« ニューフェイスの再評価 | トップページ

2017/03/20

さくら学院 際立つ個性

LoGiRL最終回

さくら学院における恒例行事のひとつである学年末テスト、これを見る機会にようやく恵まれた。
いわゆる、森センによるドッキリが仕掛けられるわけだが…相変わらず、ある一定の時期になると、メンバーが疑心暗鬼に駆られている。
今回も、いかにもな企画を持ち掛けられ、メンバーが隠しカメラを探しまくる場面があったが、アイドル的にテレビ的にも、企画潰しはご法度なのだと理解出来ていない様は、やはり小中学生ならではといったところか。
そんな状況なので、二段構えの陽動作戦を用いるなど、やけに手の込んだ仕掛けが見られたようだ。偶然とはいえ、LoGiRLが本当に三月で終了してしまうとは、数少ないさくら学院の番組という面では、大変に残念な結果となってしまったが…。

肝心のテストの方はというと、当然の如く珍解答が目白押しだったわけだが…中でも、新谷ゆづみの「生ハゲ」とか頭髪が気になり出したのもあり身につまされたし、倉島颯良の俄然強めな「あっちいけ」も、若干背筋にゾクッとくるものがなかったといえば嘘になる。
順位はかなりの変動があったようで、一位の座を頑なに守っていた岡田愛遂に陥落黒澤美澪奈はともかく小六の森萌々穂にまで追い抜かれてしまった。萌々穂が、20問中18点とか凄すぎる。噂には聞いていたが、本当に出来る子だったのだなと感服しきりだ。
しかし、難しい問題を出せば一位だったのにと、非常に大人げない発言が目立った岡田愛は、上背ばかり伸びても完全にお子様でいらっしゃる様子で何よりである。悔しさのあまり、萌々穂にタックルするのはやめて頂きたい。
最下位争いは、お馴染みのKYG(恐怖のイェーイ軍団)と呼ばれる三人組に。中二の岡崎百々子が最下位というお粗末な結果となったが、なんなら芸人娘を売り文句にしつつ、お馬鹿キャラでやっていけば卒業後も安泰なのでは?と、思わせるほどの酷い劣等生ぶりであった。
まあいずれにせよ、吉田爽葉香歓喜のピヨピヨが萌え苦しくて堪らない、最大の見所だったのは言うまでもないところだろう。

さて、今後のさくら学院に至っては、これだけアクの強い個性派が揃っていれば当面問題なさそうである。恐らくは山出政権のもと、岡田愛が側近として牽引するものと思われるが、これだけの顔触れをまとめる山出愛子の苦労は相当なものとなるはず。
トークやMCの面で存在感を発揮した黒澤美澪奈が抜けた後、その役割は岡崎百々子辺りが担うのだろうか。出来れば、年少組にも何らかの役職を与えてあげたい気持ちは絶えないが…。
個人的には変わらず吉田爽葉香推しを貫く所存だが、岡田愛と、その系統を引き継ぐ「優等生ぶりっ子」キャラを確立した森萌々穂にも大注目である。

次なる転入生では、小等部を補充するのが確実であり、場合によっては想定外の大量加入も有り得る、不透明な情勢といえる。
混沌とした個性の渦と化しているさくら学院への、新たなエキスの注入、それによる化学変化は如何なるものか? この点において、実に楽しみな成り行きである。

|

« ニューフェイスの再評価 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/65043192

この記事へのトラックバック一覧です: さくら学院 際立つ個性:

« ニューフェイスの再評価 | トップページ