« 王道ハロプロへの期待感 | トップページ | ニューフェイスの再評価 »

2017/03/05

国内軽視の傾向

BABYMETAL

海外重視の姿勢を貫くBABYMETALなのだが…それは見方によっては、国内を軽視していると取られかねない一面も抱えているといえる。
昨年末から、主に海外の大御所メタルバンドのサポートに徹した活動に終始しているが、この間、国内ファン向けのライブなどは一切行われていない。東京ドームの盛況ぶりは未だ記憶に新しいが、今思うと、あれだけ熱く応援する国内ファンをないがしろにするような事があってはならないし、運営側もそんなつもりはないと信じたい。
ただ、ここにきて、古参メイトからも不満が噴出していると聞いている。あまりにも、国内を軽視してはいないか?と。

このほど、全国主要都市の映画館において、BABYMETALの軌跡を辿るフィルムツアーを開催することが発表された。そうはいっても、要するに既に映像化されている過去のライブを上映するだけのようだ。
これには、何らかの国内活動を待ち望んでいたファンの多くが不満を訴えている。海外における地道なライブツアーによって、今の地位を築いてきたBABYMETALが、よりによって国内に向けてのあからさまな搾取を露呈してしまうとは…。非常に、つらいところだ。
いうまでもなく、ファンの多くはライブが見たいのだろう。運営側は、どうも求められているものが理解出来ていないようである。

あくまで在宅のドルヲタとしては、もはやアーティストの側に行ってしまったベビメタがライブをやろうとやるまいと、あまり関係はないのかも知れない。それでも、こうしたメイトの苦しい心情は理解出来るつもりだ。
そもそも、なぜBABYMETALは海外を重視するのだろうか。海外でドキモが話題を呼び、ギミチョコ!!で火が点いたのは確かだ。その勢いに乗るのは当然としても、国内海外を均等に活動展開していく選択肢はなかったのか!?
思えば、2014年の武道館からの初海外ツアー、そしてソニスフィアの大舞台へと。あの頃が最も熱かったし、国内外を問わず盛り上がっていたように思えてならない。あの時期に、こんな不満はなかったはずだ。

先日、かねてよりBABYMETALを絶賛していた歌手の加山雄三が、メンバーらと写真撮影したことを明かした。ただ、どういうわけかベビメタ側から公開にストップがかかり、少なからず悔しさを滲ませている様子だったと聞き及んでいる。
海外の大物ミュージシャンと率先してフォトセッションし、余すことなく公開してきているベビメタが、どういう理由で国内の大物との写真を公開出来ないのか理解に苦しむ。加山雄三といえば、昭和を代表する歌手であり俳優だ。写真は撮ったけれど公開するなは、あまりに失礼ではないか。
メンバーが私服だったとか、他にお偉方が写り込んでいるとか、色々憶測が飛び交っているが、どうにも解せない。少し天狗になっているのでは?と、揶揄されても仕方ないエピソードだともいえる。
こんなところにも、国内を軽視する歪な体制が見え隠れしているようで、言い知れない不快感を覚えてしまうのだ。

愚かなドルヲタの戯言だと揶揄してくれて構わない。はっきり言わせてもらう。僕は正直に、テレビでメンバーが見たいのだ。
かつてのようにバラエティではしゃぐ彼女らの素顔が見たいし、台湾の時のようなドッキリ企画で癒されたいのだ。正直、もうアーティストなんて沢山だ。露出制限なんて糞喰らえだし、アイドルだった頃に戻って欲しい気持ちで一杯だ。
国内の露出を解禁しろ。さくら学院とコラボしたっていい。一夜限りのMOEHOMETALが見たい。不二家のCMに、ゆいちゃんを出せ。ブログくらい、やったって良いじゃないか。こんなのは、いくら何でもあんまりだ。

つい感情的になってしまったが、これが本音である。メイトからは馬鹿にされるだろうが、今の偏り過ぎたBABYMETALの活動ぶりには苦言を呈さずにはいられない。
とにかく、もう少し国内ファンに向けてのアピール、サービス精神をもって取り組んで欲しいと切に願う。国内のファンを大事に出来ないようでは、たとえ世界的アーティストになったとしても意味はない。
恐らく、メンバーが何より望んでいるのは外人を喜ばせることではなく、さくら学院時代から支え続けてきた日本のファンを想い、感謝を伝えることであるのが明白なのだから。

|

« 王道ハロプロへの期待感 | トップページ | ニューフェイスの再評価 »

コメント

私はBABYMETALにはテレビとか極力出て欲しくなくて、ライブも国内は5~6回ぐらいやってくれればいいかなと思っていて、私は去年も白ミサとDOME2daysの3回しかライブに行ってないからライブが多くても全部は行かないので(2013年からずっと年に2~3回しかライブに行ってないです)
それどころか、もう3人はアメリカに移住しちゃって海外での活動をしやすくしたほうがいいかなとすら思ってます
去年は国内と国外で半々ぐらいだったと思うんですけど、オーストラリア、東南アジア、北欧、南米とかまだまだ行ってない地域もあるので国内2国外8ぐらいの活動でいいんじゃないかなと思ってます
理由は、アイドルの寿命は短すぎるからアーティストとして活動したほうがいいと思うし、国内よりも海外で売れた方が活動期間が長くなると思うので海外で売れることを目指して活動していってほしいからです

さくら学院時代のアイドルっぽい活動に戻ってほしい人を馬鹿にする気持ちは全くないですけど、たぶんそれを望んでいると辛くなるんじゃないかなと…
なにより3人がさくら学院時代と考えていることが違っているし(悪い意味じゃなくて3人が成長したって意味です)

