« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015/03/30

さくら学院 今後への憂慮

卒業式

このほど遂に、ゆいもあこと水野由結菊地最愛らが、さくら学院を卒業したようだ。
ひと言でいうなら、痛恨の極みといった感じ。今後に関しては、ドルヲタ的にいえば、「隠される」という表現がぴったりくる成り行きになるのは必至か。つまり、もう簡単には会えない。声すら聞こえない。

共に、最後のメッセージとして、充実したさくら学院の日々と父兄への感謝、そして、BABYMETALを含めた、それぞれの夢を追いかけてゆく旨の、熱い思いを語ったらしい。何とも切なく、感動的なフィナーレではないか。
この卒業式のチケットは、あらゆる手を尽くしたが手に入れられなかった。NHKホール3500人が、ほぼ即完という、さくら史上最高の大盛況ぶりだったのである。

これには当然、BABYMETAL効果というものが大きく影響しているわけだが、ゆいもあ卒業をもって完全に無効化することになる。
もちろん、ベビメタからさくらに興味を持った新規も若干いるだろうが、メタルとは畑違いなこともあり、残るのはほんのひと握りだろう。更に、僕のような、ゆいもあ目当てだった父兄が多数離れるのも考えると、事態の深刻化が大いに懸念されるところ。
ゆいもあ、特に、推しである水野由結が殊更愛したさくら学院の今後を憂う気持ちもあり、悲観的ながらも思いを巡らしてみたい。

いうまでもなく、ゆいもあの抜けた大きな穴、これを埋める必要があるが…現実的には、完全に不可能だと断言出来る。
アミューズの候補生に該当する子が居ないのもあるが、何より今の在校生の中で、インパクトのある子が一人も居ない事実の方が、より深刻だ。いわゆる、存在感というか、さくらの顔になるようなメンバーが皆無なのである。
次期生徒会長であろう磯野莉音は、ビジュアルに華がなさ過ぎるし、以前、ある程度評価していた大賀咲希も、確固たるキャラ付けが出来ず伸び悩んでいる。年少の岡田愛などが良い味を出しつつあるものの、まだまだ未完成な感が色濃い。
結局のところ、ゆいもあの穴を埋めるどころか、全体的に極めて印象の薄いグループになってしまっているのだ。

正直言って、転入生でよほど可愛い子を複数入れるなどしないと、解散危機もあるレベルだと思う。
ただ知っての通り、アミューズは、さくらを本気で売り込もうとはしていない。あくまで研修期間と見ている。であるならば、どんなに人気が低迷しても、細々と存続するのかも知れない。しかし、それは前提として間違っている。
そうした姿勢は、アイドルに人生を賭けている、他の日の目を見ない少女らに失礼である。限定的でも良いので接触解禁するとか、大々的に一般オーデを催すとか、何かしら人気回復の為の抜本的改革は必須になると思う。

いずれにせよ、間もなく恒例行事である転入式があるので、そこがターニングポイントになるだろう。
早くも会場の情報などが流れているが、どうやらキャパ750の小規模ホールに大幅縮小の模様。チケット価格も再設定されるだろうし、何とも露骨なまでのグレードダウンになりそうだ。
ただ、今後を占う上で、どれだけ質の高い新人を確保出来るかが重要で、転入生の顔触れは要注目になるはず。もし、転入生の選択を間違えたり、何ら策を講じることなく研修扱いに固執するようであれば、さくらの父兄は完全に卒業しようと考えている。
さくら学院

水野由結菊地最愛が愛してやまなかった、さくら学院の将来像。どうか失望させることなきよう、あらゆる方法を用いて新たな息吹を吹き込んで頂きたい。
少女らの夢が天高く舞い上がれるよう、大人達が惜しみない力を注ぐことを心より願っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/18

感じるまま受け入れた魅力

SU-METAL余計なしがらみのない純粋な評価は、今の時代において貴重だ。そこには、ただありのままに感じ、素直に好感を得ることの大切さが明確に示されている。時として、そうした視点を思い出すかの印象を、少女に見い出すことがある。

