« 痛ましい事件の教訓 | トップページ | 真のアイドルが生まれる時代 »

2016/06/01

ゆいもあの微かな懸念

MTV INSIDE

さくら学院の前年度卒業生の三人(磯野莉音白井沙樹大賀咲希)が卒業早々に契約終了となり、既にプロフィールも削除され、移籍もないだろうということで事実上の芸能界引退となった。
さくら学院歴代卒業生には、大した活動もないまま事務所に籍を置き続けている子が数人はいる。その年度の卒業生全員が即引退するというのは初めてで、ある意味においては潔いといえるのかも知れないが…。
加えて、BABYMETALの公式履歴からも、さくら学院の文字が消滅している。今や世界的アーティストへと成長を遂げつつあるベビメタにとって、さくら学院重音部時代は黒歴史とでもいうつもりなのか!?

あくまで憶測に過ぎないが、アミューズはさくら学院を軽んじて、切り捨てる方向に舵を切っているのではないか? だとしたら、あまり芳しくない事態だが…そもそもさくら学院がなければ、BABYMETALは生まれなかったし、現メンバーの心の拠り所でもあるはずだ。
特に、YUIMETAL水野由結)などはさくら愛が殊更に強く、今でもそれは何ら変わりないだろう。さくら学院を否定すること、軽視することは、世界的ブレイクを呼び込んだベビメタの全てを否定するのと同義である。アミューズは心を入れ替えるべきだ。

そういった意味で、例えばさくら学院をこよなく愛した水野由結アイドルへの情熱を捨て切れるかというなら、懐疑的という他はない。
アイドルという枠から脱しつつあるBABYMETALによる、全く新しいジャンルの構築。そして、それを世界に広めることこそ最大の使命とするならば…最も迷いなく真っ直ぐに志しているのは、むしろMOAMETAL菊地最愛)のような気がしてならない。
これを簡単に断言するのは無理があるだろうが、少なくとも二人の様子や発言を注意深く読み解けば、何かしら対照的なものを感じ取れるはずだ。それらの兆候は、主に昨年から目に見える形となって現れてきている。

昨年秋頃から年明けにかけての、水野由結の激痩せ騒動。成長期故の変化では片付けられない、あまりに不自然かつ病的な痩せ方には困惑するばかりだった。年末の横浜アリーナの模様が流れる度に、痛々しくて今でも目を背けてしまうほど。
今なお原因不明だが、ひとつだけ心当たりがあった。武藤彩未の活動休止である。
武藤彩未のソロプロジェクトが破綻することは、意外に早い段階で予見出来ていた。CD売上、集客共に伸びず投資分が回収出来ない状態が続いた昨年上旬、本人の肥満化により古参が離れ、新規獲得は絶望的なものになった。上半期の段階で、ほぼ勝負は決していたのだ。
夏前には事務所は諦めていたはずで、正式に休止が伝えられたのは丁度夏の終わりから秋頃だろう。この際に、何らかの形でBABYMETALのメンバーに漏洩していても別段おかしくない。
水野由結が強く憧れ、芸能界入りのきっかけを作ったのは武藤彩未である。その悲惨な没落劇に接し、アイドルの厳しさを嫌というほど痛感したのではないか。そして、肥満が致命傷になることを恐れた故の反動もあったのかも知れない。

BABYMETALの独立に際して、最も思い悩んだのは実は菊地最愛である。しかし現在では、彼女は最もベビメタに真っ直ぐ向き合っている。
4月のMTVスペシャル番組でも、水野由結一抹の不安感を口にする一方、菊地最愛は「世界を繋ぐ架け橋」になりたいと強い口調で意気込みを語っていたのが印象的だった。
東海岸ツアーでは、ダンス中に躓く、「KARATE」の煽り部分を踊ってしまう等、水野由結の小さなミスが目立った。反面、「メギツネ」間奏での中元すず香との変顔対決、最前の小さな子供に手を振る心配り等、菊地最愛ライブを存分に楽しんでいる様子が垣間見えていた。
ちなみに、水野由結は変顔対決に参戦したことは一度もなく、常にパフォーマンス重視の姿勢を崩さない。
これらから推測するに…完全に吹っ切れた菊地最愛に対し、水野由結には未だ、どこかしら迷いを残していて、むしろそれを払拭したいが為に生真面目に、ストイックに取り組んでいる感じがする。つまり、心に余裕がないように思えるのだ。
すうもあの変顔対決

