« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017/10/24

アイドル不変の道すじ

ミラクルちゅーんず!

日曜の朝っぱらから、テレ東の子供向け番組を見ている自分が情けないとは毛頭思いもしない。哀れなドルヲタ中年と罵られるのだろうが、こちとら言うなれば中学生の頃から生粋のドルヲタである。あまりに年季が入り過ぎている。
おかげで、美少女を探知する嗅覚が無駄に敏感になった気がしてしまう。これが少しでも反応したならば、ついチェックしないとどうにも釈然としない。在宅ドルヲタを拗らせた所以である。

アイドル業界において、どれだけ話題を呼んでいるかは不透明な特撮番組ミラクルちゅーんず!」。いわゆる、実写版セーラームーンに近い内容にも思えるが、こちらはあくまでアイドルがテーマ。近年では珍しいケースな気がする。
悪いハートをチューニング!」の決め台詞で人々を改心させるとか、プロデューサーは何かの宗教かぶれなのか!? 邪推すると、ドルヲタのオッサンを悔い改めさせ、更生を促しているようにもとれるのだが…。
というのは、非常に違和感を覚えた場面があったから。サイン会だか握手会だかのシーンで、なぜか客のほとんどが若者で見栄えの良い洒落たイケメンや女の子ばかりだったのだ。そんなわけないだろと。
テレビなので醜い絵面は回避するとしても、現実とのギャップが酷すぎて萎えるものがあったのは否めない。実際、このグループのイベントでは客の大半を子供が占めていて、通常のドルヲタは排除されているようにも映った。
今後、アイドルとして本格的に売り出すのかどうか知らないが、メインの客層にするべきは当然、ドルヲタのオッサンに他ならない。子供や同世代の若者などファンに付けても、すぐ飽きるし金を落とさない。オッサン相手に接触でも何でもやらないと上に行けないという認識は、最低限持つべきだろう。

さて、出演している女の子について。最初の印象では、小奇麗なモデルの卵を選りすぐりで集めた感じ。物凄くアイドルっぽい子や、個性が際立つタイプの子は皆無という雰囲気がありありと出ている。
しかし何だかんだいって、ビジュアルの悪い子はいない。センター?の内田亜紗香は唯一、異色な見た目に思えるが、恐らく髪型が中国人っぽいからだろうか。個人的に気になったのは、小田柚葉という青い子。アモレカリーナ東京というアイドルグループにいたようで、最もアイドルとしてのスキルに長けている印象がある。
そして特筆すべきは、銀色の西山未桜。意外にもちゃおガールオーデ2015の受賞者で、アミューズが捻じ込んだらしい。同郷ということで、モーニング娘。'17森戸知沙希同様、ある程度推せる美少女となるかも知れない。
いずれにしても総じて美形揃いであり、思いのほかダンスのキレもあって好印象があるのは確か。本気で売る気があるのなら、十分に上昇気流に乗れるポテンシャルを秘めているのは間違いない。

子供に夢や憧れを抱かせるアイドル、そう思わせたいのは分かるが、如何せんアイドルの現実とは程遠いものがある。子供がいつか成長し、実際にアイドルの夢を掴んでも、目の前に待ち受けるのは濃ゆいドルヲタとの握手漬けの毎日だ。
給食が不味いから平気で残す。それを簡単に許す。そんな風に子供を甘やかすよりも、本当の現実というものを突きつけてやる方が、よっぽど勉強になるはず。
かつてのクッキンアイドルのように、ドルヲタ排除して子供に夢を与えます。それなら、アイドルなんて名乗るんじゃない。全ての人に公平に分け隔てなく、感謝の思いで返すのがアイドルとしてあるべき道すじ。不変の道程なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/13

BABYMETALに生じる危機感

一夜限りの重音部

先日のさくら学院単独ライブにおいて、一夜限りの重音部、つまりメンバーによるBABYMETALカバーが披露されたと聞いている。
麻生真彩日高麻鈴藤平華乃による構成で、ベビメタ代表曲「ギミチョコ!!」を唄ったようだ。大のベビメタファンで、重音部再結成を熱望していた森萌々穂が外れたのは意外過ぎたが、おおむね好評だった様子である。
しかしながら実際には反響は更に大きく、海外のBABYMETALのメイト、もしくはメタラーにまで話題が波及している。演じた藤平華乃菊地最愛の幼少期に似ていたり、日高麻鈴の英語力などもあって、BABYMETAL本体のメンバー入れ替えにまで言及されたりと、単なるライブの企画モノを凌駕するほどの話題性を見せているようなのだ。

現実問題として、ゆいもあ水野由結菊地最愛)の高齢化により、BLACKBABYMETALの「おねだり大作戦」に違和感が生じる、或いはCMIYCにおいて、最愛すぅの股を潜れない等の弊害が生じ始めている。
ドキモの衝撃から始まったカワイイメタルの導火線が、ギミチョコ!!で爆発した経緯があったが、その後はストイックで重厚なメタル寄りの傾向に楽曲が変わっていったのも、ゆいもあの年齢に合わせたと見る向きがある。
そうはいっても、当然ながらメンバー交代は有り得ず、ゆいもあが辞める時はBABYMETALが解散する時だろう。しかし、こんな風に海外を中心に突拍子もない話が展開され、多大な影響力を目の当たりにすると、つい妄想してしまいたくなるのが人情というもの。