BABYMETALの国内動向。現在のところは、ワールドツアー始動の5月までは、一時休業といったところか。
何だかんだ、世界を舞台にした実績を着々と積み重ねているわけだが…残念なことに、国内知名度は、まだまだといった印象が根深い。ただ、潜在的な人気はかなり高まっており、それを裏付ける吉報なども入ってきている。

全国のCDショップ店員による投票で決まる「CDショップ大賞2015」に、BABYMETALが選ばれた。これは、やれ事務所だ、レコード会社だ、といったしがらみが一切ない、本当に今おすすめしたい作品として純粋に評価されたものだ。
過去には、ももクロを始めとした、まさにブレイク寸前というアーティストが受賞してきたことで有名。世界的には、すでに新たなメタルジャンルとして認知されつつあるBABYMETALが、ようやくの国内ブレイクなのか!? 何とも遅すぎる…。

この他、WOWOWにて、新春キツネ祭りの模様が放送されたりも。これを機に、新規加入契約が相次ぐといった噂もあったが、肝心の番組構成が良くなくて、曲数大幅カットによる不満感が大いに噴出したと聞いている。
最後の方の映像だけ見る機会があったが、二万人規模のSSAだけに演出が迫力満点。定番の「イジメ」のみならず、「RoR」でもWODが発生したりと、大盛り上がりの様子が見てとれた。DVD、ブルーレイ化が待ち遠しい。
高橋ひかる

こんな具合いに、目に飛び込んでくるものを素直に受け止め、感銘を受ける感覚は、巷のCM美少女にも相通じるものがある。
最新の国民的美少女高橋ひかるを「相応しくない」と形容したことがあるが、無論、美少女であることに変わりはない。これまでの「悲運のグランプリ」というジンクスを打破すべく、オスカーの強い意気込みなのか、CM露出が相次いでいるようだ。
代々木ゼミナールの歌声披露から、生協コープの等身大な感じまで、非常に好印象を持ってしまった。「国民的美少女」という枠には入らないものの、こういった普通っぽさ、素朴さを前面に出したメディア露出は成功すると思う。この子は、「特別」じゃない方が良い。

あと三年遅く生まれて、さくら学院転入すれば、輝かしい歴史が築けたのに…と、何度思い返しただろう。ちゃおガール山田杏奈が、キットカットの新CMに出演していたのを目にした。
黒髪ロングの似合う凛とした美少女ぶりが、前回の即席麺のCMと似かよった雰囲気を醸し出していた。実に安定している。これぞ、正統派という感じ。モデルメインの活動が、惜しいと思えるほどの逸材だ。
この子と同じ雰囲気を感じたのが、CM子役ではないのだが、スターダストの坂井仁香か。育成プロジェクトである私立輝女学園にも、名を連ねている彼女。言葉は悪いが、いわゆる「掃き溜めに鶴」状態になっている。
坂井仁香

全ての要素を勘案して、総合評価するのは確かに基本になる。だからといって、それが全てでなく、部分評価が高いことも個性として優れていることは認めるべき。要は、見方ひとつで良くもなるし悪くもなる。

譲れない部分もあるが、ふと目にして美しいもの、可愛らしいものは決して変わらない。余計なことは何も考えず、魅了されたものにこそ、本当の価値があるのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/08

アイドルの光と影

武藤彩未

さくら学院初代生徒会長武藤彩未が、危機に瀕している。髪型の選択や衣装のセンス等、プロデュースの面で批判したこともあったが…ここにきて、本人の急激な肥満化が大きな問題になりつつある。(参照:見落としていた感覚
昨年までは、心なしか顔の輪郭がふっくらした程度だったが…ここ最近になって、顔ばかりでなく首周りの肉付きが大幅に増量する事態に。もはや誤魔化しが効かないほど、かなり顔がパンパンになってしまったのである。
最近放送されたネット番組や、深夜の音楽番組に出演しているのを見て、正直、大きなショックを受けた。可憐Girl'sさくら学院において、常にメンバーの中心となり、高い美少女ぶりを発揮してきた彼女。なぜ、こんなことになってしまったのか?

