« 時代に即した少女CM | トップページ | 体調異変の重要性 »

2016/01/20

移り気な在宅の心

ひなフェス抽選会

BABYMETALさくら学院に、春までは大した動きは見られそうにない。そこまで熱量のない父兄だけに、こうした空白の時期には、様々なアイドルが気になってしまうのも仕方がないというもの。

ハロプロでのひなフェス抽選会の模様が、今年も公開された。相も変わらず、はまちゃん大佐浜浦彩乃)の独壇場。ハローにおける様々な人間関係を知る上でも、興味は尽きない映像だ。
アンジュカンガルの新人三人を引き連れて、もはやお約束?となった、ももち先輩嗣永桃子)へのぶっ込み、℃-uteの先輩である岡井千聖萩原舞に対する強権発動と、はまちゃんの絶好調っぷりには舌を巻くほどだ。
他にも、くじ引き時に、円陣をこぶしメンバーにスルーされた広瀬彩海など、おもしろ可笑しい場面がちらほら。こういった大人数による企画映像の公開は、見所満載で大歓迎なのである。

別に、BABYMETALの代替などというつもりはないが、このところ、デスラビッツのチェックは怠らない状況が続いている。
いわば、地下アイドルの域を出ないデスラビではあるが…関東圏のネット局にて放送されている音楽番組に、特集扱いで出演していたようだ。「未来定番曲」というこの番組では、ライブの模様はもちろん、今まで見られなかった素顔やレッスン風景なども見てとれる。
通報され兼ねない部長の電車通勤姿(あの格好のまま)から、歌やダンスなど各人の得意分野の紹介まで、至れり尽くせりの内容部長世界進出の野望は、明らかにBABYMETALを意識したものだろうが、なんなら今年から早速踏み出して頂きたい。
その他、テレビ中継やライブDVDなどで見られる、プロショット映像も発見。昨年のハロウィンのものだが、デスラビでは初めて見た。
深夜枠でも良いので、全国ネットのテレビで見てみたいものだと、つくづく思ってしまった。

破天荒な奇抜さで、僕には少々敷居が高いスターダストももクロの妹分だけで、私立恵比寿中学やら、チームしゃちほこやら、たこやきレインボーやら、豊富なラインナップなわけだが…このほど、更なる新世代がメジャーデビューするらしい。
福岡の、ばってん少女隊なるグループ。AKBGでいえば、HKTのライバルにあたるのか!? 「100年に一組の逸材」といった大袈裟なキャッチコピーが気になる、平均年齢13歳のフレッシュな少女達だ。
ヘドバンまでこなすパワフルなステージが売りのようだが、とにもかくにも、ビジュアルは良好な雰囲気。特に気になったのは、13歳の瀬田さくらか。目鼻立ちのはっきりした大人っぽい感じだが、えらく耳が尖っている。リアルエルフ耳アイドルって、何だか凄い。
ともあれ、少なからず心に留め置きたい若手グループである。
ばってん少女隊

好きとはいっても、ライブにまでは行かない。グッズも買わないし、もちろんCDを買うわけでもない。これでは、ファンと名乗るのも憚れるような在宅の体たらくに違いない。僕は、父兄でありながら、さくらフラッグも持っていないのだ。

かつて、一人のアイドルに入れあげて、熱く高揚した日々を思い出す。それが、本来あるはずのファンの形。
もう一度、あの頃の歓喜を呼び戻せる、眩い存在が現れるのを待ち望むしかないのだろうか。

|

« 時代に即した少女CM | トップページ | 体調異変の重要性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/63095448

この記事へのトラックバック一覧です: 移り気な在宅の心:

« 時代に即した少女CM | トップページ | 体調異変の重要性 »