« BABYMETAL 方針転換の契機 | トップページ | 柔軟な演出と握手会の必要性 »

2015/11/27

美少女という有り様

水野由結ご存知の通り、BABYMETAL紅白初出場は叶わなかったNHKは民放などより、BABYMETALの海外における活躍を正当に評価してくれているだけに、とても残念だ。きちんとした尺の特番を組んだのは、未だにNHKだけである。
相変わらず、ヒット曲もない名前だけの大御所や、ジャニーズにAKBG…正直、仕様もないと思う。レコ大などもそうだが、昔に比べ、随分と品格が落ちたものだ。紅白は、もう十年以上も見ていない。
ただ、メンバーが希望している以上は、一度は出させてあげたい。来年からは、前記事でも触れたように本格的な国内展開ニューシングルや、アルバムリリースを果たして、念願を達成して欲しいと強く願う。

さて、年末となり、定例となっている美少女の評価と洒落込みたい。要は単純に、今、最も注目し、胸を熱くさせる少女を改めて確認したいわけだ。

今、個人的に最上位に置きたい珠玉の美少女は、先述したBABYMETALYUIMETALこと、水野由結である。
黒髪、色白、華奢、端正な顔立ち。若干のクセっ毛と歯並びを除けば、美少女として必要な、ほぼ全ての要素を兼ね備えているといえる。それだけでなく、極めて理性的で真面目な性格であり、時折見せる恥ずかしがりやな一面が、実に女の子らしくて可愛らしいのだ。
アメリカのNYLONというファッション誌のインタビューでは、普段見られない素顔が垣間見えて、特に水野由結の可愛さが際立っていた。大好きなアリアナ・グランデの曲をリクエストされた時の仕草が、何とも堪らない。実に愛すべき、シャイな美少女なのである。
ただ一点、前に言及した「痩せた?」という印象は、心配ないと思ったのだが…違う並びの写真でのMOAMETAL菊地最愛)との比較で、腕が明らかに細く、やや見方が変わってしまった。何か、摂食障害とか病気だとかでなければ良いが、少し気がかりだ。

ゆいもあの穴を埋めるには至らないさくら学院だが、今期転入生の質の高さは認めざるを得ない。
芸人の娘であることが発覚した岡崎百々子などが話題を呼んだものの、他の転入生も粒選りの顔触れだ。海外メイトから、ポストゆいもあの太鼓判を押されているのが、吉田爽葉香藤平華乃の年少組である。顔が似ているというより、二人の雰囲気が非常に似かよっている。
個人的には、暫定で吉田爽葉香推しとしていたが、やはり本推しとしていきたい。高学年にしては幼く華奢すぎる印象があるが、逆に繊細なイメージも際立ち、品のある美少女っぷりが溢れているようだ。
レモン好きやら、「んとー」の口癖やら、可憐な女の子っぽさに満ちており、これからの成長を見守る楽しみが尽きそうもない。

子役の世界では、とかく演技力が重視されがち。芦田愛菜鈴木梨央が好例だが、如何せん美少女性が伴っていないのが実情であった。しかしここにきて、ようやく才能と可愛さを両立させた存在が現れてきたか。
以前より注目してきた美少女子役篠川桃音が、ここ最近、CMやドラマに露出が増えている。ジェットスターCMでは、桐谷美玲と共演。青春探偵ハルヤでは、玉森裕太の妹役。劇場版MOZUには、レギュラー出演も。まさに、ブレイク間近の勢いを感じ得る。
演技力の面では、子役として及第点だが…何といっても、その眩いばかりの愛らしさが素晴らしく、筆舌に尽くし難い。大きく澄んだ瞳に白い肌、黒髪ロングのイメージが、完璧な美少女像を具現化している。
身体つきは、まだまだ幼いが、あと三、四年もすれば空恐ろしい美少女に進化を遂げる予感。ここ数年来、最も注視すべき子役といって間違いないと思う。
篠川桃音

美少女という有り様を形作るものとは、一切の妥協を必要としない精緻な美しさと、無垢で純真な魂を宿している稀少さ。そこに在ること自体が、ひとつの時代の試金石となる。
恐らくは、数十年に渡り刻まれるであろう奇跡の存在に、熱い視線を送らずにはいられない。

|

« BABYMETAL 方針転換の契機 | トップページ | 柔軟な演出と握手会の必要性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/62761607

この記事へのトラックバック一覧です: 美少女という有り様:

« BABYMETAL 方針転換の契機 | トップページ | 柔軟な演出と握手会の必要性 »