武藤彩未は、その可愛さのみならず、頭の回転の良さからくる巧みなトーク力、そして80年代アイドルに影響を受けたであろう、高いプロ意識を持ち合わせていたはずだ。当然のこと、体型維持などの自己管理は、誰よりも徹底しているものと信じていた。
しかしながらの、この惨状。個人的に大きな期待をかけていただけに、非常に残念に思う。
ただ、同じ可憐のメンバーで、今や世界に羽ばたいている中元すず香も、さくら学院卒業間近の一時期、顔が膨らんだ経緯がある。その後、すぐに修正し、BABYMETALのブレイクを呼び込み、メタル界を騒がす若き女王として君臨している。
大人になる過程における、一過性の変化ならいいのだが…。いずれにせよ今のままでは、新規獲得どころか、さくら時代からの古参ファンまで離れ兼ねない危機的状況に陥るのが目に見えている。アイドルとしてのブレイクは、もはや絶望的になってしまうだろう。
BABYMETALワールドツアー

さて、暗い話題ばかりでなく、期待漲る明るい話題も、アミューズ勢には豊富にある。
BABYMETAL世界ツアー第一弾の日程が、ほぼ確定しているようだ。先述したものに加え、フランススイスイタリアのワンマンが決定した模様。いずれも1500人前後の小さい箱らしいが、意外な国を回るものだと思った。
やはり、ヨーロッパ重視という姿勢なのか。なんなら北欧とか、オーストラリア、南米といったチョイスでも良かった気はするが…。

今ツアーは知っての通り、超ハードスケジュールなわけだが、不安材料は初っ端のメキシコだろうか。治安面は留意しているだろうが、それよりは、現地の標高の高さが気にかけられている向きもある。
ガガツアー帯同の際にも、標高の高い地域があったが、なにしろ前座なので曲数が少なかった。メキシコはワンマンということで、特に激しくダンスする、ゆいもあの体調が心配されている。
更に、アメリカ最大のメタルフェスROCK ON THE RANGE」でのアンチが、活発化しているとの情報も。物が投げ込まれるようなことはないと思うが、多少気をつけた方がいいのかも知れない。
少々の懸念材料はあるものの、高校生で、これだけの大規模世界ツアーが組めるとは驚異的だ。とにもかくにも、楽しみに待ちたい。

さくら学院の今後が憂慮される中、一方で、ゆいもあこと水野由結菊地最愛の見納めとばかり、メディア露出が際立っている。
珍しくさくら学院として、NHKのMUSIC JAPANに出演し、定番の卒業ソングをアレンジした新曲を披露。LoGiRLの生出演はもちろんのこと、タワレコ主催の配信番組にも出演するなど、ゆいもあ含めた卒業生の露出が目白押しであった。
この中では特に、嶺脇社長のお楽しみタイム、タワレコでの、ゆいもあへの無茶振りが微笑ましい話題を振り撒いている。結果、最愛℃-ute鈴木愛理のモノマネ(滑舌の悪いアレ)をし、由結ちゃんは「トマト君」という架空キャラのモノマネを即興で披露した。
二人の思いがけない対応力には驚かされたし、ますます色々なキャラクターを発掘したい衝動に駆られてしまった。

ただ、残念なことにさくら卒業後は、ベビメタのみとなり、こうした出演の機会はおろか、日々の日常ですら知らされなくなってしまうかも知れない。もうひたすらに残念だし、さくら学院の歴史上、最も多大な損失になり得ると思う。
恐らく無理だろうが、BABYMETALでの公式ブログ配信や、バラエティ、トーク番組への積極的な出演を、心の底から強く望みたい。
さくら学院卒業生

