« 2017年10月 | トップページ

2017/11/16

無垢な少女にしか求められない夢

さくら学院

前記事で取り上げた、こぶしファクトリーのスキャンダルについて。現在のところ、田口夏実本人も事務所サイドも、何事もなかったかのように完全スルーを決め込んでいるようだ。
僕がAKBGに嫌気が差したのも、この知らぬ存ぜずの姿勢が原因であった。スキャンダル対応としては、最悪のやり方といっていい。
ファンに対して誠意の欠片もなく、最も大切にするべきアイドルイメージを蔑ろにする行為に他ならない。これを放置することによって、こぶしの他のメンバーにまで汚れたイメージを抱かせることになり、結果的に人気の衰退を招いてゆくことになるだろう。
なにか、新体制となったハロプロ悪い意味でも変わってしまった気がする。こうした事が続くようなら、AKB同様、ハロプロにも決別の時が訪れるのかも知れない。非常に悪い流れとなってしまっている。

スキャンダルとか、本当に真っ平御免である。こんな事が理由で、僕の対象年齢が下がっていった節も大いにあるのだ。
行き着く先は安心安全、中学生までの期間限定、育ちの良さが売りのさくら学院というわけである。ある種、無難過ぎる選択といえるのかも知れない。
今回は折角なので、現メンバーの成長や再評価を含めて、注目株の今を確かめておきたいと思う。

吉田爽葉香
さくら加入以来の断トツの推しメン。転入式に突如表れた可憐な眼鏡っ子に大きな衝撃を覚えたのが、今でも懐かしく思い出される。
別に眼鏡フェチでも何でもないが、この子ほど眼鏡の似合う美少女もそう居ないのでは。むしろ、眼鏡を外してる時の方が違和感のある、根っからの眼鏡っ子だといえる。
成長に関しては、典型的な縦に伸びるタイプ。みるみる背が伸び、あの甘えん坊な妹感が抜けて、今やすっかりお姉さんの雰囲気に。購買部でも、しらさき白井沙樹)に任せっきりだったMCを、今では有友緒心を引っ張るほどの話しっぷりで、実に堂々たるもの。
惜しむらくは、発育が急過ぎて劣化の懸念があることと、いかにも用意した感のコメントが多く素の良さが垣間見れないことか。
もう少しゆっくりと成長し、残り二年のさくら時代を存分に輝かせて欲しい。そのひと言に尽きる、屈指の逸材である。

森萌々穂
黒髪、華奢、色白と吉田爽葉香の流れを汲む清純派美少女の一角。元々、子役属性が非常に強く、森セン脚本の映画はもとより、CMでも存在感を発揮している。パナソニックのCMで、お茶の間ではお馴染みである。
いわゆる天然素材としてのぶりっ子キャラが、最も特徴的で個性際立つ。アイドルとしては大きな武器であり、現メンバーの中では最も期待値が高いといっても過言ではないのかも。
以前は顔が小さ過ぎるが故に歯が目立つ傾向が見られたが、最近は良い感じにバランスが整ってきている。ビジュアル面でも期待がかかる。

岡田愛
かつての我が侭ぶりっ子キャラから成長を遂げ、今や高身長の「料亭の女将」を地で行く、しっかりとしたトーク委員長へと。
さくら史上初、おはガール抜擢を手中にした今、最も現役さくらを牽引する存在となりつつあるのは驚くべきことだ。
しっかりするのは良いが、個人的には加入したてで無双していためぐが恋しい思いも。無邪気に暴れる感じが似合うタイプだと思う。
気になるのは、さくら後の進路についてだが…杉﨑寧々白井沙樹の例もあり、優等生は引退する法則が発動してしまう懸念もいささか。
スパッと引退し学業に専念、良い大学に進み、将来は歴史学者や城郭研究者にでもなるめぐも、またアリなのかなと妄想することしきりだ。

新谷ゆづみ
さくら以外にもチャオスマイルズで活躍している割りには、やけに地味な印象があるが、思ったより良いキャラを有している少女であった。
有友緒心との漫才コンビのような掛け合いが印象的だが、それよりは田舎っぺな垢抜けない雰囲気が非常にベストマッチで、そそられるものがある。和歌山の訛りで号令かけるキャラ設定は、森セン最大のファインプレーであったろう。
ビジュアル的には昭和感漂う美少女だが、スタイルも含めてバランス感はあると思われ。レッスン風景での軽装を見た限り、細身ながら最も女子中学生らしいスタイルを有している様子で、個人的な評価は高かった。あとは、髪型をもう少し何とかして欲しいところ。

田中美空
ちゃおガール2016グランプリの際には酷評したが、大分持ち直して、ようやく美少女としての真価を発揮してきた模様である。その節には、「小猿」とか罵って大変申し訳ない。
(参照:待望の転入生情報
さくら岡田愛に続いてのグランプリ加入、チャオスマ宮田くるみと同メンバーと、縁ある繋がりがあり、将来的なおはガ抜擢も見据えられるほどの素材感があると思われる。なにしろ若いだけに、これから更なる確変、可能性を秘めているのは間違いない。
若干天然気味な点以外、キャラが見えないのが難点だが、とりあえずキャッチでも付けたらどうか。HKTの同じ名前の人は気にせずに、単純に「みっくみくにしてやんぞ!」で宜しいのでは!? 当然、異論はあるだろうが…。
相変わらず耳がデカイのは仕方ないとして、やはり髪は下ろした方が断然良いとだけ言っておこう。
吉田爽葉香

少し気が早いが、来年度生徒会長日髙麻鈴なのだろうか。あの英語力を活かすなら、いっそ思い切って海外進出とかすればいいのに。
若いメンバーには良い経験になるし、アミューズは海外実績の多い事務所でもある。まあ育成機関としての扱いなだけに夢のまた夢だろうが、未来ある子供達に惜しげなく投資して欲しいと心より思う。

何物にも代え難い輝ける少女期において、自らの立場を忘れ恋愛に現を抜かし、最も大切にすべきファンの気持ちを裏切る悪しき行為。
アイドルにスキャンダルなど断じてあってはならない。アイドル創成期より受け継がれた原則でさえ蔑ろにされる現代においては、無垢で幼い少女にしか夢を求められないのか。非情なまでの現実に辟易する日々である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/10

こぶしファクトリーの終焉

こぶしファクトリー

どうやら、こぶしファクトリーが崩壊する模様である。素行不良で契約解除の藤井、不安神経症の小川に引き続いて、男性スキャンダルの発覚でジ・エンドという絵に描いたような三段落ち。さすがに、もうどうにもならない。
メンバーの田口夏実が、彼氏と思われる男性と添い寝する写真がSNS上に流出した。真偽のほどは明らかにされていないが、ホクロなどの特徴が一致しており、画像の加工がないとすれば本人のものとしか見えない鮮明な写り具合いである。

知っての通り、こぶしファクトリーBerryz工房の遺志を継ぐ存在として、多大な期待をかけられた若手のホープであった。それがメンバー不和だけに止まらず、非常に問題のある形での相次ぐ脱退が続き、遂にスキャンダルでトドメを刺された形となってしまった。
個人的には、浜浦彩乃井上玲音が推しメンで、この二人がダブルエースだと勝手に思っている。以前に、突如訪れた二人のロケ地が近所の生活圏であり、その時彼女らが歩いていた道路を「はまれいロード」と名付けたほどだ。
(参照:突然舞い降りたリアル
推しが健在なら良いのか?という話になると、答えはノーである。田口夏実浜浦彩乃との長い付き合いがあり、メンタルの悪影響は計り知れないだろう。加えて、こぶしのイメージは無惨に引き裂かれ最悪の状態に…。アイドルとして考えた場合、ほぼ再起不能と断言して差し支えない。

ファンの間では、早くも残されたメンバーの身の振り方が取り沙汰されている。事実上の解体となったカントリー・ガールズのように、他ユニットへの移籍、もしくは引退も有り得るのではないかと。
酷な話かも知れないが、僕もこぶしファクトリーは終わりだと思う。これ以上続けても、過去の悪い歴史に足を引っ張られジリ貧となり、無駄に苦労を重ねるだけに過ぎない。それよりは、有力メンが心機一転して出直せる方策を練った方が遥かにマシだろう。
こぶしファクトリーの名は、ハロー!プロジェクトにとって拭い切れない汚点になってしまうかも知れない。大変に残念なことである。

アイドルであるのに、なぜ普通の女の子のように振舞うのだろう。飽きたから辞めたい、恋愛したいから彼氏を作る。そんな生半可な性根でアイドルをやれてしまう現代の仕組みがおかしいのか、ただ時代の流れなのか、もう分からなくなってしまいそうだ。
アイドルというのは憧れの対象であり、人々の日常からかけ離れた特別な存在でなければならない。どこまでも清純で穢れないイメージを守り通し、夢の中に生きるような憧憬の念に駆られる尊いイメージ。それが崩れた時、アイドルは終焉を迎えるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/05