さくら学院を離れることにより、ゆいもあそれぞれに固有の変化が見られた気がしている。それは、アイドルとメタルという異なるジャンルに翻弄された故の、不安定な心の揺らぎそのものだったように感じ得る。

多感な少女期の奥底に潜む、釈然としない蟠りに似た何か。ほんの僅かな行き違いが、BABYMETALの、延いては少女らの未来を停滞させることがないように祈るのみ。
微かな懸念として、此処に記しておきたい。


追伸
武藤彩未契約終了の一報が届いている。海外留学を理由とし復帰を仄めかすツイートも出しているが、現実的には不可能と思われる。
とても残念な結末となってしまった。彼女の今後の幸せを、心より願いたい。

|

« 痛ましい事件の教訓 | トップページ | 真のアイドルが生まれる時代 »

コメント

通りすがりでブログを読ませていただきました
最愛ちゃんは、人の笑顔の理由になりたいと前から言っていて、小中学生の最愛ちゃんにはそれがアイドルを意味すると思って、アイドルになりたいと言っていたと思います。ちょっと前に見たインタビューではbabymetalでそれができていると思うということで今の活動に満足しているようでしたよ。中三ぐらいまではbabymetalではそれができないんじゃないかと思って葛藤があったみたいですけど。ひとりでもそれができるようになりたい(いわゆるスーパー最愛ちゃんです)と思ってるとは思いますが。
由結ちゃんはもともとアイドルになりたいわけではなくて可憐Girl'sになりたいって言ってました。あくまで可憐Girl'sです。歌うことはそれほどしたいわけではないみたいでbabymetalのダンスメインでやっていることに不満はないようです。インタビューとかでは最愛ちゃんみたいに上手く話ができないので、不安や不満があるのかもって印象を与えてしまうような話し方になちゃってますけど。
痩せた理由は本人しかわからないことだと思いますが、彩未ちゃんの影響はあるかもしれないです。このブログに書いてある理由もあるかもと思いますけど、彩未ちゃんが太って事務所から痩せなさいとか痩せないとマネージメントできないとか言われてたとしたら、それを聞いて怖くなってダイエットしすぎたのかもとも思いました。由結ちゃんも中三の終り頃は少し太ってましたから。
ふたりともさくら学院卒業後は卒業前より責任感をもってbabymetalをやっていると思います。さくら学院に対する思いも微妙に変わっていると思います。人間は誰でも時間とともに考え方や思いは変化するので当たり前ですけど、ふたりはまだ高校生なのでその変化は考え方や価値観がある程度固まった大人よりも大きいのが普通だと思います。

投稿: 通りすがりです | 2016/07/18 13:59

コメントありがとうございます。
もちろん、この記事で記した懸念とは、憶測による思い込みに過ぎないかも知れません。
確かに由結ちゃんが憧れたのは可憐Girl'sであり、さくら時代もアイドルというよりは、あの友愛のテーマに惹かれていたのはよく知っています。ただ、昨年の激痩せ騒動以降、何らかの大きな異変を感じたのは否めませんでした。

それまで以上に活き活きとライブをこなしていた最愛ちゃん、そして、すぅちゃんが時折見せる由結ちゃんへの心配そうな表情。そうした様子からも、由結ちゃんのメンタル面に対する不安要素が増したように感じました。

いうまでもなく、これらの違和感が気のせいであればと願っています。ベビメタに憧れるさくら学院の若い子も出てきていますし、余計な詮索など吹き飛ばすほどの活躍を心から期待するばかりです。

投稿: santa | 2016/07/18 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/63712847

この記事へのトラックバック一覧です: ゆいもあの微かな懸念:

« 痛ましい事件の教訓 | トップページ | 真のアイドルが生まれる時代 »