かつての輝きが眩しいほどに、些細な衰えが目立ち、その影を深くする。「劣化」といった悪い言葉を使うべきではないと、重々承知しているつもりでいても、目の前で起こっている現象が、歴然たる事実として容赦なく突き付けてくる残酷さがある。

ピンチをチャンスに変える言葉の響きの良さはあるものの、それは並大抵のことではない。アイドルとは、常に可愛く可憐でなくてはならず、見かけを軽視したり、卒業して消えるものであってはならないと知るべきなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/01

こぶしファクトリー!?

こぶしファクトリー

ハロー!プロジェクト新たに誕生した研修生ユニット、その名称がつい先日、決定した模様。
その名も、こぶしファクトリー。何やら演歌歌手のグループのようだが、このネーミングセンス、果たしてどうなのか!?
Berryz工房解散後、ハロー!プロジェクト・アドバイザーに就任予定の清水佐紀が、命名に関わったと報道されている。ユニット名という最も重要な事柄を、いわば、素人の直感に任せたかの投げやりな対応に、少なからず疑問が残る。

このユニットは、研修生でもとりわけ人気のある浜浦彩乃が、苦節の末、ようやく選抜されたのもあり、期待値の非常に高いものである。本来なら、可憐でキュートなイメージのある彼女に合うように、それなりに華のある名称を期待していたのだが…。
従来からファンの間では、仮称として「浜ちゃんズ」と呼ばれていたが、いっそ、こちらの方がマシにさえ思えてくる。スマイレージから改名したアンジュルムと、洒落たリニューアルがあった後だけに、この落差は殊更衝撃的であったのだ。
ともあれ、決まってしまったものは仕様がない。心ならずも「こぶヲタ」などと呼ばれてしまうかも知れないが、今後とも注目し、熱いエールを送っていきたいと思う。

さて、このこぶしファクトリーのメンバーについて少々。いわずもがな、中心となるのは浜浦彩乃に他ならないが、ここ最近は、その可憐なイメージとは少し違う、ユニークなキャラクターも出してきている感じがある。
以前より、つんくPの代役を任されるほど信頼の厚い彼女。その流れをくんでか、今年のひなフェス抽選会その他にも、進行役として抜擢されている。
ここで、はまちゃん大佐強権発動し、元々尊敬していた先輩であるはずのももち嗣永桃子)にブッ込んだり、今やモーニング娘。リーダー譜久村聖を扱き使ったりしているのだ。
あまりにもイメージと異なる可笑しさに、動画リピートが止まらない。こうした面白キャラの発掘などは、ギャップ萌えもあり大歓迎だ。
念願のグループ入りを果たし、絶好調といったはまちゃんの快進撃から目が離せそうにない。

他には、最年長である藤井梨央仰天エピソードなども。
矢島舞美熱狂的信者である彼女、バス車中で舞美が落としたソースの殻を拾ってジップロック保存、そのまま持ち帰るという暴挙に出た。以来、ファンの間では、ジップロック藤井として語り継がれているそうな。
そして、ビジュアル面で特筆すべきなのが、井上玲音だろうか。一見して控えめで目立たない雰囲気だが、結構なレベルの美少女
このユニット入りをきっかけに、口数の少なかった姉妹に激励してもらえたエピソード等、独特の薄幸感も良い。主力メン確定だろう。
これとは反対に、ビジュアルに難のある広瀬彩海などは、ナイスガールトレイニーでも抜群の歌唱力を発揮し、スキルメンとして欠かせない存在になりそう。
はまちゃん大佐

このようにバランスと将来性を考慮して結成された、こぶしファクトリー。未だ数知れぬ個性や、キャラクターを秘めていそうなフレッシュな面々に、いやが上にも期待が高まろうというもの。
アイドルの新たな時代を切り拓く姿を想像させ、是非とも、それを具現化してもらいたいと願うばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »