« 地下アイドルに必要な信念 | トップページ | 国民的アイドルの終焉 »

2017/06/11

カントリー・ガールズ解体

カントリー・ガールズ

突然にして、わけの分からない移籍・兼任などという発表がなされた、カントリー・ガールズ
嗣永桃子卒業を機に、森戸知沙希梁川奈々美船木結の三人がハロー内の他グループに移籍し、カンガルも一応兼任するという。山木梨沙小関舞の二人は学業優先で、カンガルには残るが限定的な活動のみとなるらしい。
要は、カントリー・ガールズを事実上解体するということなのか!? こういった、いい加減で酷い話をハローで聞くことになろうとは思いもしなかったのだが…。
どこぞのアイドルグループじゃあるまいし、移籍って何なのだ?? 兼任て一体どういうつもりなのか?? そんな中途半端な真似をするくらいなら、いっそ解散した方がまだマシではないか。
アイドルグループというものは、その看板を背負って最後まで人生を賭けるものである。メンバーそれぞれの事情によって、グループ本体の形態が変わるようなことがあってはならない。どうしても避けられない問題が発生した場合には、メンバーがグループを離れるのが通常であって、その逆があってはならないはず。こんなことでは、本末転倒もいいところだ。

今まで、カンガルを応援していたファンはどうなるのだ!? 以前に、アイドルを軽視する若手の問題を取り上げたばかりだが、事務所に至っても、グループを軽視ファンを軽視する姿勢を見せているかのようだ。はっきりいって、呆れてものがいえない。
学業を優先したいとか、他の道に進みたいとか、身勝手な理由でグループを離れるメンバーが後を絶たない現状で、その悪い流れを変えたいという思いから、全く見当違いの暴挙に出てはいないだろうか?
では、同じ理由からモーニング娘。にも同様の処遇が出来るだろうか。出来るわけがない。要するに、事務所はカンガルを見捨てたのだ。
電撃解散となると、森戸を始めとした主力を見殺しにすることになるから、適当な理由付けをして、形だけ残したに過ぎない。山木小関は、ほぼ引退に近い休業に入るので、事実上カンガルは死に体である。見え透いた話というわけだ。

嗣永桃子が、どんな思いでカントリー・ガールズを見つめてきたか。Berryz工房なき後、最前線で若手を引っ張り続け、魂を受け継ぐようにして育て、遂に卒業の決意をした時分には、成長を遂げたであろう後輩達に未来を託したのだ。
この非情なる事実を噛み潰すようなコメントを残していたが、彼女の本心では、湧き上がる悔しさで一杯だったろう。こんな形となって卒業していかねばならないハロプロ最大の功労者に対して、幾分の敬意もないのだろうか。あえて、糞事務所といわせて頂きたい。

アイドルの時代が確実に衰退期に入り、かつて人気を博したグループも次々と没落しつつあるのは否めない。だからといって、最低限守らなければならない約束事があるはず。メインに掲げるイメージを貫くこと、メンバー構成を大幅に変えないこと、そして何より、そのグループの看板を大切にすること。
素人を寄せ集めて阿漕な集金に奔走することが最大の目的なら、何でもアリだろう。しかし、ハロプロは違うはずだ。パフォーマンスに徹したプロ集団であり、彩りある個性と熱い心意気に溢れる、筋金入りのアイドル集団と認識している。
今回の愚策、正直いって落胆を禁じ得ない。もっとストイックに、我が道を往く本来あるべき姿を取り戻して欲しい。カントリー・ガールズの無惨な屍を教訓とし、今一度、反省材料にしてもらいたいと願うばかりである。

|

« 地下アイドルに必要な信念 | トップページ | 国民的アイドルの終焉 »

コメント

こんにちは。

まさにその通りです。

アイドルになる子達の中でアイドルを軽視してるのと同じで事務所も同じですね。

何か最近のハロプロはおかしいですね。
もう軸が無くてブレてる気がします。
プライドだけは高いのがハロプロですがそれは他とは違うものがあってのプライドな訳で最近のハロにはそれが違ってる気がします。

それに昨日研修生の現場で感じたんですがやはり研修生のレベルが高すぎるので研修生をただデビュー前の子達の場所にしておくのは勿体無いですね。もっとアイドルグループとして活動していくべきだと思います。

以前、岡村美波さんのことを書かれていましたがあの子は本物のアイドルになれそうな気がします。
嗣永さんが卒業する前にああいう子にその遺伝子を少しでも残して欲しかったです。

岡村さんもそうですが本当に粒揃いなので研修生にもっと活動して欲しいです
正直もっと研修生ビジネスを展開して欲しいです、グッズも現場では全部売り切れだったし、ファンが熱望してるDVDもいつまでも出さないし、明らかに稼げるチャンスを逃してますね。
逆にデビュー組は無用な握手会漬けでどんどん潰れて行ってるし・・・何かバランスの悪さを感じます。
元々ハロプロはモーニング娘でバラエティーから始まったのだから歴史とかを重んじるのも大切ですがもっとファンを大切にする風土で居て欲しいです
ファンを大切にするということはメンバーが長く安心して活動出来るし、それは新しく入って来る子達の未来にも繋がると思います。
本当カントリーは残念でしたね。。。

投稿: 館の主 | 2017/06/11 15:33

唐突にこういった発表がされる時点で、ファンの気持ちを後回しにしているのが分かりますね。メンバーと話し合いを重ねたとかいってますが信用出来ませんし、どう考えても大人の事情でしょう。
研修生ユニットを増やし過ぎた弊害もあるのでしょうか。人件費など経費がかさんだ結果、採算のとれないカンガルを解体したとか…事の真相は知りようもないですが、何にせよ酷い話だと思います。

研修生を売り込むことに関しては、おおむね賛成ですね。未知数の子が多いだけに、ファンの反応を見る良い機会になりますし、新ユニット結成の際にも大いに参考になるはず。
岡村美波という子は、地下でも注目を集める存在でした。こういった有力な子を揃えてデビューさせることで、少数精鋭の形をとった方が良いのかも知れません。今回のような話は、もう二度と聞きたくありませんし…。

投稿: santa | 2017/06/12 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/65395533

この記事へのトラックバック一覧です: カントリー・ガールズ解体:

« 地下アイドルに必要な信念 | トップページ | 国民的アイドルの終焉 »