« 浜浦彩乃という救世主 | トップページ | アイドル素人化への危惧 »

2015/06/24

BABYMETAL凱旋公演

ドラゴンフォースと

BABYMETAL幕張凱旋ライブが、先頃催された。
過去最大規模25000人に及ぶ動員をし、もはや完全に、AKBももクロに続く第三勢力と呼んで差し支えないだろう。一般発売が瞬殺し、全国ライブビューイングも盛況だったのを考えると、実際の国内集客力は5万人程度にまで達しているのかも知れない。

この中で、海外未公開の新曲名が「あわだまフィーバー」であることが確定し、更に、これとは別の新曲「違う違う」(仮名)が初披露された。
新曲披露サプライズは、夏のイギリスかと思っていたので少々意表を突かれた感じだ。この曲については、未だ情報不足だが…ネット上に流出している映像により、少しだけ目にすることが出来た。
テンポの良い曲調でキャッチーな感じ、何というか、J-POPぽい雰囲気もあり、いかにもベビメタらしい一曲といっていいのでは。いわば、「あわだま」が「ドキモ」よりなら、これは「ギミチョコ!!」よりの印象を受けた。聴き込むほど味が出そうな良曲だ。

さて、この幕張公演に関してのメディア報道だが、数万人規模の凱旋公演とあって、多少は報じられているようだ。
国内メディアの反応については、常に不満を抱いているわけだが…この公演自体の報道よりも、イギリスの栄誉ある賞を二つも受賞したことに関し、ほとんど何も報道されていないのが、どうにも信じられないのだが。
テレビメディアで報じたのは、ごく一部の朝の情報番組のみAKBのスキャンダルなども、報道規制でも敷かれているかの如く報じられなかったりしているが、この国のマスメディア連中は少し頭がおかしいのではないか!?

イギリスの世界的に有名な音楽誌「KERRANG!」と「METAL HAMMER」主催の賞を、それぞれ日本人初、最年少で受賞した事実。過去には、クイーンなど名のある大物バンドも受賞した、非常に権威あるものだ。
本来なら、全てのニュース番組の、エンタメトップにもってくるはずの快挙の報せ。それなのに、どうでもいい芸能人の熱愛なんかをダラダラと報じている始末。もう正直、呆れてものも言えないんだが…。

まあ、この手の話になると腹が立って仕様がないので、この辺でやめておこう。
イギリスでは、この受賞と共に、ダウンロードフェスGOLDEN GODS AWARDにおいて、ドラゴンフォースとコラボしている。「ROR」でも馴染みのある彼らは、BABYMETALと、とても親密な関係だ。今後も様々な場で、コラボセッションを実現して欲しい。
なお、KERRANG! AWARDSでの、舞台裏オフショット映像が公開されている。数あるアーティストらと、和やかにフォトセッションする様子が見られ何とも微笑ましい。メタルレジェンドからマスコット的に受け入れられている雰囲気が連想され、非常に興味深かった。
クイーンのブライアン・メイと

海外重視かと思われたBABYMETALだが、今秋、国内ツアーを敢行するとの発表が。年末の横浜アリーナで締める、異例のスケジュールだ。
いよいよアミューズも、国内プロモーションに力を注ぐということなのか? となれば、国内メディアの扱いも、少しはマシになるかも知れない。テレビ出演はもちろん、CMやネット配信等、期待感が膨らむというものだ。

アイドルという枠に収まり切らない、猛々しいムーブメントの波。次々に与えられる栄誉と喝采、蓄積する実績を糧に、少女らは世界的アーティストへと進化する。
我々が目にしているものは、想像だにしなかった奇跡の連鎖。美少女の創造する、大いなる可能性の一端なのかも知れない。

|

« 浜浦彩乃という救世主 | トップページ | アイドル素人化への危惧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/61789503

この記事へのトラックバック一覧です: BABYMETAL凱旋公演:

« 浜浦彩乃という救世主 | トップページ | アイドル素人化への危惧 »