« ももち論 永遠の炎 | トップページ | 世界を巡る美少女の夢 »

2015/08/22

望まれる改革の時

BABYMETAL

今夏も、メトロックサマーソニックで、話題を独占しているBABYMETAL。秋から年末にかけての国内ツアーも盛り上がりそうで、まさに順風満帆といったところ。

先頃、再びTBSで特集を組まれ、ガン無視だった国内メディアも、そろそろ取り上げないわけにはいかぬ空気感が出てきた模様だ。
前回は、クールジャパンとの絡みで、政策批判に利用された感もあったが…今回は、率直にベビメタの良さを認める内容で、まずまずだったと振り返る。
加山雄三伊藤政則といった、存在感ある方々から絶賛のコメントが伝えられており、インパクトが抜群だった。とりわけ、若大将のベビメタ好きには驚きだ。やはり、見る目のある人は、ちゃんと見ているということか。
主に、メタルの復権に、BABYMETALが貢献しているとの指摘があったが、それは少し違う気もする。あくまで、全く新しいオリジナルのジャンルを築いたのであって、それが幅広い層のファンを取り込んだわけだから、また別の話だろう。
ちなみに、今頃になって、一年以上前のソニスフィアの映像を流し、その偉業を報じているように見えた。間違いなく、あのフェスは、日本の音楽史における伝説的快挙である。本ブログでも、これまで何度も繰り返してきた事だが、ようやく民放で初公開とは少々情けない。
レディング&リーズのメインステージは、きちんと報じて頂きたい。同様のことを成し遂げられる日本人など、未だかつて居ないのだから。

さて、サマソニにおいて、YUIMETALこと水野由結が、憧れのアリアナ・グランデと初対面を果たしたわけだが…当然のことながら、彼女の歓喜の心境が伝わることはない。
さくら学院在籍だったなら、ブログ等において、その喜びをファンらと共有出来たであろう。非常に残念な話である。

そのさくら学院の現在はというと、有望な転入生を獲得したとはいえ、主力を欠いた状態が続いている。特に、生徒会長である磯野莉音頼りなさ、存在感のなさは特筆すべきものがある。
転入生オリエンテーションにおいて、罰ゲームが嫌なあまり、泣きながら勝手に裏に引っ込んだのには呆れたものだ。周りが見えていないし、空気が読めない。おまけに頭も悪くては、まるで話にならない。とんだ生徒会長である。
まあ、さくらの生徒会長は、重責ではないのが救いか。ライブなどの活動も、昨年までに比べ、大幅に縮小されてきている。
ただ、学院祭が三回公演の上に、チケット料金が高め設定に思えるのが不可解だ。小箱とはいえ、満足に埋まるのか!? 今のさくらに見合った適正金額は、せいぜい4000円程度だろう。事務所的に強気なのか弱気なのか、何だかよく分からないのだが…。

それでも一応、現役の父兄を暫定で継続している身としては、推しメンだけは、はっきりさせておきたい。
ベタな選択と承知しているが、吉田爽葉香ということで良いだろう。デビュー前のプライベート写真で、行き過ぎたハロウィンコスなど、多少のケチが付いたものの、やはり可愛さが最も安定している。
あえての眼鏡っ子キャラ、その二次元な存在感が抜きん出ている。この子がステージに出てくると、瞬時に華やいだ雰囲気になるのだ。
キャラクターの面では、城や武将好きな岡田愛、元父兄の麻生真彩などが秀でている。共に、明るく屈託のない性格で、ムードメーカーには打ってつけという感じ。個人的には、真彩の「わがままお嬢様」なイメージが、妙に気に入っている。目が離せない二人となりそうだ。
アリアナ・グランデと

自前で、アイドルを大成させた実績のないアミューズBABYMETALはもちろんのこと、厳密にいえばPerfumeも、いわゆる偶然の産物に過ぎない。
それらは、アーティストとして開眼させたものの、ソロでゴリ押しした武藤彩未は低迷し、さくら学院が本気でない、いわば「研修」の域を出ないのも、残念ながら事実である。

武藤彩未のソロアイドル断念、そして、さくら学院の抜本的改革を考えてもいい時期かも知れない。そう、新たなグループの結成強制卒業の限定解除接触の一部解禁など、多岐に渡る規制の緩和である。
何かを決めて与えるのではなく、自由な発想で、ファンの求めるものに応じる姿勢こそ、アイドルのあるべき姿。余計なことに手を出すのではなく、全てを組み換えて出直す考え方は、悪い状況を打破する契機になり得るのだ。

|

« ももち論 永遠の炎 | トップページ | 世界を巡る美少女の夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/62130567

この記事へのトラックバック一覧です: 望まれる改革の時:

« ももち論 永遠の炎 | トップページ | 世界を巡る美少女の夢 »