« 大荒れの欧州ツアー | トップページ | 再編成すべき契機 »

2016/06/17

突然舞い降りたリアル

浜浦彩乃、井上玲音

ちょっと驚いた。というか、仰天したといってもいい。
Berryz工房夏焼雅がMCを務める、ハロプロのネット配信番組Girls Night Out 」。この中で、ハロメンが地方散策するコーナーがあるのだが…21回目では、こぶしファクトリー浜浦彩乃井上玲音が栃木を巡っている。
僕は、この番組の存在を全く知らずに、たまたまネット上で見つけたキャプチャ画像を目にしたのが、きっかけだった。
別に何とも思わず、よくラーメン食べ歩きしているらしい二人が、またどこかで食ってんのかという程度。しかしよく見ると、妙に引っかかる。何だ、この既視感は…と。
映り込んでいた看板を見て仰天した。これ、自宅のすぐ近くではないか!と。東京民なら、芸能人が近くに居ても大した驚きはないのかも知れないが、ここは北関東の片田舎である。しかも、車も持っていない僕の生活圏は極端に狭く、そのほんの数キロ内に入り込んでいたのには驚いても無理はない。
僕がハロプロの若手で最も注目しているのは、こぶしファクトリーだ。更にいえば、推しメンはエース候補のツートップである、まさにはまちゃんれいれいの二人なのである。この二人がまさか、普段近くのスーパーに買出しに行く道すがらロケをしていようものなら、僕は卒倒してしまうではないか。

いやはや驚いた。こんな偶然があるものなのか。普段、当たり前に生活している空間の中に、常日頃から推しているアイドルが突如入り込み、存在していたことの何たる非現実的な感覚か…。
以前にも、近隣の大谷資料館に、BABYMETALがMV撮影(イジメ)のために来ていたことを知り、それだけでも十分に驚いたのだが…今回は、本当に普段生活している圏内、自分の庭のように行動しているピンポイントの範囲内であったため、特段の驚愕を感じ得たわけである。
番組内容はというと、はまれいの二人が宇都宮タワーに上ったり、公園で遊んだり、ラーメン餃子を食いまくる他愛のないものだった。
僕は胃弱でラーメンは苦手なのだが、はまれいが絶賛していたラーメンなら食してみたい気がする。あの生活の風景の一部であったラーメン屋に、機会があれば足を運んでみたいと思う。

さて、他にハロプロに関して大きな動きはないようだが一点だけ、℃-ute萩原舞が起こした例のスキャンダルについて、今更ながら本人からの弁明、謝罪があったようだ。
ファンクラブイベントにおいて、ファンらしき相手は友人であると釈明し、涙ながらに謝罪したと聞いている。メンバーと話し合った結果、このまま活動を続けるという話だったが、どうにも解せない。
そもそも、肩を寄せ合いながら男性の自宅に訪れる場面をスクープされているのに、友人というのは、いくら何でも無理がある。ちょっと、ファンを小馬鹿にし過ぎだ。この影響か知らないが、武道館公演のチケット売上げが大幅に落ちているとの噂まで流れている。
事務所が、当面の℃-ute存続を決定したともとれるが、この判断は正しいとは思えない。前にも書いたが、長年の℃-uteの歴史に傷を付けることなく、解散を前倒しにした方が後々良いに決まっているのだ。(参照:最近の気になった話題まとめ
これで、取り返しのつかない汚点が付いてしまっただろう。

アイドルとの距離感が危惧される昨今、こういった驚きの感情を持つことは大事なのだと思う。決して手の届かない存在が、ふとした機会に近くに居てくれたことの驚き、そして淡い喜びの思いに満たされる得もいわれぬ幸福感
たとえ偶像でもいい。時折、リアルに感じられる瞬間があれば、アイドルの存在感は永遠に思い出の一部として生き続けるのだ。

|

« 大荒れの欧州ツアー | トップページ | 再編成すべき契機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/63792354

この記事へのトラックバック一覧です: 突然舞い降りたリアル:

« 大荒れの欧州ツアー | トップページ | 再編成すべき契機 »