« ハロプロ海外展開の行方 | トップページ | 若手女優への羽ばたき »

2016/10/21

正統派ならではの企画

さくら学院

正統派アイドルグループであるさくら学院に相応しい、お堅いオファーがあった模様だ。東京都の自転車ヘルメット着用啓発隊に就任、特設サイトにて出演動画が限定公開されている。
内容は、さくら学院恒例の授業風景において、森センと都の講師を交えてヘルメット着用の大切さを学ぶというもの。なにやら学年末テスト課外授業といった雰囲気そのままだが、東京都が絡んだ真面目な講義内容ではある。
そうは言いつつも、生徒会長倉島颯良が三輪車しか乗れないとか、一方で一輪車しか乗れない山出愛子や、サドルを愛撫する麻生真彩、青春してる新谷ゆづみなどなど、細かいながら面白い場面は幾つかあったようだ。

スタントマンによる事故の写真なども見せていたが…ネットで出回っている交通事故のグロ画像とか見せたら、育ちの良いさくらの娘達は卒倒してしまうのではないか?と、妙にSな想像をしてしまった。ちなみに僕なぞはグロ耐性付き過ぎて、どんな酷いのも単なる生肉にしか映らないのだが、それはそれで問題か。
ちょっと引いてる感じの表情が逆に新鮮に見えて、お化け屋敷怪談等の企画が今後あれば面白いのにと、少し思った次第だ。
しかし、明らかに意識して雑にヘルメットを被っていた岡田愛は、さすがだなと思った。イジられて自分に注目を集めようとする心意気は大事だし、なかなかにしたたかで、例えアイドルと違う道を選んでも抜け目のない女性になりそうで怖いのだが…。

余談だが、有友緒心の前髪を見るにつけ、最近もてはやされている前髪のない奇妙な流行に流されているのでは?と危惧してしまう。
よくCMに出ているあの女性(名前は知らない)の極端に短い前髪のスタイルが流行りらしいが、はっきり言って変なだけである。
長年に渡り、アイドルの前髪の重要性を確かめてきた僕からすると、ただひたすらに奇妙、滑稽、不自然、それしか言う言葉はない。
緒心の前髪は、まあ許容範囲ではあるが、あまりおかしな流行に影響されて欲しくはない。アイドル以外の誰がどんな髪型をしようと構わないが、十年後、珍妙な流行ごとの歴史として馬鹿にされると予測する。変なものは、いつの時代でも変なのだ。
有友緒心

ともあれ、こうした堅いテーマに違和感なく当てはまるさくら学院の優等生な雰囲気、いわずもがな純正統派の穢れなき魅力は、アイドル界においても随一だと自負出来るものがある。父兄としても鼻が高い心持ちになる。

だからといって、接触解禁少々過激なドッキリ企画をしたとしても、正統派の道から外れるとは思わない。これからも積極果敢に様々な演出、企画、メディア露出にチャレンジして頂きたいと願っている。

|

« ハロプロ海外展開の行方 | トップページ | 若手女優への羽ばたき »

コメント

岡田さんのヘルメットは台本ありきだと思いますよ。悪い例があると、良い例の説明もインパクトが付加出来ますからね。
っとマジレスしてみます。

投稿: | 2016/10/23 11:39

さくらのステージ上でも台本あるようですが、グダグダになっても良いので、ありのままの素でやって欲しい気持ちもあります。
ただ、めぐはどうなんでしょう? どちらにせよ、キャラの強い子ですよね。

投稿: santa | 2016/10/23 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/64380098

この記事へのトラックバック一覧です: 正統派ならではの企画:

« ハロプロ海外展開の行方 | トップページ | 若手女優への羽ばたき »