« 2017年3月 | トップページ

2017/04/22

輝いていた少女の情景

松野莉奈

二月に亡くなった、私立恵比寿中学松野莉奈さん。今でも時折思い返し、物悲しい気持ちに苛まれるが…動画を探す内に、彼女のソロ曲があるのを見つけた。
僕はエビ中の結成初期、りななんが加入して間もない頃に推していた限りなので、全く知らなかった。「できるかな?」というこの曲は、少女の願望や夢を率直に綴った飾り気のない、りななんらしいナンバーである。
拙い歌声だけれど、一生懸命に歌うりななんは眩いほどに輝いて、胸を打たれるものがあった。生命力に満ち溢れたその姿は、無論、死というものとは全く無縁であり、確かな少女の魂ともいうべき輝きが集約されていたのだ。

心を掴まれて引き込まれるようにして見ていたのだが、最後の語りの部分で、思いがけず号泣してしまった。普段、滅多に泣くことはなく、男のくせに人前で涙を見せる輩を軽蔑しているほどだ。しかし、どうしても心を揺さぶられ涙が止まらなかった。
どうして、彼女は叶えられなかったのか。夢や希望に溢れた未来を、なぜ手に出来なかったのか。そこに確かに存在していたはずの生命は、何処へ行ってしまったのか。全てが無情にも掻き消されてしまったのか。
彼女は、もうこの世にいない。幻のように、儚く消え去ってしまったのだ。あんなにも光り輝いていた命の灯が、こうも簡単に吹き消されてしまうなんて…。

生の延長線上に死があるのではなく、生きている以上、常に死が傍に寄り添っている。生と死は、表裏一体なのだと思い知らされる。
死によって存在が消され、人々の記憶にのみ残される。「心の中で生きている」などと、青臭いことは言いたくない。どんなに愛されていたとしても、いつかは色褪せて忘れられる時が来るだろう。
しかし、僅かな痕跡は残るのかも知れない。これだけ輝いた瞬間が、一生の内に有り得た人であるならば、それは確かだろうと思う。
僕は、りななんの死によって、自らの死を強く印象付けられた気がする。有り難いことに、僕の死は他者に何ら影響を及ぼさず、文字通りの消失でしかないという事実を再認識することにより、自らの終末にのみ意識を集中することが出来るはずだ。
僕はもう、そう長くは生きない。この無様でつまらない人生を、ある程度のところでシャットダウンするべきと考えている。人それぞれの人生、思うがままに生き、もう沢山と思えば死を選ぶのが何より幸せなのだ。

いつか上手に、お別れができるかな?
彼女は死に、僕は生きている。不条理にも思えるが、これも運命なのだろうか。しかしながら、この別れは、胸の内を引き裂くように痛々しく苦しい思いを募らせる。
いつか死の床についた時、開かない目蓋の裏に、輝いていた少女の情景を見るだろう。どんなにか美しく、得もいわれぬほどに光の帯を纏った美少女が歌う、その姿。
信じられないような再会を経て、僕の心に浮かび上がるのは、あの透明感溢れる松野莉奈の輪郭なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/17

美少女子役が担う新時代

渡邉このみ他

女優の才能を見極めることはとても難しく、殊に子役の秘めた資質を見い出す眼力は、そう持てるものではない。長いことアイドルを見つめ続けてきた結果、女の子の審美眼には自信を持っているが…確かにその点においては、さっぱりである。
そんなわけで、はっきり申し上げると、子役の最初の評価は見た目の可愛さから入っている。無論、可愛ければ良いというものではないのは承知の上だが、先ずはそこから。否、ドルヲタ的には可愛さが全てといっても過言ではないのだから、これまた仕方ないのである。

ランドセルCMモデルの発表会に、渡邉このみが出ているのが目に留まった。(画像左) 幼かった印象が強いが、10歳の高学年となり、少しだけ大人びた顔立ちに成長し、落ち着きも出てきた感じがする。
ここ最近見かけないと思っていたが、実のところNHKの朝ドラに出演し高評価を得るなど、着実に実績を重ねていたようだ。英語力が中学中級レベルと、勉学にも勤しんでいる様子で何より。近頃の子役は、個人的注目株の大里菜桜にも同様に、英語力が高いのが傾向としてあるのだろうか!?
この発表会には、鎌田英怜奈という低学年の子も出ていて、案外可愛い。(画像右から二番目)ただやはり、目の下のホクロが気になる。
顔に目立つホクロのある子は評価しにくいという事実が、とても残念に思う。
森崎美月

USJのCMを見て以来、僕の中で一躍注目度の高まった子役が、森崎美月(参照:王道アイドルを物思う時
CM子役としての出演本数は未だ少ないものの、美少女としての完成度はかなりのもので、この年齢特有のあどけなさと可憐さを溢れんばかりに有している。
中でも、セガトイズの女の子向け玩具のCMには数パターンあって、そのどれもが煌めくような可愛さに満たされている。この手のCMでは、大抵女の子の棒演技や、わざとらしさで若干萎えるものだが…実に自然、年齢相応の無邪気な雰囲気もあって、妙に癒されてしまうのだ。
出来れば今後、ドラマや映画出演、もっというなら、是非ともアイドルデビューにもチャレンジして欲しい逸材といって良いだろう。

若手の期待する女優が復帰したとの情報も。かつて、実力派の子役として名を馳せた吉田里琴が、吉川愛と名前を変え芸能界復帰を果たしたらしい。
卓越した美少女ぶりはもちろんのこと、存在感のある演技は明らかに並みではなかっただけに、この報せは朗報だといえる。
他には、子役ではないが、モデルで少々気になる子が浮上。ニコプチの専属モデルをしている、林芽亜里という子。たまたまネットで見かけたフォーマルな画像が、やけに印象に残って脳裏から離れない。
声が意外に可愛く、見かけより柔らかな印象があって好感触だ。モデル以外でも、様々な面を見てみたい珠玉の美少女といえるのかも。
林芽亜里

決して見た目だけで判断してはならない、女優の評価。しかしながら、一部の個性派俳優と呼ばれるもの以外では、須らく容姿端麗な人が大成している現実がある。

あえてアイドルの歴史と照らし合わせるならば、少なくとも子役には必須の要素だと断じることが出来る。あらゆる例をとってみても、才能と個性が一人歩きすることを許容する気持ちにはなれない。
これからの新しい時代、その担い手になり得るのは、選りすぐられた美少女子役のみ。異論は一切、認められないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/05

退屈な新年度の話題

BABYMETAL

新年度となり、何かしら新しい話題も出てきただろうか。目下のところ、来月予定のさくら学院転入式くらいしか興味をそそるようなものはない。
アミューズのさくらベビメタハロプロの次世代組新進気鋭の子役など、あくまで注目ポイントの限られる中、そう目新しい話題が生まれることは有り得ない。それでも念のため、強いて吟味してみることにした。

国内を軽視すると見られたBABYMETALが、「5大キツネ祭り」と題した国内ツアー開催を発表。しかしながら、Zeppクラスの小箱で縛りの多い、いわゆるメイトをふるいにかけた敷居の高いもの。やや落胆の声もあっただろうか。
性別限定やら、子供や老人優遇やら、例によって白塗り限定やらと、これは果たして国内メイトは喜んでいるのだろうか!? もっと普通の国内ツアーで、中規模以上の会場を押さえた方が行きやすいはずだと思うのだが…。
どうせなら地方を回ってくれたら、個人的には嬉しい。在宅の僕でも、さすがに地元に来てくれれば足を運ぶと思う。地方を含めた国内ツアーの要望は意外に多く耳にしているが、現在まで無視され続けているようだ。
まあ、今回の報せは、在宅にとってみれば実りはないといっても良い。いっそのこと、海外の大型フェス参加など話題性の大きいものであれば、国内でも報道するかも知れないし、ファンカムも見られて一石二鳥だ。
これまでなかった南半球、オーストラリアや南米などのワンマンやフェス参戦も良いのではないか。ロック・イン・リオの大舞台に立つBABYMETALを見てみたいなぁと、常々思っている。

ハロプロに関して、特に真新しい話題はないが…二年ほど前から芸能活動を休止していた道重さゆみが、ようやく長い沈黙を破り活動再開したようだ。
当然のこととして、年齢的にもアイドルとして活動するわけでもなし、個人的には関心の薄い話題である。しかしながら、彼女の有していた独自のカリスマ性、影響力の大きさからして、現役の若い世代に良い刺激になることは確実で、活性化に繋がればと考えている。
今年28歳になるという彼女だが、久しぶりというのに全く老け込んだり、劣化の気配を見せていないのは見事というしかない。たとえ、歌やダンスが不得手でも、こうした存在感やビジュアルを保持する心構えは、是非とも若い子らに見習って頂きたいと思う。

クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」のインパクトは今も鮮明に蘇るが、福原遥可愛さあっての盛り上がりであったろうと振り返る。その後継番組である「キッチン戦隊クックルン」シリーズは、いわゆる狙い過ぎ(設定に凝り、余計なキャスティングの追加)な演出により、全く話題に上ることすらなくなった。
出演者にはそこそこ可愛い子を起用していたが、「まいん」の爆発力を発揮出来なかったのは至極残念。直球でいえば、アイドルをテーマにしていないし、衣装が可愛くない男の子が要らない、以上である。
ただ、新キャストである土屋希乃という子は、なかなか良さそうな雰囲気。思い切って方針転換し、女の子のキュートさを前面に押し出した演出が出来れば、「まいん」の再来があるかも知れない!? まあ、融通の利かないEテレなので土台無理なのだろうが…。
土屋希乃

一時期に比べ、明らかに精彩を欠いた感のあるアイドルや子役の世界。断片的な注目ポイントはあるものの、全体としては閑散としてきていて、退屈さを感じることが多くなったと思う。

原点回帰して欲しいと心から願う。ファンや視聴者が望むものを、ごく当たり前に提供すること。そして、そこにささやかな感謝の気持ちを込めること。
余計な要素を徹底的に排除し、美少女の可愛さを真っ直ぐに投げかけてくれるだけで十分なのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