« ゆいもあの微かな懸念 | トップページ | 大荒れの欧州ツアー »

2016/06/09

真のアイドルが生まれる時代

柳美舞

メジャー以外の地下アイドルローカルアイドルの類いに距離を置いて久しい。十年近く前には、徳島のcoco's(コニーズ)に注目していた時期もあったが…現在では、BABYMETALの影響から、デスメタル×アイドルポップデスラビッツくらいのものだ。
理由は単純明快。基本的に、ビジュアルのレベルが著しく低いグループが多いということ。そして、パフォーマンスに関しても、以前よりは一段階上がっているものの、エンターテインメントのショーとしては成立し得ない未熟さが否定出来ないということ。
現実的には、地下レベルからメジャーに這い上がり、ブレイクするのは極一部に限られる。先日、大手のアミューズから契約を切られた武藤彩未についても、地下からの復帰は無謀だし、後輩への悪影響も大きいので止めて頂きたい。
無いとは思うが、運良く他の大手にでも拾われない限りは引退するのが最善だ。年齢的なこともあるし、実績もスキルもない状態で歌手に固執するのは無理がある。潔く引退して、違う道を歩んだ方が幸せに違いない。

恐らく今後も、僕が地下に入れ込むことはないだろうと思う。ただ一点、掘り出し物といえるほどの美少女を偶然見つけた場合に限り、その子のみに注視することはあったとしても…。
そういった意味で、ネット上に時折取り沙汰される美少女は、地下であろうと何だろうと価値ある原石であれば注目に値する。

やれ「千年に一人」だの「~の奇跡」だの、大袈裟過ぎるキャッチは、もうやめにしないか? かれこれ30年以上アイドルを見てきたが、十年に一人の逸材と呼べる美少女さえも、一人か、せいぜい二人しかいなかった。
そんな千年さんこと、橋本環奈の事務所の後輩に、またしても水面下で密かに騒がれている子がいるらしい。橋本環奈の再来とまで呼ばれている柳美舞というその子は、2007年生まれのニューエイジ、弱冠9歳というから驚きだ。
非常に透明感溢れる良質の美少女なのは認めるが、それでも十年に一人とまではいかない。劣化するようには見えないが、まだ幼い故、もう少し成長を見守る必要がありそう。しかしどうやら、九州のレベルが高いのは確かなようだ。
井上姫月

いわゆるパッとしないグループに若いメンバーを加え、世代交代による活性化を図っていく。これは、メジャーもマイナーも問わず、全てに共通の効果的な手法であることはいうまでもない。
ハコイリムスメという名のグループ(詳細は知らない)に、新たに加入したメンバーの中に、気になる美少女を見つけた。まだ小学生だが、井上姫月という11歳の女の子。一見して平凡な雰囲気ではあるものの、人懐っこそうな笑顔が何とも愛らしいではないか。
いわば、「幼さ補正」という現象は承知の上だが、とにかく可愛いものは可愛い。可憐さと親しみやすさを併せ持った魅力が持ち味の、牧歌的美少女といったところだろうか。

大人になった時の顔が容易に想像出来るタイプの少女を、あまり好きではない。少女期にあるべき輝きが永遠のものと錯覚させるほどの、奥深い神秘性を感じてみたいからだ。
SKE48松井珠理奈が、何より嫌いだった。彼女はそれこそ小学生の頃から今に至るまで、ほとんど顔が変わっていない。当時、お気に入りのグラビア誌に載っていたのを見るにつけ、「何だこれは? 夢も何もあったものじゃない」と歯噛みしたものだ。
ただ、単純に大人びた顔立ちといっても、女子大生みたいな顔をした小学生と、端正で中学生ほどに見える小学生とでは雲泥の差である。
後者に該当する美少女が、関西のダンスユニットに所属する岡村美波という子。整った顔立ちでモデル経験もあるが、まだ11歳の小学生だ。
絵に描いたような美少女ぶりであり、老け込んだ姿など想像も出来ない。こうあるべきだという見本のような貴重な存在である。
岡村美波

戦国時代と呼ばれた最盛期を経て、淘汰の進むアイドル界。生き残りを賭けた争いの中で、メジャーに見劣りしない地下アイドルが生まれたのは事実だ。しかしそれはあくまで、ほんの一部に過ぎない。

ビジュアルやパフォーマンスの足りないアイドルが乱立する時代は、もう終わった。本当の意味で人々の心を震わす存在感、そして何よりも、突出した美少女性有するアイドルが歴史を刻む時である。まさしく、今この瞬間から。

|

« ゆいもあの微かな懸念 | トップページ | 大荒れの欧州ツアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/63754677

この記事へのトラックバック一覧です: 真のアイドルが生まれる時代:

« ゆいもあの微かな懸念 | トップページ | 大荒れの欧州ツアー »