« 水野由結 心の変遷 | トップページ | ももち論 永遠の炎 »

2015/08/02

肥満というアイドルの大敵

鈴木香音

モーニング娘。'15ズッキこと鈴木香音ダイエットに成功し、話題になっている。あのリックドムのような体型が見違えるように絞られ、9期オーデ当初の可愛さを取り戻しつつある。
確かに大幅な減量に成功したとはいえ、欲をいえば、あとほんの少し絞って欲しいところ。そして、その状態を維持出来てこそ、初めてダイエットがうまくいったと公言出来るのだろう。リバウンドしたら、元も子もないのだ。
まあ、そもそもアイドルという立場にありながら、肥ってしまうこと自体が大変よろしくない。ズッキの場合、それを開き直ってネタにしていた点などもあり、個人的にあまり良い印象を持っていなかった。
痩せたのは本来のアイドルの姿に戻ったに過ぎず、肥ったことはイメージ的にマイナスでしかなかった事実を、ズッキにはよく理解して今後も励んで頂きたい。

さて、かように今のモーニング娘。'15においては、スキャンダルの心配は無用だが、肥満に関しての不安材料は尽きないか。
センターの鞘師里保の肥満が、ここ最近徐々に悪化し、ファンを不安に陥れている。元々、食べることが好きで、大食いの体質でもあり、ここにきてそのツケが回ってきた感じだ。
更に彼女には、メンバー間で孤立しているとの噂が以前よりあって、精神面での不安定さを危惧する声もあるようだ。先頃のイベントを体調不良により欠席したが、この際、具体的な病状が明かされず、後に精神的なものであったことが知らされた。
精神不安による過食、可愛がってもらっていた道重さゆみの卒業、エースの重圧。様々な要因が考えられるだろうが、モーニング娘。のエースとして、確かな存在感を発揮して欲しいと願うしかない。
きっちり身体を絞り、メンバーとの連帯感を高めて、一時代を築いてもらいたい。彼女には、それだけの資質と胆力があると信じてやまないのだ。

一方、個人的に最も注目しているのは、新世代12期メンバーの動向だ。
歴代メンを顧みても、決して同期が仲良しではなかったモーニング娘。だが、12期も例外ではないらしい。仕事の都合で12期で昼食をとる機会があったにも拘らず、それぞれがバラバラにファミレス等で済ませたという話もあり、ちょっと衝撃的だった。
そんな12期も最近になって、初めて4人で遊びに行ったりと、ようやく融和ムードが出てきた。「肥満」という面でも、カツ丼好きで、いかにも肥りそうな感じのあった野中美希が、食事制限を実施し、美少女ぶりが増したとファンの間で話題に。
ただ、そんな中でも、羽賀朱音旺盛な食欲には、一抹の不安が残る。育ち盛りというのもあるが、元々がしっかりした骨太な体型なので、意識せず食べ続けると将来的に怖い気がするのだが。ある程度は周囲の大人達が、きちんと指導するべきだろう。

ズッキのビジュアル面での話が出たところで、ついでに触れておきたいのが、顔のホクロについてである。
アイドルにとって、美容整形は忌み嫌われるものだが、ホクロの除去に関しては例外だ。初見でビジュアル評価が決まるのを考えると、顔に目立つホクロがあることで、そこに視線が集中してしまう大きな弊害がある。
結果として、その人の顔かたちの印象は薄くなり、ホクロのイメージばかりが残ってしまう。まるで悪い影響しか与えないわけだ。
BABYMETAL中元すず香は、ブレイク前に口元のホクロを除去している。大袈裟ではなく、あのままだったなら今はなかったかも知れない。
ズッキも、鼻の脇にあるホクロを取れば、より評価が上がるのは間違いないはずだ。この辺は、柔軟に考えて良いと思う。
野中美希

見た目が全てでないのは明白だが、アイドルにとって可愛さが生命線であるのも、また事実である。高い意識をもって、ビジュアルに磨きをかける働きかけは、決して怠ってはならない。

常にファンのイメージする、可憐さ、清純さを体現してこその、アイドルの存在意義。スキャンダル、素行不良、肥満など、これらを僅かでも容認することが有り得るならば、そこに本来の意味での「アイドル」は居ないということになるのだ。

|

« 水野由結 心の変遷 | トップページ | ももち論 永遠の炎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/62004073

この記事へのトラックバック一覧です: 肥満というアイドルの大敵:

« 水野由結 心の変遷 | トップページ | ももち論 永遠の炎 »