« 清純派アイドルの生命線 | トップページ | ワールドツアー絶賛の渦 »

2015/05/18

BABYMETAL、熱い夏に向けて

BABYMETAL

メタルダンスユニットBABYMETALワールドツアー2015が幕を開けたようである。
初上陸となった中米メキシコから、アメリカ、カナダと縦断する強行軍。そのどれもが、予想を超える歓待を受け、今の勢いを象徴するかの如く大盛り上がりになったようだ。

まず、メキシコだが、高地特有の酸欠が懸念される中、どうにか無事に終えられたのは幸先が良いスタートとなっただろう。
一部の曲で、ゆいもあの口パクが推測されたり、「ヘドバンギャー!!」時の大ジャンプが煽りに変えられていたりと、メンバーの負担軽減策が随所に見受けられた。15歳のか弱い女の子に対する配慮という点で、極めて適切だったと思う。
観客の反応も独特で、サイリウムを振ったり、MIXが発生したりと、ドルヲタ率が高い印象か。中南米は、日本のアニメやアイドル文化が浸透している地域でもあり、以前のフランス公演に近い雰囲気があったのかも知れない。
アメリカカナダのワンマンに関しては、箱が小さいものの、安定した盛況ぶりだったと聞いている。なぜか、この二公演については、良質のFANCAM動画が次々に削除されるといった、いつもと違う流れがあったらしい。
メキシコは偽グッズを売る露店が大量に立ち並び、動画も放置されていたが、この対応の差が不可解な感じはする。ワールドツアーともなると、それぞれ国ごとに事情が異なるのだろうか。

そして何といっても、アメリカの大型メタルフェス、「Rock On The Range」が圧巻だった。
雨模様のサブステージでありながら、同時間帯のメインステージの動員を遥かに超える異常事態。ヘイターのペットボトル攻撃が危惧されたが、それどころか、クラウドサーフが同時多発する熱狂の渦へと。
いやはや、驚いた。世界戦略の中心は、イギリスを始めとするヨーロッパかと思われたが、アメリカでも熱烈な支持を受けているのが証明された形となったわけだ。正式な海外デビューを控え、申し分のない手応えだったと思う。
ジューダス・プリーストのロブと

引き続き、月末からはヨーロッパを駆け巡る予定のBABYMETAL。夏には、昨年のソニスフィア6万人を超える(推定10万人超?)世界最大の音楽フェス、「レディング&リーズフェスティバル」のメインステージにまで抜擢されている。日本人では実に30年ぶりの快挙、史上最年少記録だとか!? まさしく、凄まじい勢いである。

今年もBABYMETAL旋風が吹き荒れ、焼け付くような熱い夏になりそうな予感。更なる世界に向けてのインパクト、伝説に残るやも知れぬ確かな足跡を残してくれることを、大いに期待している。

|

« 清純派アイドルの生命線 | トップページ | ワールドツアー絶賛の渦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/61605768

この記事へのトラックバック一覧です: BABYMETAL、熱い夏に向けて:

« 清純派アイドルの生命線 | トップページ | ワールドツアー絶賛の渦 »