« 美少女の形作る歴史 | トップページ | 少女のあるべき健康的な美しさ »

2016/02/23

並外れた少女の可能性

BABYMETAL

BABYMETALニューアルバム、その内容が徐々に明らかにされている。
METAL RESISTANCE」と題されたアルバムだが、昨年の横浜アリーナで披露した「KARATE」、「THE ONE」といった新曲も当然収録されている。「あわだまフィーバー」とは別の、「違う(仮称)」も収録されているはずだが、曲名が判然としない為よく分からない。
NO RAIN, NO RAINBOW」が入っている辺り、コアなファンからは歓喜の声が上がっているようだ。

国内メディアの取り扱いは相変わらずだが、海外では米ウォール・ストリート・ジャーナルで取り上げられたり、アメリカのテレビ番組にトークゲストで出演の噂など、話題に事欠かない。
イギリスの有名メタル雑誌であるMETAL HAMMERの表紙を、日本人として初めて飾ったのは記憶に新しいが、このほど二度目の表紙にも抜擢されることになった模様。写りの悪かった前回の反省を踏まえ、今回は何と3Dの煌びやかな表紙に。これはもはや、ベビメタのための雑誌のような状況に…。
春から夏にかけての全米ツアー、その流れのままに、フランスのダウンロードフェスオランダのメタルフェスと、次々に新たな日程が組み込まれている。東京ドームの日時は未定ではあるが、恐らくツアーファイナルの凱旋公演として秋頃ではないかと囁かれている。

この他、FC限定で届けられた驚愕の情報があったらしい。NHKのスタジオライブ観覧者募集の知らせなのだが、これはつまり、生ライブ有りの特番を放送することを意味していたようだ。
NHKといえば、国内テレビ局で唯一、BABYMETALの特番を組んだことで知られているが…更に引き続き、第二弾を打ってくれるということで、大変に嬉しい話だし大きな楽しみが増えたわけである。

昨年末から、しばらくの間、メンバーが姿を見せることはないが、水面下では着実にウェンブリーの皮切りに向け、盛り上がりを見せてきている。十分な充電期間を経ての、スタートダッシュが楽しみで仕方ない。

X JAPANのメンバーの急病により、同グループのウェンブリー公演は来年に延期である。つまり、日本人アーティスト初のウェンブリーは正真正銘、BABYMETALなのだ。これも運命なのだと思う。
華々しくウェンブリー公演の口火を切り、世界的なアーティストへと飛び立つ少女達。もう日本国内の小さな箱には収まり切らない、並外れた可能性を秘めているニューエイジといって、全く差し支えないわけだ。

|

« 美少女の形作る歴史 | トップページ | 少女のあるべき健康的な美しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/63254124

この記事へのトラックバック一覧です: 並外れた少女の可能性:

« 美少女の形作る歴史 | トップページ | 少女のあるべき健康的な美しさ »