« こぶしファクトリーの終焉 | トップページ | BABYMETALの不安な先行き »

2017/11/16

無垢な少女にしか求められない夢

さくら学院

前記事で取り上げた、こぶしファクトリーのスキャンダルについて。現在のところ、田口夏実本人も事務所サイドも、何事もなかったかのように完全スルーを決め込んでいるようだ。
僕がAKBGに嫌気が差したのも、この知らぬ存ぜずの姿勢が原因であった。スキャンダル対応としては、最悪のやり方といっていい。
ファンに対して誠意の欠片もなく、最も大切にするべきアイドルイメージを蔑ろにする行為に他ならない。これを放置することによって、こぶしの他のメンバーにまで汚れたイメージを抱かせることになり、結果的に人気の衰退を招いてゆくことになるだろう。
なにか、新体制となったハロプロ悪い意味でも変わってしまった気がする。こうした事が続くようなら、AKB同様、ハロプロにも決別の時が訪れるのかも知れない。非常に悪い流れとなってしまっている。

スキャンダルとか、本当に真っ平御免である。こんな事が理由で、僕の対象年齢が下がっていった節も大いにあるのだ。
行き着く先は安心安全、中学生までの期間限定、育ちの良さが売りのさくら学院というわけである。ある種、無難過ぎる選択といえるのかも知れない。
今回は折角なので、現メンバーの成長や再評価を含めて、注目株の今を確かめておきたいと思う。

吉田爽葉香
さくら加入以来の断トツの推しメン。転入式に突如表れた可憐な眼鏡っ子に大きな衝撃を覚えたのが、今でも懐かしく思い出される。
別に眼鏡フェチでも何でもないが、この子ほど眼鏡の似合う美少女もそう居ないのでは。むしろ、眼鏡を外してる時の方が違和感のある、根っからの眼鏡っ子だといえる。
成長に関しては、典型的な縦に伸びるタイプ。みるみる背が伸び、あの甘えん坊な妹感が抜けて、今やすっかりお姉さんの雰囲気に。購買部でも、しらさき白井沙樹)に任せっきりだったMCを、今では有友緒心を引っ張るほどの話しっぷりで、実に堂々たるもの。
惜しむらくは、発育が急過ぎて劣化の懸念があることと、いかにも用意した感のコメントが多く素の良さが垣間見れないことか。
もう少しゆっくりと成長し、残り二年のさくら時代を存分に輝かせて欲しい。そのひと言に尽きる、屈指の逸材である。

森萌々穂
黒髪、華奢、色白と吉田爽葉香の流れを汲む清純派美少女の一角。元々、子役属性が非常に強く、森セン脚本の映画はもとより、CMでも存在感を発揮している。パナソニックのCMで、お茶の間ではお馴染みである。
いわゆる天然素材としてのぶりっ子キャラが、最も特徴的で個性際立つ。アイドルとしては大きな武器であり、現メンバーの中では最も期待値が高いといっても過言ではないのかも。
以前は顔が小さ過ぎるが故に歯が目立つ傾向が見られたが、最近は良い感じにバランスが整ってきている。ビジュアル面でも期待がかかる。

岡田愛
かつての我が侭ぶりっ子キャラから成長を遂げ、今や高身長の「料亭の女将」を地で行く、しっかりとしたトーク委員長へと。
さくら史上初、おはガール抜擢を手中にした今、最も現役さくらを牽引する存在となりつつあるのは驚くべきことだ。
しっかりするのは良いが、個人的には加入したてで無双していためぐが恋しい思いも。無邪気に暴れる感じが似合うタイプだと思う。
気になるのは、さくら後の進路についてだが…杉﨑寧々白井沙樹の例もあり、優等生は引退する法則が発動してしまう懸念もいささか。
スパッと引退し学業に専念、良い大学に進み、将来は歴史学者や城郭研究者にでもなるめぐも、またアリなのかなと妄想することしきりだ。

新谷ゆづみ
さくら以外にもチャオスマイルズで活躍している割りには、やけに地味な印象があるが、思ったより良いキャラを有している少女であった。
有友緒心との漫才コンビのような掛け合いが印象的だが、それよりは田舎っぺな垢抜けない雰囲気が非常にベストマッチで、そそられるものがある。和歌山の訛りで号令かけるキャラ設定は、森セン最大のファインプレーであったろう。
ビジュアル的には昭和感漂う美少女だが、スタイルも含めてバランス感はあると思われ。レッスン風景での軽装を見た限り、細身ながら最も女子中学生らしいスタイルを有している様子で、個人的な評価は高かった。あとは、髪型をもう少し何とかして欲しいところ。

田中美空
ちゃおガール2016グランプリの際には酷評したが、大分持ち直して、ようやく美少女としての真価を発揮してきた模様である。その節には、「小猿」とか罵って大変申し訳ない。
(参照:待望の転入生情報
さくら岡田愛に続いてのグランプリ加入、チャオスマ宮田くるみと同メンバーと、縁ある繋がりがあり、将来的なおはガ抜擢も見据えられるほどの素材感があると思われる。なにしろ若いだけに、これから更なる確変、可能性を秘めているのは間違いない。
若干天然気味な点以外、キャラが見えないのが難点だが、とりあえずキャッチでも付けたらどうか。HKTの同じ名前の人は気にせずに、単純に「みっくみくにしてやんぞ!」で宜しいのでは!? 当然、異論はあるだろうが…。
相変わらず耳がデカイのは仕方ないとして、やはり髪は下ろした方が断然良いとだけ言っておこう。
吉田爽葉香

少し気が早いが、来年度生徒会長日髙麻鈴なのだろうか。あの英語力を活かすなら、いっそ思い切って海外進出とかすればいいのに。
若いメンバーには良い経験になるし、アミューズは海外実績の多い事務所でもある。まあ育成機関としての扱いなだけに夢のまた夢だろうが、未来ある子供達に惜しげなく投資して欲しいと心より思う。

何物にも代え難い輝ける少女期において、自らの立場を忘れ恋愛に現を抜かし、最も大切にすべきファンの気持ちを裏切る悪しき行為。
アイドルにスキャンダルなど断じてあってはならない。アイドル創成期より受け継がれた原則でさえ蔑ろにされる現代においては、無垢で幼い少女にしか夢を求められないのか。非情なまでの現実に辟易する日々である。

|

« こぶしファクトリーの終焉 | トップページ | BABYMETALの不安な先行き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/66052000

この記事へのトラックバック一覧です: 無垢な少女にしか求められない夢:

« こぶしファクトリーの終焉 | トップページ | BABYMETALの不安な先行き »