« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016/11/23

王道アイドルを物思う時

森崎美月

ももいろクローバーZのアメリカ公演が、非常に厳しい洗礼を受けたようである。想定されていただろうが、現地動員に大変苦慮し、各会場が空席の目立つ状況になってしまったのは否めなかったらしい。
ほぼ半数以上が日本人の遠征組というのを見ても、わざわざアメリカでやる必要があったのか疑問が残る。ただ、積極果敢に海外、特に欧米への進出を推し進めることは決して悪いことではないと思うが…。

こうしたスターダストによる様々な活動を見るにつけ、その複雑な組織図や突拍子もない展開に困惑し、どうにも掴み切れない感覚を覚えるのは僕だけだろうか。
そもそも、スタダのアイドルは奇抜さやイロモノ色を強めた雰囲気が特徴で、正統派という感じではない。それはまあ、特色として良い面もあるのだろうが、何しろアクの強いグループが多く見られ戸惑いを感じてしまうのだ。

ももクロの妹分として、エビ中など複数のアイドルグループを有し、それらを芸能3部から擁している。更にこの芸能3部は女優部門、アイドル部門から成り、他にも少数所属のCM部門など多岐に渡る構成となっていて、とにかく分かりづらい。
このCM部門に属する、森崎美月という子の「USJユニバーサル・ワンダー・クリスマス」CMが素晴らしい出来映えで、最近見た子役CMの中でも殊更印象に残った。
ソフトフォーカスの幻想的な描写に映える、美少女の清廉さ。愛らしい笑顔と端正な容貌が際立つ、絶妙な演出に深く心打たれた形となったわけだ。まさかスタダの子とは思わなかったが、まさしく、らしくないほどの正統派美少女である。

昨年のミスセブンティーンで、モデル活動に移行すると思われた坂井仁香が、予想に反しアイドルとしてのメジャーデビューを果たした。これも意表を突かれた出来事だが…元来、アイドル活動に意欲的であり、愛嬌溢れる彼女ならではだろうか。
ときめき宣伝部というグループの存在は、なぜかおはスタ坂井仁香が出ていることに驚き、そこで初めて知った次第だ。とにかく騒がしく元気溌剌としたパフォーマンスで、いかにもスタダアイドルっぽい雰囲気。売れるかどうかはともかく、坂井仁香がセンターを張るグループならば、華があって良いに越したことはないだろう。

ひとつ、気になった子役の話題も。ご存知、鈴木梨央がシングルリリース、そのリリイベにおいて、明らかにオタオタしいオッサンらとツーショット撮影に応じ、大きな反響を呼んでいた。
人気子役でありながら、オッサンにも優しいサービス精神の良さには感心する。天狗になって大物感を出していたことのある芦田愛菜や、大きなお友達を徹底排除していた福原遥などに比べたら、ずっと好印象である。
ビジュアル面では残念ながら評価外だが、演技の才能はもとより、こういった親近感や優しさには最大級の評価をしてあげたい女の子だ。
ときめき宣伝部

スタダを始めとしたエネルギッシュな印象と奇抜さ、オリジナリティを前面に押し出したアイドルの存在。痛烈な影響力重視の戦略に特化したプロデュースとマーケティングは一理あると認めるが、しかしそれは決して王道ではない。

ただひたすらに、少女ならではの可愛さや清楚なイメージを逸脱することなく、楽曲やパフォーマンスを磨きつつ正統派路線を突き進む。
それこそが王道アイドルの真髄に他ならず、飾りのない、美少女のありのままの魅力に浸れることこそ最も大切なはず。そんな風に物思う、暮れの一時なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/15

微かに残るジレンマ

在校生と卒業生

この時期になると毎度取り沙汰されるのが、紅白出場歌手の予想。毎年のように初出場候補のラインナップに、BABYMETALの名前が挙げられるわけだが、果たして今年はどうだろう。
ナチスコスプレ騒動で欅坂46が消えたのもあり、アイドル枠としての可能性はあるが、普通に考えて確率はかなり低い。海外重視の姿勢を貫いているが故、国内の一般知名度は変わらずに低めであり、出演しても浮くと思われる。
加えて、レッチリツアーの日程との兼ね合いもあり、入念なリハーサルを行うとされる紅白に合わせるのは難しいのではないか。いずれにせよ、ライブ感に優れたBABYMETALにとって出演のメリットは薄く、大方のメイトが紅白に否定的なのは今年も同じようだ。

