« さくら学院 際立つ個性 | トップページ | 美少女子役が担う新時代 »

2017/04/05

退屈な新年度の話題

BABYMETAL

新年度となり、何かしら新しい話題も出てきただろうか。目下のところ、来月予定のさくら学院転入式くらいしか興味をそそるようなものはない。
アミューズのさくらベビメタハロプロの次世代組新進気鋭の子役など、あくまで注目ポイントの限られる中、そう目新しい話題が生まれることは有り得ない。それでも念のため、強いて吟味してみることにした。

国内を軽視すると見られたBABYMETALが、「5大キツネ祭り」と題した国内ツアー開催を発表。しかしながら、Zeppクラスの小箱で縛りの多い、いわゆるメイトをふるいにかけた敷居の高いもの。やや落胆の声もあっただろうか。
性別限定やら、子供や老人優遇やら、例によって白塗り限定やらと、これは果たして国内メイトは喜んでいるのだろうか!? もっと普通の国内ツアーで、中規模以上の会場を押さえた方が行きやすいはずだと思うのだが…。
どうせなら地方を回ってくれたら、個人的には嬉しい。在宅の僕でも、さすがに地元に来てくれれば足を運ぶと思う。地方を含めた国内ツアーの要望は意外に多く耳にしているが、現在まで無視され続けているようだ。
まあ、今回の報せは、在宅にとってみれば実りはないといっても良い。いっそのこと、海外の大型フェス参加など話題性の大きいものであれば、国内でも報道するかも知れないし、ファンカムも見られて一石二鳥だ。
これまでなかった南半球、オーストラリアや南米などのワンマンやフェス参戦も良いのではないか。ロック・イン・リオの大舞台に立つBABYMETALを見てみたいなぁと、常々思っている。

ハロプロに関して、特に真新しい話題はないが…二年ほど前から芸能活動を休止していた道重さゆみが、ようやく長い沈黙を破り活動再開したようだ。
当然のこととして、年齢的にもアイドルとして活動するわけでもなし、個人的には関心の薄い話題である。しかしながら、彼女の有していた独自のカリスマ性、影響力の大きさからして、現役の若い世代に良い刺激になることは確実で、活性化に繋がればと考えている。
今年28歳になるという彼女だが、久しぶりというのに全く老け込んだり、劣化の気配を見せていないのは見事というしかない。たとえ、歌やダンスが不得手でも、こうした存在感やビジュアルを保持する心構えは、是非とも若い子らに見習って頂きたいと思う。

クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」のインパクトは今も鮮明に蘇るが、福原遥可愛さあっての盛り上がりであったろうと振り返る。その後継番組である「キッチン戦隊クックルン」シリーズは、いわゆる狙い過ぎ(設定に凝り、余計なキャスティングの追加)な演出により、全く話題に上ることすらなくなった。
出演者にはそこそこ可愛い子を起用していたが、「まいん」の爆発力を発揮出来なかったのは至極残念。直球でいえば、アイドルをテーマにしていないし、衣装が可愛くない男の子が要らない、以上である。
ただ、新キャストである土屋希乃という子は、なかなか良さそうな雰囲気。思い切って方針転換し、女の子のキュートさを前面に押し出した演出が出来れば、「まいん」の再来があるかも知れない!? まあ、融通の利かないEテレなので土台無理なのだろうが…。
土屋希乃

一時期に比べ、明らかに精彩を欠いた感のあるアイドルや子役の世界。断片的な注目ポイントはあるものの、全体としては閑散としてきていて、退屈さを感じることが多くなったと思う。

原点回帰して欲しいと心から願う。ファンや視聴者が望むものを、ごく当たり前に提供すること。そして、そこにささやかな感謝の気持ちを込めること。
余計な要素を徹底的に排除し、美少女の可愛さを真っ直ぐに投げかけてくれるだけで十分なのだ。

|

« さくら学院 際立つ個性 | トップページ | 美少女子役が担う新時代 »

コメント

こんにちは。
僕的にはクックルンの笑いに走ってる感じは嫌いじゃないです。
子供に食とか料理に関心を持ってもらうという意味ではこのシリーズは成功してると思います。
確かに大きなお友達感覚としては男の子は要らないですw
でも、昔の「ひとりでできるもん」の流れとは違って男の子も自然と料理を覚えるにはやっぱり必要なのかなと思います。
最近のクックルンは追加キャラの子が可愛いのでそれにも期待したいです。
アズキちゃんにはビジュアルは期待出来そうですがちょっと子供ぽっい感じがするのが僕的に・・・
ハロプロにはつばきの新曲と山崎夢羽ちゃんのような才能溢れる子が早くデビューして欲しいことくらいしか僕には無いですね。

投稿: 館の主 | 2017/04/05 22:02

クックルンは、正直申し上げますと退屈でした。
話題性を追求して「まいん」の頃のようなブームを巻き起こすには、今のままでは、まるで駄目でしょうね。
食育といったテーマのもとに、あくまで子供の教育に役立たせる目的としては、おっしゃる通りかと。
しかし、ドルヲタ的には教育、料理、キャラ設定、全てが余計なものでしかないのが実情です。要は、女の子をいかに可愛く見せる衣装であったり、歌であったり、そこが何より大事なこと。
そうした演出がなければ見向きもされないのは、残念ながら知っての通りの現実でしょう。

土屋希乃という子は、まだ写真で見た程度の第一印象だけです。クックルンはともかく、これからの子役としての活躍にも期待してみたいと思います。

投稿: santa | 2017/04/06 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/65111766

この記事へのトラックバック一覧です: 退屈な新年度の話題:

« さくら学院 際立つ個性 | トップページ | 美少女子役が担う新時代 »