« 退屈な新年度の話題 | トップページ | 輝いていた少女の情景 »

2017/04/17

美少女子役が担う新時代

渡邉このみ他

女優の才能を見極めることはとても難しく、殊に子役の秘めた資質を見い出す眼力は、そう持てるものではない。長いことアイドルを見つめ続けてきた結果、女の子の審美眼には自信を持っているが…確かにその点においては、さっぱりである。
そんなわけで、はっきり申し上げると、子役の最初の評価は見た目の可愛さから入っている。無論、可愛ければ良いというものではないのは承知の上だが、先ずはそこから。否、ドルヲタ的には可愛さが全てといっても過言ではないのだから、これまた仕方ないのである。

ランドセルCMモデルの発表会に、渡邉このみが出ているのが目に留まった。(画像左) 幼かった印象が強いが、10歳の高学年となり、少しだけ大人びた顔立ちに成長し、落ち着きも出てきた感じがする。
ここ最近見かけないと思っていたが、実のところNHKの朝ドラに出演し高評価を得るなど、着実に実績を重ねていたようだ。英語力が中学中級レベルと、勉学にも勤しんでいる様子で何より。近頃の子役は、個人的注目株の大里菜桜にも同様に、英語力が高いのが傾向としてあるのだろうか!?
この発表会には、鎌田英怜奈という低学年の子も出ていて、案外可愛い。(画像右から二番目)ただやはり、目の下のホクロが気になる。
顔に目立つホクロのある子は評価しにくいという事実が、とても残念に思う。
森崎美月

USJのCMを見て以来、僕の中で一躍注目度の高まった子役が、森崎美月(参照:王道アイドルを物思う時
CM子役としての出演本数は未だ少ないものの、美少女としての完成度はかなりのもので、この年齢特有のあどけなさと可憐さを溢れんばかりに有している。
中でも、セガトイズの女の子向け玩具のCMには数パターンあって、そのどれもが煌めくような可愛さに満たされている。この手のCMでは、大抵女の子の棒演技や、わざとらしさで若干萎えるものだが…実に自然、年齢相応の無邪気な雰囲気もあって、妙に癒されてしまうのだ。
出来れば今後、ドラマや映画出演、もっというなら、是非ともアイドルデビューにもチャレンジして欲しい逸材といって良いだろう。

若手の期待する女優が復帰したとの情報も。かつて、実力派の子役として名を馳せた吉田里琴が、吉川愛と名前を変え芸能界復帰を果たしたらしい。
卓越した美少女ぶりはもちろんのこと、存在感のある演技は明らかに並みではなかっただけに、この報せは朗報だといえる。
他には、子役ではないが、モデルで少々気になる子が浮上。ニコプチの専属モデルをしている、林芽亜里という子。たまたまネットで見かけたフォーマルな画像が、やけに印象に残って脳裏から離れない。
声が意外に可愛く、見かけより柔らかな印象があって好感触だ。モデル以外でも、様々な面を見てみたい珠玉の美少女といえるのかも。
林芽亜里

決して見た目だけで判断してはならない、女優の評価。しかしながら、一部の個性派俳優と呼ばれるもの以外では、須らく容姿端麗な人が大成している現実がある。

あえてアイドルの歴史と照らし合わせるならば、少なくとも子役には必須の要素だと断じることが出来る。あらゆる例をとってみても、才能と個性が一人歩きすることを許容する気持ちにはなれない。
これからの新しい時代、その担い手になり得るのは、選りすぐられた美少女子役のみ。異論は一切、認められないのだ。

|

« 退屈な新年度の話題 | トップページ | 輝いていた少女の情景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/65162608

この記事へのトラックバック一覧です: 美少女子役が担う新時代:

« 退屈な新年度の話題 | トップページ | 輝いていた少女の情景 »