個人的にはやはり、以前のメンバーの発言から、本人らが出たいなら出させてあげたい思いが募る。ベビメタ来年解散を奨励している僕ではあるが、あくまで例外として、本人らの意思を最も重要視しているのは強調しておきたい。
メンバーらが全く何の迷いもなく、今後もBABYMETALに全力を注ぎたいと願うならば、納得のいくまで活動を続けて欲しいと思う。絶頂期に解散という終わり方がベストだと、ベビメタの功績を鑑みて進言しているに過ぎないのだ。

さて、さくら学院の恒例行事となっている学院祭が幕を閉じた模様である。2014年の、ゆいもあ最後の年から遠ざかっているが…中心メンバー不在、チケット値上がりなどにより、なかなか出向く気持ちになれないまま時が過ぎている現状だ。
(参照:水野由結の涙
各部活動のステージ趣向を凝らした寸劇、父兄に好評なサクラデミー賞など、歌やダンス以外での見所も豊富で充実した内容であったらしい。来年は転入生次第だが、なんとか現場復帰出来ればと考えている。
そして、メイトが待ち侘びた卒業生との集合写真には、ベビメタではないゆいもあの姿が。厳しい露出制限のあるベビメタの活動では決して見られない素の感じが、実に新鮮に映る。ガチメイトな萌々穂には、至極の瞬間だったろう。
この写真での水野由結が「太った」とか「顔がパンパン」とかいわれているが、年頃の女の子だし、多少コンディションの悪い時もある。一枚の写真で、あまり色めき立つのはやめた方が良い。これも、BABYMETAL飢餓商法の弊害なのだろうか。

さくら学院BABYMETALと、殊更に強く心を引き寄せる存在の有り難みを感じると共に、いつかは終わる少女の時に思いを馳せる日々。
少女期の眩い輝きに魅了される一方で、控えめな研修活動に終始するさくら学院と、徹底した露出制限でアーティスト路線をひた走るBABYMETALに対し、微かな憤りと不満感を抱いてしまうジレンマに悩まされる。

ほんの一瞬である少女期に、出し惜しみなく全てをアイドルに捧げて欲しい。そんな思いが、この胸の奥深くに猛々しく木霊するのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/06

ありがとう、ももち

嗣永桃子さて、またひとつの時代が終わりを迎えるようだ。10年以上の長きに渡りBerryz工房の中心メンバーとして活躍し、その後、カントリー・ガールズのプレイング・マネージャーを務めた、ももちこと嗣永桃子芸能界引退を発表した。
来年6月にて、ハロー!プロジェクトを卒業すると共に芸能界を引退、教育の道を志すとのこと。
独特のキャラと対応力の高さにより、バラエティを席巻したももちなだけに、卒業はともかく、引退するとは全くの想定外であった。
ももちは、ああ見えて相当な努力家だし、極めて常識的で真面目な性格でもある。そのままバラエティタレントを続け、散々消費された挙げ句、干されるよりは、ある意味において最も彼女らしい堅実な道を選んだといえなくもないか。

僕は、Berryz工房結成当初から、嗣永桃子に注目していた。当時、まだ幼くあどけない彼女は、自らのキャラ作りを考える余裕もないほどにオドオドし、レッスンにも苦戦した様子だった。憧れの先輩である松浦亜弥と接する時など、赤面し、全く喋れないほどのシャイさを垣間見せていた。今思えば、ああいった姿が本質の一部だったのかも知れない。
メンバー間においては、清水佐紀夏焼雅の同盟からイジリ倒されたり、徳永千奈美と長年に渡り反目し合ったり、菅谷梨沙子から手厳しい扱いを受けたりもした。そんな中、アクの強いメンバーに負けまいと、最もアイドルらしいブリっ子キャラを確立して見せた。

桃子という名に相応しい、ピンクを主とした可愛らしさを強調した衣装に身を包み、まさに王道、プリティアイドルのイメージを完全に自分のものとして定着させた。そして、その固定化されたイメージを徹底して貫いた。
アイドルにとっての最重要項目であるファンサービスに力を注ぎ、独自の握手法を身に付け、MCやトーク力にも更なる磨きをかけた。
夏焼雅のように若干の男の影を感じさせた他メンと違い、ストイックなまでに、スキャンダルとは無縁であったことも付け加えておきたい。
最初のオーデの段階でスキャンダルが出る、男の家にお泊りしようが不倫しようが素知らぬ顔でアイドルを続ける。そんな素人同然の似非アイドルが蔓延る現代において、嗣永桃子ほど頑なにアイドル道を突っ走った人が居ただろうか。
いわゆる、アイドルとしてのセルフプロデュース。自分の魅力を如何にして引き出し、どのようにして活かすのか。それらを緻密な計算のもとに編み出し、十数年間、一切変えることをしなかったのだ。これは、甚だ驚異的なことである。

アイドルの歴史に始まりと終わりがあるとしても、彼女の名前が掻き消されることは絶対に有り得ない。僕は、いちアイドルファンとして嗣永桃子という存在を深く深くリスペクトしているし、多くのファンも同様の気持ちであると確信している。
後世に範を示し、偉大なる存在価値を示した唯一のアイドル、その潔いまでの引退劇。最後にただひと言、この言葉を贈りたい。
ありがとう、ももち。


参照リンク
ももち論 永遠の炎

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/11/03

若手女優への羽ばたき

山田杏奈

アイドル戦国時代の終焉と共に慢性的な子役不況と、歴史に名を残すほどの高い次元にある美少女を追い求めるには、極めて厳しい状況にあるといわざるを得ない。
今、現在において、突出した存在は皆無といっても差し支えない。ただ、一定の水準に達した美少女でありながら、将来性漲る資質を兼ね備えた若手女優候補は、着実に現れてきている。

今からでも東宝シンデレラを選び直して欲しい。そんな気持ちにさせるほど、ここ最近の浜辺美波の活躍は群を抜いているように思える。
数多くのドラマや映画出演を経て、通称「あの花」での主演、ヒロイン役は大いに話題になった。このアニメ実写化に適合するだけの高い美少女性を得ているわけであるが、このほど引き続き、アニメ「咲-Saki-」の実写版ヒロインにも抜擢された模様だ。
普通、アニメで描かれる美少女というのは現実に存在し得ないだけに、実写化に際し違和感を覚えることしきりだそうだ。しかしながら、「あの花」でのめんま役然り、今回に関しても完全にハマリ役といえそうな気配濃厚である。
写真集をリリースした一時期、顔が膨らんだ印象がややあったものの、ここにきてスッキリとした輪郭に戻し、かつての輝きを十分に取り戻したように見える。
(参照:アイドル素人化への危惧
まさにこれから、次世代の若手女優に成長するサクセスストーリーを目の当たりに出来るのだろうか。期待は増すばかりだ。

正統派の雰囲気を身に纏い、非常に強い印象と確かな存在感有する貴重な美少女である山田杏奈。大手のアミューズが、恐らくは最も推している部類の新進若手女優といえるのではないだろうか。
NHKの大河ドラマを始め、桐谷美玲主演の深夜ドラマなどにも出演している。そして最近、北海道出身の若手アーティストによるMVに、ヒロインとして出演しているのだが、これが実に素晴らしい出来映えなのである。
牧歌的な日本の風景に溶け込む、美少女の澄んだ透明感。淡い恋心を描いた平凡なストーリーながら、これだけ心に深い印象を残すのは、やはり正統派の佇まいあっての特別な事象なのだろう。(参照:美少女と云う奇跡
山田杏奈、彼女の類い稀な輝きと才能の発露。僕らは弛まなく流れ往く歴史の中で、ある種の奇跡を目撃しているのかも知れない。
浜辺美波

新たな時代の呼び声に応える新星の登場は、長きに渡り待ち望まれて久しい。アイドルとしてでも、女優としてでも、その中枢部分を形作る本質は、揺るぎない美少女性に尽きるというもの。これだけは固く断言しておきたい。

いつに日にか出逢える瞬間を夢見て、この世知辛く退屈な人生を生きる糧とすること。その待ち焦がれた時が、今あるモノクロームな光景を鮮やかに彩り、こんな愚かな僕にさえ天啓をもたらすのを信じてやまない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »