« 国内メディアの腐敗臭 | トップページ | 浜浦彩乃という救世主 »

2015/06/13

島村嬉唄脱退の衝撃

島村嬉唄

何か急に飛び込んできたニュースにより、酷く困惑している。
ハロプロの期待を背負っていた次世代の新ユニットカントリー・ガールズ。その欠かすことの出来ない、エース級の扱いを受けていた島村嬉唄が、このほど突然の途中解約。無念の脱退となってしまった。

カントリー・ガールズといえば、Berryz工房活動休止後の嗣永桃子の受け皿でもあり、ハロプロ屈指のプリティアイドルユニットとして大きな注目を集めていた。
既に後輩を指導する役割を担っている桃子には、いかに島村嬉唄を立派なエースに導けるのか、大いに見所であった。その矢先である。
これは、単純にメンバー脱退という意味合いよりも遥かに多大なダメージがあり、今後のカントリー・ガールズの行く末に、暗雲が立ち込めたといっても過言ではない。それだけ、島村嬉唄という存在が、ユニットの中核を成していたのだ。

島村嬉唄は、飛び抜けた美少女性垢抜けない独特の素人っぽさで、一躍人気を博した。曲中の語りで素で照れてしまう純朴さ、その純天然素材ぶりといったら抜群で、ハロヲタの心をがっちりと掴んだものだ。
カントリー・ガールズは、島村嬉唄抜きでは語れない。そう確信出来るほどの、確かな存在感を得ていたのである。
かく言う僕も、昨今の若手新ユニットの中でも、とりわけカンガルには注目度が高かった。そして、その推しメンは誰かと聞かれたら、迷うことなく島村嬉唄を挙げたに違いない。
彼女は、牧歌的で清楚なイメージを持つカントリー・ガールズにぴったりだし、僕の長いアイドル遍歴においても、特段に高レベルの美少女だったと断言出来るからだ。
(参照:「永遠」に適う少女を夢見て
それだけに、ショックが大きい。最悪の場合、カントリー・ガールズがこのまま沈没してしまう危惧さえある。あまりにも、損失が大き過ぎるのだ。

解約の理由としては、事務所と家族との交渉不和。つまり、契約の条件が折り合わなかったということらしいが…かつて、Juice=Juice大塚愛菜も、同様の理由により途中脱退したと記憶している。一体、どういうことなのか?
(参照:神聖なるアイドルの領域
島村嬉唄は、モーニング娘。12期オーデの最終選考まで残り、アイドルへの意欲は十分だったはず。それが、サプライズ的に新ユニット加入が実現し、願ってもない成り行きだったのは間違いない。それを、こんなに簡単に諦められるのか!? 到底、信じられない。
確かに、アイドル向きとはお世辞にもいえないタイプだったろうが、この頃は大分馴染んで、表情も柔らかくなったと感じていた。
本人の意思でないとすれば、やはり家族の意向なのか。家族というのは、あくまで本人の夢をサポートする役割であるべきだし、その夢を壊してしまったら本末転倒ではないか。

まあ、いずれにせよ、今さらどうしようもない。全くもって不可解だし、腑に落ちないことばかりだが、もはや真相は闇の中だろう。
ただ、カントリー・ガールズの今後が、厳しくなることは避けられない。大塚愛菜とは違い、完全な中心メンバーが突如消え、しかもメジャーデビュー後というのもあり、デビューシングルが永久に汚点として残ってしまうのだから。

とにかくこれで、またひとつ、僕のアイドルに対する情熱が失われたといっていいと思う。この世界全体にとって、貴重な財産といえる若手の逸材が、こうも簡単に無下に摘み取られる現実は、悪夢そのものといっても疑いはない。

有象無象の雑草ばかりが生い茂る荒れ地には、決して可憐な花が咲くことはない。それが、忌まわしくも、今ある情勢といえるのだろうか。

|

« 国内メディアの腐敗臭 | トップページ | 浜浦彩乃という救世主 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/61736107

この記事へのトラックバック一覧です: 島村嬉唄脱退の衝撃:

« 国内メディアの腐敗臭 | トップページ | 浜浦彩乃という救世主 »