« 生命の灯が消える時 | トップページ | 国内軽視の傾向 »

2017/02/17

王道ハロプロへの期待感

モモヒメ元帥

りななん急逝を受け、悲しみのあまり気分が落ち込んでいる昨今、何かしら気持ちを持ち直せるようなものが必要だと感じてやまない。
なんだかよく分からないが、女子が大勢集まってワチャワチャ盛り上がっている感じは、なんとなく心惹かれてしまうのは確か。そんな意味で、最近盛んにリピートしている動画がある。

恒例となりつつある、ハロプロひなフェス抽選会。今年も例によって、はまちゃん大佐浜浦彩乃)が強権発動するのかと思いきや、何やらえらいちっちゃい子が登場し、ハロプロメンバーを斬りまくっているではないか!?
モモヒメ元帥と名乗るこの子は、研修生の清野桃々姫というらしい。こぶつばに注目メンバーが引き抜かれて以来、最近の研修生事情にはさっぱりだが、なんだか凄い子がいたものだ。
本名だとしたら、とんでもないキラキラネームなわけだが…実際には「」どころではない迫力で圧倒する、濃ゆい存在感の持ち主であるようだ。弱冠12歳とは思えない声量、話しっぷり、度胸満点な立ち振る舞い。幼い頃から鍛え上げられると、小学生でもこうなのか?と、しきりに感心してしまうほど。
百戦錬磨のももち嗣永桃子)や工藤遥をイジッたり、アンジュルム竹内朱莉勝田里奈を扱き使ったりと、やりたい放題。相変わらずの下克上三昧だが、実に痛快でもあった。
ハロプロ内での人間関係なども垣間見れるし、色んな意味で妄想して楽しめる良質な映像だと思う。続編が楽しみだ。

ハロプロに関して付け加えるならば、最も新しいメジャーアイドルつばきファクトリーへの期待感に他ならないだろうか。
メジャーデビューシングル「初恋サンライズ」が思いのほか良曲で、目が醒めるような鮮烈さを感じた。非常にスピード感に溢れており、それでいてつばき特有の、少し懐かしい90年代のエッセンスが散りばめられている。実に計算して、よく作られていると思うのだ。
Just Try!」なども、躍動感あるダンサブルな曲調で、練り上げたスキルの高さを遺憾なく発揮している様子。肌の露出が多い衣装のチョイスも、ジュニアアイドルの水着すら厳しく規制されるご時勢において、極めて反骨心に満ちていて好感が持てる。
センターは、やはり判然としないが…サビの部分でのポジションを見る限り、僕の推しである小野田紗栞で確定なのか?? この辺りは、他ユニットと同様に、適当にボヤかしていくのだと推測する。
つばきのメジャーデビューは、これらシングルの売上げは差し置いても、素晴らしい一歩を踏み出したように思えるのは僕だけだろうか。
これからの活動展開、更なる楽曲リリースに大きな期待を寄せるに値する、最高のスタートに違いないはずだ。

アイドルの世界に暗雲の如く立ち込めてきた、ブーム終焉の噂、そして現役トップアイドルの急死という最悪の展開。常に眩しく光り輝いて、希望の灯火にならねばならない少女らにとって、あまりに過酷な状況に時代が動こうとしている。
ハロー!プロジェクトにとっての原点回帰、王道への復権に至っては、以前より変わらず多大な期待を賭けている。才能ある少女の可能性、妥協なきスキルアップ、それに何より選りすぐりの可愛さを、とことんまで追い求めて欲しいと切に願うのだ。

|

« 生命の灯が消える時 | トップページ | 国内軽視の傾向 »

コメント

こんにちは。
更新された時に松野さんの記事も読んだのですがあまりに重くコメント出来ませんでした。
自分が思ったこととすごく同じで・・・ただ自分の場合はまだ両親も健在ですし、それほど死とか考える時が無いんですが、それでも去年父が大手術したり老いを感じるようになって親の老後とかその先の死というものを少し考えるようになってきたので。
本当、松野さんのような毎日をキラキラ頑張って生きてる人が早すぎる最後を迎えて自分のようなただ惰性で生きてるような人間が生きてるのは申し訳なく思ってしまって。。。
運命と言えば簡単なんですけど・・・

最近の話題と言えば清水富美加さんの件がいろいろ思いました。
暴露本の話は・・・清水さんの事務所には昔僕が大好きだった一木有海さんも居たのでちょっとそのことを思い出したりいろいろ・・・
アイドルとかタレントが全員そうじゃないにせよ、そんなことを暴露されたらもう怖くてイベントとか握手会なんて行けなくなります。
つばきに関しては僕は逆意見です。
最近デビューしたグループはみんなスタートが素晴らしい曲で3曲目くらいまで勢いだけで登って行った感じがするんですが、どーもつばきに関しては・・・正直インディーズ曲の方が良かった気がします。
ただ、僕はつばきに対して過大評価してるのでちょっと厳しく見過ぎなのかも知れないのでSantaさんの意見が正しい見方だと思います。
いずれにせよ自分の好きな子が居るグループですので頑張って欲しいですし、売れる売れないよりも毎日を健康でアイドルらしく頑張ってくれたらなって思います。

投稿: 館の主 | 2017/02/19 09:45

りななんの件については本当にショックで後を引きそうです。彼女のためにも、エビ中にエールを送りたい思いで一杯です。
出家の人に関しては、単に不快でしかありません。洗脳されて宗教にはまるのは勝手ですが、握手会等の悪いイメージを広めることは断じて許せません。
ファンに感謝も出来ないような人は、芸能人になる資格などないと思います。直ちに芸能界から消えて頂きたいです。

つばきは、少なくとも楽曲は良い印象を受けています。デビュー前のものも含めて、独特の色も出せているし、決してブレていません。
曲以外の様々な面で扱いが悪かったのは、事務所の反省材料になるとは思いますが…。
おもちゃ箱のようなこぶしも良いですが、つばきの手堅い路線にも注目しています。これからが楽しみですね。

投稿: santa | 2017/02/19 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/64905230

この記事へのトラックバック一覧です: 王道ハロプロへの期待感:

« 生命の灯が消える時 | トップページ | 国内軽視の傾向 »