« 「永遠」に適う少女を夢見て | トップページ | 望まれないアイドルの「全力」 »

2015/02/11

BABYMETALの波及効果

BABYMETAL

BABYMETALワールドツアー詳細が発表された。
メキシコを皮切りに、北米各地でワンマンライブを行うとのこと。その後、ヨーロッパに渡り、ドイツオーストリアなどのフェスに参加する予定。これで、5月から6月にかけての第一弾である。
こうして見てみると、アイドルというよりは、もはや日本発のロックスターといった感じだ。日本のアイドルで、これだけ世界を飛び回るグループはいないし、一流のロックバンドとしても稀だろう。

ゆいもあが高校入学した途端に、エンジン全開というハードスケジュール。正直、少し酷使し過ぎな感もあるが…特筆すべきは、初上陸となる中米メキシコでのワンマンだろうか。
ブラジルを始めとする南米人気が高騰している情報が入っていただけに、予想はしていたが、メキシコは意外だった。いずれにせよ、治安はあまり良い印象はないので、保安面には十分注意して頂きたい。第二弾で、改めて南米上陸があるかも知れない。
そして、ヨーロッパだが、肝心のイギリスが含まれていないのが、これまた意外であった。今や、日本以上のホームと化しているイギリス。恐らくは、第二弾ワールドツアーの千秋楽にでも、もってくるつもりなのか? 今夏のツアーも熱そうな予感だ。
ちなみに、ヨーロッパフェスの連戦では、メタリカなど大物バンドと帯同する形になる。レディー・ガガの時もそうだったが、世界の一流どころとの共演で良い刺激を受け、更なる成長を期待せずにはいられない。

一方で、ゆいもあ卒業年度さくら学院も、ベビメタムーブメントに乗っかるのに躍起だ。ゆいもあが居なくなる前に、卒業式前のライブを連発したり、インターネット番組にレギュラー出演したりしている。
ゆいもあ不在となったさくら学院の急落は、容易に予想出来る。今の内に、出来るだけ知名度上昇を図りたいという意図は、確かに分からないでもない。

先日の、水野由結出演のLoGiRLを視聴した。第一回に続き、冒頭の進行役を務めた由結ちゃんだが…前回ほどの緊張は見られなかった模様。
存在感が薄いのを気にしたのか、結構、積極的なトーク参加の姿勢が見受けられたようだ。
森先生のツッコミ不足を指摘したり、ミルクレープやハンバーガーの妙な食べ方を打ち明けたり、電車で英語勉強したりと、かなり積極果敢なトークを展開していた。
最後には、初公開の変顔まで披露するサービスぶりで、思春期を迎え大人しくなってしまった由結ちゃんにしては、驚くばかりの嬉しいサプライズであった。変顔を魔人ブウというのは、ナシである。キツネ様っぽい!?
水野由結の変顔

BABYMETALの多大なる影響力は、さくら学院のみならず、過去の卒業生や他のアイドルに至るまで幅広く波及している。
ヘビーメタルの世界においては、言うに及ばず。それどころか、新たな音楽ジャンルとして、確固たる地位を築き上げつつあるのだ。

筋金入りのメタラーが、さくら学院を聴くようになり、水野由結のトマトを気にする昨今。
混沌とした世界観の礎となり、世界中の注目を集める不可思議な存在BABYMETALが、そうなりつつあるのかも知れない。

|

« 「永遠」に適う少女を夢見て | トップページ | 望まれないアイドルの「全力」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/61119177

この記事へのトラックバック一覧です: BABYMETALの波及効果:

« 「永遠」に適う少女を夢見て | トップページ | 望まれないアイドルの「全力」 »