« 理想を見失った虚脱感 | トップページ | 清純派アイドルの生命線 »

2015/05/02

死を受容するほどの失望感

つばきファクトリー

このところ、すこぶる体調が悪い。なんの理由もなく胃がシクシクと痛み、まともに食事するのもままならない。
もう何十年も健康診断に行っていない。日々老け込んでいく身体に、なんらかの重大な病変が起きていても不思議はないだろう。
例えば、癌とか。とある俳優が末期癌を告白していたが、その中で「生き甲斐もなく苦しむだけのために生きるなら、安楽死の方がいい」と心境を語っていた。至極、もっともだと思った。

身近な人間を立て続けに簡単に亡くした僕は、人の死を軽く考える傾向があるかも知れない。余計な宗教観を抜きにして、それは全ての終わりに過ぎず、単に永遠の眠りだと解釈するしかないと考えている。
人は、生き甲斐があればこそ唯一の生きる理由があるといえて、そうでなければ無理に生きる必要などないのだ。僕は、その拠りどころを見失いつつあるのかも知れないと、常々思うようになった。

アイドルを追いかけ、もう30年近くになる。我ながら呆れるほどに溺れた世界ではあるが、これがただひとつの生き甲斐でもあった。
この長い年月の中で、かつてないくらい失望感に満ちているといえないか。心惹かれる存在が、まるで思いつかなくなってきている。

ゆいもあ水野由結菊地最愛)ロス症候群。これは、僕の予測を遥かに超える心的ダメージを、より根深く残したのかも知れない。
清楚で純粋なイメージに惹かれたさくら学院であったが、この双璧を失ったことで思いのほか骨抜きになった。転入生に僅かな希望を繋げる現状だが、あまり多くを期待出来そうにはない。
かといって、AKB勢はスキャンダルにまみれ救いようもなく、ももクロは見た目が悪く正統派からも程遠い色物だ。これらに取って代わる一大勢力としてハロプロなどが挙げられるが、つんく♂が病に臥せたことで、刷新を急ぎ過ぎている感もある。
オリジナリティに欠ける、研修生ユニットの乱発こぶしファクトリーに続いて、つばきファクトリーとか、あまりに安易すぎるだろう。こんな二番煎じみたいなことをしていては、各ユニットの価値が下がる一方だ。残念という他はない。

そんなわけで、どうにもときめきのない現況を嘆かずにはいられない。このブログをやめてしまうことはないだろうが、それが頭を過ぎるほどに、多大なる失望感、喪失感を抱えてしまったと感じている。

生き甲斐を失うことは、すなわち精神の死を意味している。それは肉体の死を遥かに凌ぐ、痛切な意味合いが込められていることを理解しなければならない。
胸の内に熱く込み上げるものが完全に潰えた時、僕は本来あるべき生物としての死を、難なく受け容れることになるのだろう。

|

« 理想を見失った虚脱感 | トップページ | 清純派アイドルの生命線 »

コメント

こんにちは。

あまり体調が良く無いようなら病院に行った方がいいかも知れませんね。。。何か悪いことがあっても早期なら軽く済みますから。。。と言いつつ僕は病院嫌いです。。。

今週父が急に入院してしまい、いろいろあったのですが病院はやはり良く無いですね。。。病院行くまで健康だった父が今はベッドから1歩も動くことを許されず束縛された入院生活を過ごしています。。。

santaさんのおっしゃる生き甲斐とは違いますが、やはり自分で好きなものを食べて、好きなものを飲んで、好きなことをやって生きるのが生きるってことだと思います。。。自由を奪われ生きてるのは意味が無いし、目的とか希望がなきゃ生きてる意味ないですよね。。。

大切なものを失ったロスの感情は辛いと思いますが時が解決することもあると思います。。。明日は何か素敵なことが起こるって考えて毎日を何とか耐えましょう。。。(僕自身に言えることですが・・・)


つばきファクトリーに関して・・・
自分の好きな子がユニット入りして舞い上がってた自分には正直santaさんの言葉はグサっと来ましたw
ただ、冷静に考えて最近のハロプロのスピード感は異常ですね。。。昔あれほどデビューさせず飼い殺しにしてきたのにここに来てこんなに新ユニットを急いで・・・たぶん娘の黄金期メンバーがいなくなり、ベリ・・・そして℃-ute もそろそろ・・・というタイミングで稼ぎ頭が出来ないことに焦りを感じてるのかも知れないですね。
ただ、プロデュース力に疑問を感じるもののメンバーの質は決して落ちてはいないと断言したいです。他のアイドルグループよりも下積みは長いし、みんなデビューするにあたっての覚悟やこれからの自分を強く、高く持ってる子であることは間違いないです。だからこそ事務所にはきちんとプロデュースしていってもらいです。。。長々すいません。

最後に。。。お体お大事になさってください。

投稿: 館の主 | 2015/05/03 10:51

ご家族やお仕事のこと、大変みたいですね。
僕も肉親の介護等、とても苦労しました。こうしたことって、本当に突然起こるので驚かれるとは思いますが、どうかめげずに頑張ってください。

生き甲斐って人それぞれですが、どんなに些細なことでも良いと思います。
僕の場合、アイドルがなければ他に何も心当たりありませんし…単に衣食住足りれば満足というのではなく、心から求める目的を見失えば生きられないタイプでしょうね。逆に、それさえあれば、ホームレスまで堕ちても強く生きられるかも知れません。

つばきファクトリーに関して、どうか誤解されないでください。
あくまでネーミングセンスについて不満があるだけで、メンバーそのものには、素質ありそうな子もいて期待しています。
どうにも、清水元キャプテンのセンスには疑問が残ります。これでは、世間的には「なんとかファクトリー」という風に一緒くたにされてしまうでしょう。
もっと練った発想で、きちんとした独自性のある名前を付けてあげないと、選ばれた子達が可哀相ですよ。
ともあれ、岸本さんのデビュー、おめでとうございます。

投稿: santa | 2015/05/04 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/61527028

この記事へのトラックバック一覧です: 死を受容するほどの失望感:

« 理想を見失った虚脱感 | トップページ | 清純派アイドルの生命線 »