« 浮かび上がる距離感の課題 | トップページ | 飯窪春菜の恋心 »

2016/07/28

垣間見える扱いの違い

つばきファクトリー

つんくPの手を離れてからというもの、率先して若手を起用し続け、大幅な刷新を遂げた印象のあるハロー!プロジェクト
良くも悪くも、ベテランと若手のバランスを重視した故に、℃-uteの終末期をスキャンダルで汚す、新ユニット乱発による格差の弊害など、負の側面も数多く露呈してきたように思える。
この内、後者に関して単刀直入に挙げるなら当然のこと、つばきファクトリー問題である。
そもそも疑問だったのが、「何とかファクトリー」という括りで、新ユニットを二つ作る意味。これは、プロデュース能力が素人並みでしかない、清水佐紀による非常に安易な発想から端を発していた。
要は、活動停止したBerryz工房の後継として、かつてのベリキューのように切磋琢磨させる目的で、同じようなネーミングで二つ結成したと考えられる。しかし、その目論見は外れ、埋めようのない格差が生じてしまっているのが現状だ。

いち早くメジャーデビューし、レコ大最優秀新人賞を獲り、オリンピックの応援ソングみたいなものまで提供されているこぶしファクトリー。対して、素人目にも酷い手抜きMVしか作ってもらえず、メジャーは夢のまた夢のつばきファクトリー
あまりにも、つばきのぞんざいな扱いが目に余るわけだが、これは事務所サイドの責任ばかりとは言い切れない部分がある。
メンバーを見渡しても、個性的で喧嘩が絶えないが生き生きしているこぶしと対照的に、皆一様に元気なさげで個性が見えず地味な印象しかないつばき。このまさに光と影の雰囲気が、そのまま今の状態に反映されているようだ。

これほどあからさまに格差を設けるのなら、始めからベリの後継はひとつにするべきだった。今更ではあるが…。
こぶしには、研修生人気メンだった浜浦彩乃や、トレイニーからおはガと注目を集める井上玲音など、エース候補に事欠かない。しかし、つばきにはそれらしい存在が見当たらず、どういった基準で人選したのかも謎が多く疑問ばかりが募るはめに。
ただ、つばきにも個々で見所のありそうなメンバーは居る。唯一、センターを任せられそうな浅倉樹々はダンスの躍動感に優れており、愛嬌ありげな笑顔も魅力的だ。個性の面では、小片リサ薄幸感にも程がある風貌で、少し微笑むだけでハロヲタから怖がられる凄さとか、岸本ゆめのの昭和感満載の自宅から漂う、ミステリアスな貧乏キャラとか、その気になれば掘り甲斐がありそうなのだ。
楽曲の面でも、「青春まんまんなか!」などは、それほど悪くないと思う。もう少し良い作り手を揃えて、固有のカラーを打ち出せれば、今ひとつ冴えないメンバーでも結構映える期待感は増すだろう。
いずれにしても、このままではつばきファクトリーが不憫過ぎる。こぶし同様、きちんと推してメジャーデビューさせてあげて欲しい。
こぶしファクトリー

概して公平に取り扱っているように見えるアイドルの世界にも、やはり格付けは存在する。事務所の力加減に応じて、注力すべきポイントを冷徹なまでに限定しているのは、明白な事実である。

各事務所の方針に口を挟めはしないが…願わくば、少女それぞれ固有の魅力、それらを内面外面問わず見極める眼力を持って頂きたいということ。
才能ある少女らが燻ぶり続け、日の目を見ないまま消えていく虚しさ。この戦国時代の負の遺産は清算し、厳選された少女の素質と個性を解き放つべきアイドルプロデュースの有り方を、今一度問いかけたい。たっての望みである。

|

« 浮かび上がる距離感の課題 | トップページ | 飯窪春菜の恋心 »

コメント

お久しぶりです、こんにちは。
最近はめっきり現場にも行かなくなった僕が言うのも何ですが、おっしゃる通りだと思いますね。
こぶしのオールマイティーなアイドル感に比べて、個々の素質は有るもののグループとしての魅力が全く無いつばき。。。
戦略はイマイチよく分かりませんが、ただいたずらに時間だけが経過してフレッシュ感も薄れて来てる気がします。
メジャーデビュー前にメンバーの追加が必要かも知れませんね。
そもそもこのメンバーの人選に大きく疑問が有るし、ベリの後継という思想自体が僕は間違えだと思います。
岸本さんには研修生の頃から多大な期待を掛けてきましたが、最近はもう伸び悩みに入り始めてる気がします。グループ自体のどんよりした感じが影響してるのは間違いないです。
正直、あの子にはもっとライバルがいて切磋琢磨出来る環境を用意してあげたかったです。
いい子で有ることは間違いありませんが、イマイチ自分の殻を破れないのが現状ですかね。
小片さんに関してはいい子だとは思いますが、他のトレイニーから来た子達に比べて何故この子が選ばれたのか未だに分かりません。
今回研修生から卒業が出てますが、彼女らの方が有能であったことは間違いないです。
ただ、本気を出せば小片さんは何かしらある雰囲気を持ってるのでこれからには期待したいです。
研修生卒業に関しては、残念です。
特に仲野りおんcはつばきに入って雰囲気を変えられそうな存在だったので残念です。
ただ、夏焼新グループが有るのでまだ研修生にも動きが有るかも知れませんが。
まぁ、つばきには今後に期待しましょう。。。

投稿: 館の主 | 2016/07/30 08:40

個人レベルでは、つばきも悪くなさそうなんですが、如何せん事務所の放置っぷりが酷いので…もったいない気がしてしまします。
「青春まんまんなか!」の少し懐かしい感じと、しっとり聴かせるスタイル。こうしたイメージを定着させていけば、意外とうまくいく気がしています。

仲野りおんという子には、惜しむ声が聞かれるようですね。現研修生のことはよく分かりませんが、かつての田辺奈菜美のように他事務所から復帰もあるかも知れません。
今の時点では、モー娘。13期に小野田紗栞を推すのみです。夏焼新ユニットは選ばれて嬉しいものですかね!? 正直、微妙な感じがしないでも…。

投稿: santa | 2016/07/31 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/63976161

この記事へのトラックバック一覧です: 垣間見える扱いの違い:

« 浮かび上がる距離感の課題 | トップページ | 飯窪春菜の恋心 »