私も3人はかわいいと思いますけど、それだけでライブに行くことはないし、正直3人よりかわいくて綺麗なひとはいっぱいいると思うし、BABYMETALが解散したらたぶん3人をフォローすることはないです(すぅちゃんのソロがいい曲だったらフォローするかもしれないですけど)

今のさくら学院もみんな女優やモデル志望の子ばっかりでアイドルになりたいひとってほぼいないし、もしアイドルになりたいなら入る事務所間違ってると思いませんか?
元々アミューズは基本的にはアイドルのマネージメントをする事務所じゃないので(最近では武藤彩未は例外的ですね)
3人はもちろんですがアミューズとしても大人になったから売れなくなったじゃ困るわけで、当然ですけどBABYMETALが今後できるだけ長く活動できるように(人気がなくなったから解散とかではなく、3人が自分たちの意志でやめたい時まで)少しずつマイナーチェンジしながらマネージメントしていくはずで、そのために武道館前後でアーティストとして売っていく方向にいったと思うので、BABYMETALが2013年途中までみたいにアイドルっぽくメディアにでることはほぼないと思います
本人たちもここ1~2年で話す内容がかなり変わってきているし(特にゆいもあが少しずつ大人になってBABYMETALに対しての意識が変わってきた)、DOME以降は特にもっと上にいけるとか、日本人初とか、誰もやったことがないことをしたいとか世界をより意識しているような発言がより多くなりました
だから、海外での活動はアミューズとウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンタテインメントが決めていると思いますが、3人もそれを望んでいると思います
だからといって3人は国内軽視する気持ちなんてなくて、日本のファンとか海外のファンとかの区別はほとんどしていないと思います
最近サポートが多いのも、KORNとかレッチリとかのビッグアーティストのサポートはまだ知らない人に知ってもらう機会になるからで、できるだけ多くのひとにBABYMETALを知ってほしいだけだと思います

3人も事務所も、大人になったり数ヶ月活動がなかったら興味がなくなるようなファンではなくて半年、1年活動がなくてもアルバムを出したら聞いてくれて、ライブがあったら来てくれるようなファンをできるだけ増やしたいんだと思います

投稿: 通りすがりです | 2017/03/07 13:23

コメント、ありがとうございます。
メンバーの意識改革はもちろんあったでしょうが、ストイックなアーティスト路線に没頭しているかは疑問です。
今でも心の中では、テレビや例えば紅白などにも出たいし、さくら学院をサポートしてあげたい思いはあるのではないでしょうか?
それと、アイドルファンは熱しやすく冷めやすいイメージと思いますが、僕は30年前に好きだったアイドルを憶えているし、今も大切な思い出です。アイドルって決して一過性の感情の発露ではなく、ずっと人の心に残り続け支えになってくれる、かけがえのない存在だと知って頂けたら幸いに思います。

まあ今後アイドル路線に戻すことはありえませんし、今の活動を全面否定しているわけではありません。
おっしゃる通り、海外の大物サポートの展開も、例年の世界ツアーと違った視点でBABYMETALを広めていきたいのでしょう。ただ、もう少しだけ、国内と海外の活動バランスを取ってもらえたらと願うばかりです。

投稿: santa | 2017/03/07 21:26

僕もsentaさんのエントリに同意見です。
やはり国内の活動と海外の活動をバランス良くやって欲しい。
すでに映像化されているフィルムを回されても、なんだかなぁ〜 と思ってしまいます。
僕の本音も、やはり国内の音楽情報番組やバラエティーに出て欲しいし、なんならさくら学院同窓会みたいな企画で、卒業生みんなでのわちゃわちゃした映像を観てみたいw
僕は2014の武道館が初参戦のLIVEで、昨年の東京ドームも参戦しましたが、この時はあまりにも凄すぎて、嬉しい事でもありますがちょっと遠くに行ってしまったなぁ〜 と、正直少し寂しい気持ちもありましたね。
彼女達も海外で頑張って有名になる事を望んでいるのかもしれませんが、やはり心の中では、元さくらメンバーとの時間を過ごしたいんじゃないかと勝手に想像してしまいます。僕的に一番の不満は、BABYMETALがさくら学院時代の事をなかった事のように扱っている事ですかね。思い過ごしかもしれませんが(笑

関係ないですが、Li-sa-Xって小学生の女の子のギタリストが今朝のジップで紹介されてたんですが、BABYMETALのギタリストとして参加したら面白いと思っちゃいました(爆

投稿: kom | 2017/03/09 07:01

アーティストの方向性は分かるんですけど、露出制限が厳しすぎるのには落胆しますよね。
実際、さくら学院の履歴を削除している点からも、アイドル時代を黒歴史として封印する思惑もあるようです。さくら学院あってこそのBABYMETALなのに、こうした措置には憤りを感じるし、全く理解出来ません。
さくら、ベビメタ双方に互いの話題を出すことに制限がかけられているようで、コラボ企画などは、もはや夢のまた夢でしょうね。

>心の中では、元さくらメンバーとの時間を過ごしたいんじゃないか
まさに、これです。僕がずっと推してきた、由結ちゃんの熱いさくら愛。あの気持ちが冷めることなんて到底考えられません。
運営側の戦略はあるのでしょうが、少しでいいからメンバーの本音、希望を取り入れて頂きたいと願ってやみません。

投稿: santa | 2017/03/10 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/64973906

この記事へのトラックバック一覧です: 国内軽視の傾向:

« 王道ハロプロへの期待感 | トップページ | ニューフェイスの再評価 »