« 地道な努力の賜物 | トップページ | 移り気な在宅の心 »

2016/01/11

時代に即した少女CM

平祐奈

かつて心惹かれた少女。しかし、所詮それは過去以外の何者でもない。ただ、あからさまに今現在の生々しい姿を見せつけられるのは、あまり気分が良いものではない。殊に、自らの意思とは無関係に飛び込んでくるテレビCMという形となれば、なおのことだ。

過去にジュニアアイドル界を席巻し、名を馳せた小池里奈。その後、グラビアアイドルとして活動継続し、ドラマ出演など女優としても活躍を見せたが、徐々に失速。某バラエティ番組でも再ブレイクに貪欲な姿勢を示したが、煮え切らない現状だといえるだろう。
このほど、久しぶりのCM出演となった「ヘパリーゼ」がよく流れているが、これには少々辟易している。いかにもな大袈裟すぎる表現、大口を開けて唄うその姿には、残念ながら、かつての美少女の片鱗は一片も見当たらなかった。
別にCMだから、この程度は普通だし、よく頑張っていることと思う。でも、昔の可愛さに心惹かれ、握手会にまで行って熱く応援した身としては、酷く見苦しく感じてしまうのだ。
(参照:ゆき過ぎない成長

CMというのは、ただテレビを点けているだけで、一方的に視聴させられるものである。とにもかくにも、限られた時間の中でインパクトのみを重視した作り込みが目立つ。奇抜なダンス大袈裟な表現リズミカルに商品名を連呼。正直、もうたくさんなのだ。
某宗教団体のような、綺麗ごとで飾り立てたようなものも、それはそれで鼻につく。もう少し、視聴者に癒しをもたらすような、違和感のない自然な表現は出来ないものか。そう、要は美少女の良質CMである。

動物の出てくるCMは、嫌いじゃない。ソフトバンクの犬といえば橋本環奈だが、最近では元おはガール平祐奈も出演している。
猫と美少女のユニークな掛け合いは、癒し効果に優れており歓迎出来る。ご存知、女優の平愛梨の妹であり、天然美女の遺伝子も健在だ。
中学生まで父親と入浴していたエピソードが思い出されるが、平家の家族愛は半端ではない。姉妹共演にも期待を寄せたい、眉毛の立派な珠玉の美少女である。

前任者の思わぬスキャンダルにより、抜擢された新人のフレッシュさ。ソニー損保唐田えりかは、そんな好例となったろう。
最初に見た時は、授業参観で保険の説明をする不自然さが謎だったが…その飾りけのない素朴さと、上ずったような喋り口調が、やけに癖になってしまう不思議な魅力を感じ得たものだ。
私服バージョンでは、スラリとしたモデル体型を覗かせ、意外なまでのスタイルの良さも披露していた。独特の普通っぽさが魅力の女の子。その内に秘めたキャラクターも、機会があれば見てみたい注目株だ。

以前に絶賛した子役CMといえば「城とドラゴン」なのだが、その安留咲新しいバージョンが放送されている。
(参照:蘇る正統派の記憶
何種類かのフルサイズが、動画投稿サイトなどで見ることが出来るが…とりわけ「オオカミと少女」篇が、何やらシュールで面白い
本物の狼を撫でまくりつつ歌うものの、上の空の狼は、少女を無視してウロウロ。仕舞いには画角を外れる狼に、ものともしない少女が最後まで歌い切り、真顔で鼻の下を掻くというオチ。思わず爆笑してしまった。
動物と少女の化学変化は、実に面白い。この子独自の無邪気さが溢れる、オーディションの模様も公開されているので、是非お勧めしたい。
唐田えりか

売れれば何でも良いといった、資本主義社会の負の側面。ただ注目を集めるためだけのCM作りはもとより、アイドルの行き過ぎた特典商法に至るまで。一般の消費者にとっては、不快でしかないことが多過ぎる。

あくまで自然な形で投げかけられる宣伝効果、そして愛らしい少女の癒し。誰しもが安心感や満足感を得られるプロモーションこそ、今の時代には求められている気がしてならないのだ。

|

« 地道な努力の賜物 | トップページ | 移り気な在宅の心 »

コメント

こんにちは。

たいちゃん(平さん)のYモバイルのCMはかなりイイですね。おはガールの時から好きでしたが、このCMとJRスキーのでまた好きになりました。作ってない自然的な素材の良さが際立ってますよね。

小池さんのCMは確かに僕もそう思いました。大人になるって大変だな・・・って。
でも飯田里穂さんが声優で活躍してたり、昔好きだった子が活躍してくれるのは嬉しいです。

ソニー損保のCMは放送される量が多いのでどうしてもクセになりますね。確かにあの声が何とも言えないです。

僕のオススメは・・・崎陽軒のシュウマイ・薬用養命酒・ヨクイニン錠SHです

特にヨクイニン錠のCMのイボです!は可愛くないけどクセになるタイプだと思いますw


確かに、キラキラした子は多いけどそこから抜けて来る子が居ない・・・分かります。
みんな夢に向かって頑張ってるからキラキラはしてますもんね。
最近、あまり人間に期待しない風になってきたのでそのことを忘れてました。

投稿: 館の主 | 2016/01/11 16:23

あまりテレビを見ない方ですが、たまに見ると昨今のCMの鬱陶しさには不快感を覚えますね。
とにかく騒々しくて神経を逆撫でする感じがして、つい消してしまうことも、しばしば。必要以上に危機感を煽るような悪質なものまであって、さながら無法地帯のよう。
CMというのは、そもそもが押し付けがましいものですし、もう少し謙虚な姿勢を製作側には求めたいです。

挙げて頂いたCMは、どれも見たことがありません。申し訳ないです。今後、意識してチェックしてみようと思います。

投稿: santa | 2016/01/12 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/63046444

この記事へのトラックバック一覧です: 時代に即した少女CM:

« 地道な努力の賜物 | トップページ | 移り気な在宅の心 »