少女期の終着駅

伊藤理々杏

数年単位で推しを乗り換えてきている。絶対的な推しが居る期間が大体5年ほど続き、より若く可愛い子を発掘しては推しを変えてきた経緯がある。
今でいえば、やはり5年くらい前から、BABYMETALYUIMETALこと水野由結を推し続けている。しかしながら18歳という年齢に達し、僅かに肥満の傾向が見え劣化の兆候を感じる今、次第に熱が冷め始めているのを自覚している。
それなら彼女に代わる新たな推しが見付かるかというと、現在のところ存在していない。例えば、さくら学院でいえば吉田爽葉香推しだが、最近になって急速に背が伸び大人っぽくなっていて、加入当初と雰囲気がまるで変わってしまっている。長い間、独特の少女感を維持し続けてきた水野由結のクオリティには、遠く及ばないといわざるを得ない。

そういったわけで、次なる推しを探すのに躍起になっているが、まず見付からない。それこそ過去を遡れば、西村知美前田亜季にも匹敵するような10年に一人レベルの少女など、そう居るわけがないのだ。
無論、水野由結のように、溢れ出る清楚な少女感を保持出来る存在も皆無という状況。もうこうなれば、地下でも何でも良いという風な気持ちで血眼になって探しているところだ。とりあえず、目に付いた女の子をメモ代わりにでも、ここに記しておきたい。

もう随分と前にAKBGを見限った僕だが、坂道グループは一定の評価をしているつもり。まず雰囲気が良いし、とにかくビジュアルのレベルが高めだ。殊に、十代アイドル論が根強い僕でも、乃木坂46のビジュアルの良さには高年齢でも許容出来てしまえるほど。
その乃木坂3期生は、若く見所がありそうだ。とりわけ注目したのは、初の沖縄出身者である伊藤理々杏。いわゆる典型的なお人形系なのだが、意外にしっかり者の15歳という印象か。
正直、お人形系も嫌いではないが、この子は特に高い次元で整っていると思う。唯一の欠点は前歯が斜めくらいで、ほとんど気にはならない。キャラ的にも「僕っ娘」属性があったりと(アニヲタ?)なかなかに興味深いものがある。
ただ、こういう系統は齢をとるとケバくなる傾向があるので、今が旬なのだろうか。いずれにせよ、ビジュアルは文句なしである。

芦田愛菜がナビゲーターを務める「子ども安全リアル・ストーリー」にて、エレベーター編に出演していた女の子が気になっている。
横島梨乃という子らしいが、背が高く細身なのは良いとして、非常に地味な雰囲気であった。それほど美少女というわけでもないが、なぜだかやけに印象に残っている。昔、学生時代によくいた「大人しいけど気になる同級生」という風情が郷愁を掻き立てるのかも。
しかし、エレベーターで居合わせただけで不審者扱いとは…前にも書いたが、僕は絶対に困っている女の子に手を差し伸べることはないだろう。(参照:束縛された世界の行く末

相変わらず混沌としているスターダストにおいて、ももクロ下位グループが乱立する中、気になる子も少なからず存在する。
いぎなり東北産というグループの桜ひなの。クリッとした目元と白い肌が魅力的で、平凡さの中にも光るものがあるタイプ。思ったよりアクティブに活動している模様であり、スタダの次世代を担うのには打ってつけの人材なのではなかろうか。
スタダには、CM部門に森崎美月という子がいて注目度が高いのだが、どうにも活動範囲が狭過ぎる。この子が本格的なアイドル活動でもスタートしてくれたなら、かなりポスト水野由結の本命になりそうなのだが…残念である。
桜ひなの

乗り換え列車が見付けられない。今、乗車している列車は、じきに終着駅に着いてしまう。ずっと心の隙間を埋めていたはずの拠り所が消えて、僕は索漠とした孤独という名の駅に置き去りにされるだろう。

果てしなく長く続くレールのように、少女の時が永遠に続いたなら。最も美しく、最も繊細で、最も純粋な瞬間を生きた少女のエピローグ
ただ記憶の中にだけ有ればいい。そう納得させられないまま焦燥感に苛まれ、恋々とした日々を過ごしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