« メタルレジスタンスのヒロイン達 | トップページ | 時代を受け継ぐ力 »

2014/11/27

与えられるべき正当な評価

BABYMETAL

一時は、紅白初出場が有力とまで噂されたBABYMETALは、結局のところ、出場が叶わなかったようだ。
まあ、そもそも国内メディアをあまり重視せず、海外展開に力を注ぐ事務所の方針から、紅白出場は目標としているわけでもなかったはず。ただ、メンバーらは、きっと出たかっただろうし、ファンとしても少なからず残念ではあるが…。
同様に、有力視されていた乃木坂46も落選し、代わりにHKT48の出場が決定した模様。乃木坂が近年大きく躍進したのは認めるが、一連のスキャンダル発覚と、その対応が非常に御座なりであり、それによる著しいイメージ低下が一因と考えられなくもないだろう。
不倫はもとよりだが、その他にも、お泊り騒動未成年飲酒疑惑など、次から次へと不祥事が暴かれている乃木坂46。それらを何ら処分することもなく、平謝りで済ませている現状からして、AKBGに見るべきものはないと改めて痛感させられた。

さて、BABYMETALに話を戻そう。局側からすれば、国内知名度がまだまだ低い彼女らを、いきなり紅白に出すのは無理があるのも十分に理解出来る話だ。
以前、TBSの特集では、クールジャパン、つまり国がBABYMETALをバックアップするといった趣旨の話も上がっていた気がする。
紅白は逃したものの、NHKBABYMETALの特番を組むことが正式に発表された。深夜ではあるが、BSではなく総合というのも、かなり良い扱いのように思える。恐らく、一時間程度はあると予想出来るし、ようやく国が本腰を上げ支援してくれるのかと期待が漲るのだ。
内容は、今夏の世界ツアー密着取材であるらしく、舞台裏のドキュメントなどが盛り込まれていると、ファンとしては大変に嬉しい。12月の特番が、とても楽しみである。

ここで、国内メディアの報道の仕方について少々。アミューズの世界戦略には、一定の理解はあるつもりだ。ただやはり、日本国内のメディアが、確固たる実績と実力に基づく評価を怠っている現実を見ると、どうしても不満は残ってしまう。
いわゆる、AKBGに見られる、大手広告代理店の多大なる影響力。まるで、国民の世論操作をしているかの悪い印象すら与え兼ねない、いわば圧倒的な「ゴリ推し」である。
別に、それが悪いとはいわないが…それなら一方でも、BABYMETALのような世界で認められている存在も、きちんとそれに見合う報道をして欲しいと思う。余計な大人の事情やしがらみはさておき、単純に正当な評価をしてもらいたいだけなのだ。

BABYMETALの国内メディアの取り上げ方は、だいたいにおいて、レディー・ガガのサポートアクトという実績ありきである。
ただ、実際には、ビルボードのチャートインや、「ギミチョコ!!」の1800万回再生など、数的な実績も着実に上げてきている。
そして何といっても、これまで日本人アーティストが成し得なかった快挙の数々。これらが、ことごとく国内で無視され報道されないのが何とも不可解だし、相応な評価を受けていない印象を持ってしまうのだ。
Sonisphere

先のイギリス追加公演、洋楽の世界では聖地とされるブリクストンを、単独で完売した日本人は過去にいないと聞いている。しかし、なぜだか朝の情報番組にさえ、この歴史的快挙が報道されてはいない。
そして何といっても、あのソニスフィアのメインステージ。ヨーロッパ最大級のメタルフェス、そのメインアクトとして招待され、6万人の大観衆から喝采を浴びた日本人など果たして存在するだろうか。いるわけがない。
恐らく、同様のことを成し遂げられる日本人は、今後出てこないと思われる。まさに、伝説的な出来事といって差し支えない。
残念なことに、未だこの偉業を報じる国内メディアは皆無である。メインステージ前には、海外報道陣が列を成していたが、日本からは「ヘドバン」というメタル雑誌の編集者が参加しただけだ。本来なら、日本メディアが多数駆けつけるのが当然の話だろう。
このように、日本国内におけるBABYMETALは、全くもって正当な評価を受けていないのが分かる。一度は納得したはずだが、紅白落選を受けて、どうしても愚痴りたくなったので、あえて記すことにした。

相対して面白いと感じたのは、メンバーら本人が、自らの成し遂げている偉業の数々を自覚していない節がある点か。
先日、タワレコ主催のPop'nアイドルフェスにおいて、さくら学院℃-uteが共演した。アイドル好きでもあるMOAMETALこと菊地最愛が、かねてより憧れていた鈴木愛理と、初めての直接の対面。有頂天でデレデレの姿が、ひときわ印象的であった。
しかし、はっきりいってキャリアはともかく、現時点では℃-uteよりもBABYMETALが、遥かに上を行っているのは確かだ。最近の武道館が不調だった℃-uteの動員力は、多く見積もっても5、6000程度か。対してBABYMETALは、アリーナ規模で二万人超と思われる。
海外においては、当然のことながら差は歴然である。アジア圏やフランスならば、℃-uteでも1000人近くいくかも知れないが、まあ知名度共に、まるで比較にはならない。
愛理最愛をリスペクトするなら分かるが、逆は有り得ないだろう。あくまで等身大で、あるがまま自然体最愛を見て、何だかやけにほっこりしてしまったものだ。
この良い感じの「無自覚」が、あの堂々たるパフォーマンスを生み、海外の人々を魅了していると思えば、それもBABYMETALにとって、重要なファクターになっているのかも知れない。
菊地最愛、鈴木愛理

プロモーションの方法は様々であるが、強く働きかけなくては妥当な評価を与えられないのは、どう考えても間違っている。
極めて客観的な視点で実績や実力を評価し、事実に基づいて確実に報道する。そうした当たり前の姿勢が、今の日本のマスメディアには求められている気がしてならないのだ。

|

« メタルレジスタンスのヒロイン達 | トップページ | 時代を受け継ぐ力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92132/60719330

この記事へのトラックバック一覧です: 与えられるべき正当な評価:

« メタルレジスタンスのヒロイン達 | トップページ | 時代を受け継ぐ力 »