現在のさくら学院において、ゆいもあの代わりが務まるような人材は見当たらない。このことを大前提とし、BABYMETALの波及効果を含めて色々と考えてみたい。
海外、とりわけ東南アジアなどでは、かなり本格的なコピーバンドが見受けられるが…今回は、国内を中心に見ていきたいと思う。

動画サイトにて、なにやら凄いのを見つけてしまったのだが…。BONAMETAL with HAIR-髪-BANDという、いかにもパロディめいたコピーバンドがあったようで、とにかくコスプレの質の高い、そこそこ可愛い女の子達だなと。
だが、それどころかパフォーマンスも相当頑張っている模様。生バンド付きで、ボーカルの子の歌声も負けていない。ちっちゃい二人組が懸命にダンスする様がまた、初期ベビメタを思い出させるようで胸が熱くなる。
これ何がBONAMETALかというと、要はボナプロの子だからじゃないか。現在も、Si☆Stellaというグループでアイドル活動している柏綾菜はネットで見かけたことがあり、意外にお気に入りの子だ。
バックバンドのレベルも高いと思ったら、外国人の有名メイトであるルカメタルが参加していたらしい。元々バンドマンで、ベビメタを愛するあまり、スウェーデンから日本に移住したという人物。とんでもない面々であったのを、今更ながら知らされた次第である。
BONAMETAL

BABYMETALが独自に築き上げた、カワイイメタルというジャンルの確立。時の流れにより、単なる女性メタルバンドへと移り変わる過程において、最も本質的な部分であるkawaiiが欠落し、徐々に危機感を漂わせ始めている。
いたずらにメンバーの若返りを想起したり、出来の良いコピーバンドに心動かされる、複雑な心境に満たされることしきりだ。

今のBABYMETALに必要なことは、メンバー個人の魅力を解放し、年齢を感じさせない大胆な楽曲や演出に原点回帰するのに他ならない。
確実に終わりは近い。だからこそ、最後のその時までkawaiiを忘れずに、信念を貫き通して欲しいと強く願うばかりである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/08

おはガールの新しい顔触れ

岡田愛

かつては話題に事欠かなかったアイドル界隈であるが、ここ最近においては甚ださっぱりという感じ。アイドルの時代は終わったと見る向きがあるが、現在の状況を考慮する限り、あながち間違っていない気もしてしまう。
個人的にも熱量の低下は否めないが、およそ惰性ともいえるアンテナだけは変わらずに張り巡らしているつもり。これに引っかかったものが、近々でいえばこの話題だろうか。朝、テレビを点ける意味ということ。

新しいおはガールの話題で、少々興味深い抜擢があったようだ。
前任の原菜乃華には大きな期待をかけていたが、地黒の印象が抜けず、細長い成長でバランス崩壊と落胆を余儀なくされた。今回はというと、ハロプロからアミューズと幅広いキャスティングでゴリ押し感があるものの、いわゆる各事務所の本気度を感じさせるもの。

ハロプロが捻じ込んだのは、カンガルからアンジュへの強制移籍で振り回された船木結ピザーラCMでマツコと共演等、元々推されている感はあったが、おはガ抜擢で決定的となっただろう。
デビュー当初、個人的に非常に推していた一人だったが…昨今の水着写真集において、雰囲気に見合わないグラマラスボディを披露し、ファンをあっといわせた。単刀直入にいえば、あのあどけない容姿で相当な巨乳というわけである。
好きな人は好きなのだろうが、僕は全く受け付けない。生理的に駄目なのだ。というわけで、たちまち圏外になったふなっきおはガールは、あまり朗報というわけでもない。

むしろ驚くべきは、アミューズが送り込んだ二人、岡田愛宮田くるみの方か。
岡田愛はご存知、さくら学院の最上級生でありトーク委員長、ぶりっこキャラが定番のキャラ立ちポジションである。無邪気に無双する幼い時分から成長を遂げて、MC力も身に付け、この手のアシスタント業はお手の物だろう。
宮田くるみは、ちゃおガールオーデ2014のグランプリ。Ciao Smilesのメンバーでもあるが、それよりはアミューズが、現役の活動が盛んな子をおはガールに推薦した意味が大きい。
さくら学院にせよ何にせよ、そこからのおはガ抜擢の道すじを示すことは、アイドルに不得手なアミューズが多方面へのメディア戦略をかけていることの表れであり、良い兆候だといえる。さくらの子にも、モチベーションになるに違いない。

あと、眉毛の人はどうでもいいが…もう一人の奥森皐月は、実は僕にとって小さなサプライズであった。
ドラマやCMなど子役経験豊富でありながら、私立輝女学園でアイドル経験もあるというマルチな美少女。勝手に「スタダの隠し玉」と思っている。
今ブログでも一度取り上げているが、「親しみやすい美少女」という方向性で秀逸な完成度を誇る、特筆すべき存在だと断言出来る。(参照:少女美の完成型
二年ほど前の自己紹介動画が印象に残っており、非常に可愛かったのを覚えている。今現在でも十分に輝きがあり、どんな朝の顔を見せてくれるのか大変に楽しみである。
奥森皐月

大手事務所が自信をもって投入する次世代の面々。その後の浮き沈みがあるおはガールとはいえ、ひとつの躍進のきっかけとするには十分な足掛かりになるはずだ。

アイドルの時代が下火になる今、あらゆるメディア媒体を通して素質ある少女をアピールして欲しい。この世界が活発になるにつれ、未だ眠る未知なる原石が発掘されることにも繋がるのだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »