« 不安要素を打ち消す力 | トップページ | 美少女という有り様 »

2015/11/21

BABYMETAL 方針転換の契機

BABYMETAL

ロシア機墜落、パリの同時多発テロなど、世界情勢が不安定になりつつある。殊に、パリの劇場襲撃には、大きな衝撃を覚えた。
このバタクラン劇場というのは、過去にPerfumeもライブをしたことのある、日本人に馴染み深いところ。日本人アーティストが公演中に襲撃に遭っても、何ら不思議ではなかったのだ。
いうまでもなく最も危惧したのは、世界を股にかける活躍を見せているBABYMETALだ。これまでフランスでも、二回ほどライブを経験してきている。もし、BABYMETALのライブが襲撃されたらと思うと、ゾッとする。

昨年の欧州ツアーからも、BABYMETALには警備が常時付いているのは知っている。公演時も、ステージと客席の間に複数のスタッフが入っていることも、しばしばある。
しかし、自動小銃で武装したテロリストに突入されては、ひとたまりもない。若くしてプロ意識の高い彼女らは、銃声がしても、咄嗟にステージから逃げ出すことはしないと思う。最も目立つステージ上に、棒立ちになったメンバーは、格好の標的になってしまうに違いない。

来春のイギリス、ウェンブリーについては、万全のセキュリティと、必要なら武装警備員を雇ってでもライブを実現して欲しい。ただ、例年催していた世界ツアーは、検討し直して頂きたいと思っている。
欧米がテロの危険に晒されている事実を踏まえて、無難に国内重視プロモーションへのシフト、もしくは、近隣のアジア諸国、比較的情勢の安定している国に限定した海外展開を考えた方が良いだろう。
少なくとも、ヨーロッパはイギリスに絞るべき。ユーロ圏は、国境の壁が無さ過ぎて、テロリストが流入しやすく大変危険な気がしてしまう。ともあれ、そろそろ世界展開を控えめにして、国内の知名度上昇を本格的に図っても良い頃合いだ。

さて、そうなると、今年の紅白初出場の可能性が気になるわけだが…実際には、期待していたよりも微妙なようだ。
そもそも紅白では、BABYMETALの良さであるライブ感が伝わりにくいし、爆音の生演奏も難しい。正直、無理に出る必要など全くないのだが、本人達が出たいらしいので、願いを叶えさせたいというのはある。大方のメイトは、同じ意見だと思われる。
もし、紅白出場が叶うのなら、それをきっかけにCMやバラエティ歌番組出演など、積極的な国内展開を来年から仕掛けても面白いと思う。待望のセカンドアルバムを来年リリースするのなら、やはり世界を廻りたいだろうが、その際も十分に注意する必要があるだろう。

ここで現状確認だが、今秋の国内ツアーは順調に消化され、あとは横浜アリーナを残すのみ。年末のCOUNTDOWN JAPANにも、出演が決まっている。
風変わりな出来事として、最近なぜか男性誌の特別賞を受賞するという珍事も。「GQ メン・オブ・ザ・イヤー2015」という授賞式において、今後さらなる活躍が期待される人物に贈られる賞をとったらしい。
公のメディアの前に姿を現すのは久しぶりかも知れないが、心なしかYUIMETAL水野由結)の体型がスリムになった気が…。海外のファンから、痩せ過ぎではないか?との心配する声が上がっているらしいが、別に問題ないだろう。
海外は肥満を容認する傾向があるし、モーニング娘。'15ズッキ鈴木香音)の海外人気が高いのを見ても、よく分かる。彼らにとっては、YUIMETAL成長期特有のスリムさが、ややもすると病的に映るのかも知れない。
YUIMETALの体型

世界戦略を機軸として活躍を続けてきた、BABYMETAL。今になって活動方針を変えるのは難しいだろうが、万が一にも、メンバーの身に危険が及ぶようなリスクを冒すのは、決して得策とはいえない。

海外から国内重視の姿勢へと。いわゆる神秘性などという構想故の「隠し技」を解禁し、あらゆるメディアでの積極露出を望むのみ。
少女ならではの素顔を解放し、アイドルとしてのアピールも事欠かない注目すべき存在に。心より切望してみたい。

|

« 不安要素を打ち消す力 | トップページ | 美少女という有り様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/62721940

この記事へのトラックバック一覧です: BABYMETAL 方針転換の契機:

« 不安要素を打ち消す力 | トップページ | 美少女という有り様 »