« 国民的アイドルの終焉 | トップページ | ハロプロの迷走期 »

2017/06/22

素顔を解き放つ時機

Kornと

いつの日からか、僕の中でBABYMETALは抽象的なものとなっていった。アイドルからアーティストの括りに移行するにつれて、三人の魅力ある少女の存在感が希薄になり、厳格にプロデュースされた故に、甚だ象徴的な意味合いを帯び始めていた。
僕は、BABYMETALの高い音楽性、SU-METAL中元すず香)の天性の歌声、ゆいもあ水野由結菊地最愛)の躍動感溢れるダンス、それらに魅了されながらも、心のどこかで寂しさを感じ続けていた。そう、さくら学院で見せていた、少女らの屈託のない素顔を狂おしいほどに求めたのだ。

今月はLAワンマンからスタートしたBABYMETALだが、「From Dusk Till Dawn」という曲を初披露するなどし、かなりの盛り上がりを見せたようだ。相変わらず曲数は少なめだったが、久しぶりのライブを心待ちにしていた海外メイトには満足のいくものだったらしい。
個人的には、東京ドームで披露した「シンコペーション」が非常にインパクトを残している。メタルのことは分からないが、いかにもな和製のロックという雰囲気がして、とにかく抜群に格好良い。もっと、ライブのセトリに入れてみても良いのではないだろうか?
そして、定番となりつつある大物サポート、KornのUSツアーにも帯同している。過酷なアウェーの地で武者修行かと思ったが、意外なまでにメンバーが楽しんでいる姿が垣間見られ、その最たるものは例によって6月20日に巻き起こったのだ。

チュラビスタでの公演、地蔵がひしめく超アウェーながら、素顔が零れ落ちる嬉しいハプニングが続出する事態に。
CMIYC」で背が伸びたMOAMETALSUの股を潜れずに苦笑い、珍しく果敢に変顔対決に挑んだYUIMETALが直後に振り間違い、極めつけはSU-METALによるYUIMETALバーズデイサプライズだ。
KARATE」のコール&レスポンス中にSUYUIを祝福し、YUIMETALが照れまくる場面が、メタルらしからぬ萌え要素ダダ漏れであった。突然のことにクネクネしながら、ついお辞儀してしまう辺り、もはやYUIMETALではなく完全にさくら時代の水野由結そのものだった。
何だか懐かしいような、胸がときめくような、感極まる喜びの感情に満たされる。たまにはこんな風にミスをしても全然良いし、何よりも型にはめたかの偶像化などよりも、温かみのある交流、それによる飾りない素顔を垣間見れるのがファンには何より嬉しいのだ。
ガチのメタラーやメイトからは散々馬鹿にされるドルヲタではあるが、このYUIMETALの素顔を見てなお、そんなもの必要ないといえるのか!? 僕は正々堂々、ドルヲタの端くれとして、この言葉を声高に叫びたい。
ゆいちゃんまじゆいちゃん
YUIの変顔対決

18歳は合法などと人は揶揄するが、僕にいわせればBABYMETALの三人は、さくら学院重音部の頃からずっと合法のままである。幼い時分から美しく成長を遂げた現在に至るまで、一点の曇りもなく純真でピュアな輝きを放っている。

アーティスト気取りで露出制限。いい加減、もうやめよう。大人になった彼女らは、そのままで十分に魅力的なレディに変身した。
今こそ「個」の存在を見つめ直し、ありのままの素顔という大きな付加価値をプラスする時だ。中元すず香水野由結菊地最愛新しいBABYMETALで、世界中の人々に笑顔をもたらす時代が到来したのだ。

|

« 国民的アイドルの終焉 | トップページ | ハロプロの迷走期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/65443126

この記事へのトラックバック一覧です: 素顔を解き放つ時機:

« 国民的アイドルの終焉 | トップページ | ハロプロの迷走期 »