« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016/03/20

底知れぬ少女の実力

KARATE

BABYMETALのニューアルバムにも収録されている新曲「KARATE」のMVが、先日公開された。
非常にアグレッシブな印象の曲、そのイメージに違わず力強い旋律と鬼気迫るメンバーの表情に、大きなインパクトを覚えた。
現時点での反響は「ギミチョコ!!」の時ほどの爆発力はないものの、おおむね好評のようだ。相変わらず、コメント欄は英語で埋め尽くされており、海外の反応が大きいことを裏付けている。
心配されたYUIMETAL水野由結)の状態は、やはり痩せているが…ダンスにいつものキレが見られ、生き生きとした気合いの漲る表情もあって、少なからず安心したものだ。この分なら、過酷なアメリカツアーも何とか乗り切れそうか。

さて、ベビメタ休業中の折、過去のライブ映像などを何度も見返していた。今更な話ではあるが、BABYMETALがただのアイドルではない、可愛さと実力を兼ね備えた特別な存在であることを確認したわけだ。
YUIMETALMOAMETALの激しいダンスパフォーマンスはもちろんだが、改めてSU-METAL中元すず香)の圧倒的な歌唱力には驚くべきものがある。とりわけ、ソロ曲の「紅月」などは、聴く度に身震いし茫然としてしまうほどだ。
単にソプラノを評価するだけではない、気持ちの込め方、異質な佇まいが心の奥底に響いてくる。これはもう、才能という他はない。
どうしても比べてしまうのが、昨年末に活動停止した武藤彩未。彼女も一年間みっちりレッスンしデビューしたのもあって、それなりに歌が上手い。しかし、決定的に人を引き付けるものが欠けていた。ただちょっと、カラオケが上手い女の子に過ぎなかったと思う。
申し訳ないが、彩未ちゃんでは、逆立ちしても中元すず香に敵わないだろう。それだけの、途轍もなく大きな差があったのだ。

BABYMETAL確かな実力は、ずば抜けた海外人気により既に証明されていると思うが、来月のウェンブリー公演にて確証が得られるはずだ。
日本人の十代の少女らが、ウェンブリーで初公演する意味。その重大性を、いい加減日本のメディアにも理解して頂きたい。
そして間髪入れず、NHKの特番放送である。予告を見た感じでは、スタジオライブ主体の内容なのか、トークもあるのか分からないが、とにかく楽しみだ。BABYMETALに少しでも興味があるなら、必ず見るのをお勧めする。
特番予告

見た目ばかり取り繕って、稚拙なパフォーマンスを繰り広げる昨今のアイドルには辟易している。たとえアイドルとはいえ、弛まぬ努力の成果を窺わせるような、少女ならではのひた向きさを感じさせて欲しい。

BABYMETALの少女らが勝負を賭ける舞台は、なにも世界だけとは限らない。彼女らは青春の全てを犠牲にし、最高のステージを創り上げるために自らを磨き続けているのだ。僕は決して、BABYMETALを無視することなんて出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/05

少女のあるべき健康的な美しさ

BABYMETAL

BABYMETALの今季海外ツアーにヨーロッパが加わり、更なる躍進が期待されるわけだが…ここにきて、非常に憂うべき事態が表面化してきてしまっている。

新たに公開された最新の写真から、ファンの間に衝撃が走っている。ファッション誌表紙のオフショットにおける、YUIMETAL水野由結)の痩せ方が明らかに異常だと、大きな話題を呼んでいるのだ。(上記写真)
二の腕が枯れ木のように細く、ほとんど骨と皮の状態。隣りのSU-METAL中元すず香)の腕と比べても、半分ほどしかないのでは!?
SU-METALも、かなり細身の体型であり、そのあまりの違いに驚愕せざるを得ない。もはや、病的な感じすらある。
昨年秋頃からの急激な痩せ方が心配されていたが、今現在でも改善の兆候はなく、むしろ悪化しているのではないか。このような状態で、春からの過酷なツアースケジュールを無事にこなせるのか? 甚だ疑問が残る。

アミューズのような大手が、所属する未成年に対し、病気を押して無理をさせるとは到底考えにくい。健康には問題ないと思いたいが、これほどまでに痩せてしまうと、どう考えてもスタミナ面での衰えは出てくると思う。
昨年末の横浜アリーナでも、「いつものダンスのキレがなかった」などといった声も一部聞かれていた。パフォーマンスが少しばかり落ちるだけならまだしも、やはり倒れてしまわないかという不安が大きい。
過度なダイエットによる拒食症などは、精神の病でもあり、本人の自覚が薄い場合が多いらしい。事務所側は、本当に親身になって相談にのり、明確な意思疎通を図っているのだろうか。とても疑問に思ってしまう。

同様の理由により、激痩せが懸念され続けているのが、モーニング娘。'16尾形春水だ。こちらは、かなり本気で拒食症疑惑が囁かれて久しいわけだが、相変わらず痩せ細っている。
このほど、モーニング娘。'16としての初めての海外公演、アメリカ、ヒューストンでのライブを成功させたようだ。会場がやけに大きかったせいもあり、見ようによっては少ない客数にも見えたが、実際には6000人近い大盛況ぶり。日本のアイドルとしては、ずば抜けた海外人気を示せたのではないかと思う。
野中美希が怪我の為、ハロプロでお馴染みのガンタンク(座った状態)パフォーマンスだったものの、尾形を含め、圧巻のステージで魅了した模様。かなりの曲数を、乱れることなく踊り切ったのは流石である。

ただ、どうしても尾形の身体の痛々しさは、ところどころ目に付いた。椅子に腰掛けている時の膝に、骨が浮かび上がっている写真などは、かなり怖い。大丈夫なのだろうが、やはり、いくら何でも痩せ過ぎだろう。
彼女は氷が好きで、冬でもボリボリ食べているらしい。内臓を冷やすと様々な弊害が生じ、当然、活動が落ちて食欲が減退する。夏の暑い盛りならともかく、それ以外で氷など食べるのはやめた方が良い。事務所には、指導を徹底して欲しいと願うばかりだ。
尾形春水の膝

アイドルにとって、最もタブーとされるのは、いうまでもなくスキャンダルと肥満だ。反面、過剰なダイエットや食生活の乱れによる激痩せといった、健康面でのケアも当然留意しなければならない。

常に清廉潔白とした雰囲気と、清々しい健康美に溢れたアイドル像。絶妙なバランスに秀でた美しさ、健康的で若々しい可愛さを併せ持つ美少女にこそ、最上級の称賛が与えられるべき。そう信じてやまない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »