表されているが、これまで通りのワールドツアーに終始するようでは、現状維持も難しくなっていくに違いない。

単刀直入にいうと、ゆいもあが20歳になるまでの二年間を全速力で駆け上がり、最高潮で解散が最も望ましいと考える。無論、前述したような理由によってメンバーが離脱するのであれば、いうまでもなく即時解散ということになる。代わりは誰もいないのだから。
どんな形であるにせよ、メンバーの心情を最も重視した先行きを何より希望している。そして、メンバーのSNSすら許さない過剰な露出制限を緩和し、新展開の何もないマンネリ感の打破という意識も、運営には常に持って頂きたい。
彼女らは、もう十分に大人。プロデュースする側の操り人形ではなく、自らの意思を発信し、チーム一丸となって今後のベビメタを作っていくことが、メンバーの余計なストレスや、ファンのフラストレーションを軽減するのだと信じて疑わない。
ベビメタの、これからに注目である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