« 重圧から始まる新年 | トップページ | テレビメディアの存在意義 »

2017/01/15

アイドルの必須項目

メタリカと

相変わらず、これといって特筆すべき話題はない。少なからず気になる話題を強いて挙げるとすれば、BABYMETALの世界展開荒れ模様のハロプロくらいなものだろうか。

大使不在で不安定要素の強い韓国での、メタリカサポートアクトを務め上げたBABYMETAL。日帰りのビジネスライクな活動ぶりを見せ、無事、何事もなく終えられたのは良かったに越したことはないだろう。
メタリカに関しては、常々三人が最もリスペクトしているバンドとして、これまでも度々言及されてきた。ようやくの共演ということで、なかなかに充実したライブを体感出来たのではなかろうか。
そして、ないと思われたフォトセッションも実現。メンバーのカーク・ハメットは、これまでにも撮影に応じてきたが、今回は遂に全てのメンバーと写真に納まることが出来た。
数ある大御所バンドのどれもがそうだが、メタリカの面々もベビメタの可愛さにメロメロなご様子。レッチリに気に入られ、全米ツアーにまでサポートご招待されるだけある、魅力溢れる異色ガールズバンドというわけだ。
ひとつ解せないのが、この世界中に衝撃を与えている共演、フォトセッション等が、日本国内で全く報じられていないという事実。メタリカといえば、メタル界のみならず世界の音楽界においても、間違いなく「レジェンド」である。全盛期のロシア公演では、50万人とも100万人ともいわれる集客を実現している。動画を見たが、とんでもなかった。
そんな伝説的な超大物バンドと共演を果たしたというのに、この扱いは一体何なのか? 今更いうまでもないが、間抜けなガラパゴス脳の国内メディアは、いい加減目を覚まして世界に目を向け、確固たる実績を挙げているアーティストを正当に評価して頂きたい。まあ、言うだけ無駄なのかも知れないが…。

酷使なのか管理が行き届いていないのか知らないが、病人続出で活動休止するメンバーが相次いでいるハロー!プロジェクト
昨年、カントリー・ガールズ稲場愛香が喘息のため、事実上活動を断念し卒業。指原莉乃の推しメンとして脚光を浴びたモーニング娘。'17佐藤優樹も、椎間板ヘルニアで活動休止。少し前には、Juice=Juice金澤朋子が子宮内膜症なんていうのもあった。
このほど、アンジュルム相川茉穂がパニック障害と診断され、無期限の活動休止となってしまったようだ。
極めて心因性のものと思われる病状なだけに、復帰はかなり懐疑的なのではないか。佐藤優樹にしても、フォーメーションダンスを売りにするモー娘。の高度なパフォーマンスに、ヘルニアでは、ついていける気がしないのが正直なところ。いずれにせよ、病気療養を理由に卒業するのでは?との見解が大勢である。
こぶつばなど、勢いのある若手が好調なだけに、非常に大きな不安要素となっている。これで、誰かしらに致命的なスキャンダルでも出ようものなら、ハロプロは完全に停滞してしまう。℃-uteのメンバーが既に幾人かやらかしているが、解散するグループなので悪影響は少なくて済んでいる。
アンジュルムは、個人的には興味の薄いグループだが、本体に次ぐ主要ユニットであることに変わりはない。綻びが見え始めたハロプロの行く末を案じると共に、各メンバーの健康管理に一層の注意を払って頂きたいと切に願うばかりだ。

あくまでアーティストとしてのベビメタが世界で躍進し、アイドルの老舗であるハロプロが病人続出という体たらく。極めて対照的に思えるわけだが、まさにそのままアイドル時代の下降傾向を暗示しているようで、どうにも切ない気持ちになってくる。
少女の可愛さは、出来ることなら魅力の一要素でなく、アイドルとしての必須項目であって欲しい。健康的な美しさ、可憐な愛らしさに満ちたアイドル像が人々に再認識され、広く浸透してもらえたら…。そんな思いに、日々心を泳がせている。

|

« 重圧から始まる新年 | トップページ | テレビメディアの存在意義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/64766202

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルの必須項目:

« 重圧から始まる新年 | トップページ | テレビメディアの存在意義 »